日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラン・トリノ:第25回映画レビュー
2010年05月17日 (月) | 編集 |
私は月に20~30本前程度映画を見てます。殆どWOWOWで。

もちろん好きで見ているのですが、見終えて「なんでこんな事に時間を費やしているんだろうか」と感じることもあります。
最近はその頻度が高くなってきました。

だけどこれを見て「こういった作品にめぐり合えた喜びを味わう為、映画を見ているんだな」と実感しました。

ありがとう。





【DVD】グラン・トリノ


グラン・トリノ

監督:クリント・イーストウッド

2008年アメリカ

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
阪神 VS 日本ハム 2回戦 2010年05月13日(木)
2010年05月13日 (木) | 編集 |
今日の今中の解説はとても良かった。
目の前で起きている事について、的確に発言できる人でないとね。
自分の引き出しでのみ延々と話すのを聞かされるとイライラする。




江草か西村のどちらかは2イニング行かせるべきだった。
全く打てる気配がなかったのに、どちらも1回で代わってくれてラッキーだった。
結果的に打ち込まれた久保田を2イニング行かせることになり、継投ミスと言われても仕方がない。
少なくとも、久保田を続投させるのはどうかと思う。




武田久の続投も謎。
普通に宮西でいいじゃん。

で、その謎続投が今後に重要な意味を持つかも知れない。

解説の言う通り、2イニング目はかなり良い球が行っていた。
そこで本人がどう捉えるか。
「点を取られたのはアンラッキーが続いたからで、良い球が行くようになってきた。」と捉えるか、「また失点してしまった。まだなのかな。」と思うか。

まあ、元々その日やイニング毎にムラがあるタイプだけに、全然関係なかったりして(笑)




打つ方は勿体無い攻撃があって、もうちょっと点がとれたね。
それにしても、打球が良く伸びる。
飛びすぎな気もする。




マートンは癖がない良い打撃って印象。
元々日本人よりパワーはある訳で、こうやって確率の高い打撃をされると、相手は嫌だろうね。
あと、9回に走ったように、こういった前向きな姿勢はチームに好影響を与えるのは間違いない。
ただ、センターをやらせるタイプじゃないかな。

新井の送球が不安定で驚いた。
たまたまなのかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。