FC2ブログ
日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画レビュー】恋愛戯曲 私と恋におちてください。
2011年09月16日 (金) | 編集 |
女性脚本家の谷川真由美は締切間近にもかかわらず、全く仕事が進んでいない。
自分が恋愛していないと本が書けないので、担当プロデューサーに「私と恋におちてください。」と頼み…。

設定に物珍しさは無いが、劇中劇に更に劇があるのは新鮮かな。
ただ、その劇中劇が全く面白くないのがね…。
それなりのウェートを占めるだけにね。

それと、そもそもこの二人が恋に落ちるのが無理やりな感じ。
劇中に「恋愛の始まりに理由はない」って台詞があるけど、それで済ますんじゃ乱暴すぎる。

プロデューサーが有能な理由が最後に明らかになったのは、ナルホドねーって感じと、ご都合主義だなーって感じが半々かな。

ここまで文句ばっかりだけど、好きか嫌いかで言えば圧倒的に好きなんだけどね。

テレビ局内のせめぎ合いは面白いし、椎名桔平の演技が良いし、何と言っても、深キョンが可愛いし!
可愛いんだけど、これは明らかにミスキャストだよね。
相変わらず演技はアレだし…。
深キョンは馬鹿っぽい後輩キャラ以外無理でしょ。
偉そうな脚本家先生とか、一番遠いでしょ。
ま、可愛いから好きだけど。
【映画レビュー】すべて彼女のために
2011年09月07日 (水) | 編集 |
妻が殺人容疑で逮捕される。無実を信じる夫は調査をするが、3年経っても事態は全く好転しない…。

正直、「えっ」って感じで拍子抜けした。
沢山の映画がある中で、こういう変化球もアリな事は分かる。
ただ、変化球を見ると、やっぱり直球が大事なんだと気付く。
スパーンと、気持ちのいい直球を待ってると思うんだよね。大抵の人は。

結局事件についてはうやむやのままで、逃げておしまいってのはやっぱり腑に落ちない。

「相乗りにネット登録したのはこういう事だったのか」とか、映画としては面白いんだけど、どうしても見ていて引っ掛かってしまい、純粋に楽しむことが出来ない。
正直、最後は捕まって欲しかったわ。
捕まるべきとも思うし。
【映画レビュー】華麗なるアリバイ
2011年09月06日 (火) | 編集 |
アガサ・クリスティーの小説を映画化。

人間関係が複雑で、この先何が起こるのかと楽しみにしていたが、あまり面白くなかった…。
「華麗なるアリバイ」って感じが全然しないし。
わざわざ映画にするまでもなく、2時間ドラマで十分な内容かと。
尺が短い割に、事件が起こるまでちょっと長いし、探偵役が決まるのも遅くてモタモタしてる印象。
説明の為の時間が長い割に、説明しきれてなくてね。
登場人物が多く、顔と名前が一致するまでが一苦労だったなぁ。

最後の「浮気は許さない」ってとこだけ面白かった。
【映画レビュー】冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
2011年09月03日 (土) | 編集 |
娘夫婦を襲撃された父親が復讐を決意する…。

記憶が保てるのがあと僅と言う主人公の設定は面白い。
それを生かした最後の流れも良かった。

ただ、中盤までの展開がかなりご都合主義。
娘は銃弾を浴びまくってもガンガン撃ち返すし、殺し屋はお人好しだし、犯人がえらくあっさりと見つかるし。

まあ、基本的にストーリーよりも銃撃戦をいかにカッコ良く見せるかに一生懸命なので、話に突っ込むのは無粋なのかもしれない。
監督の「これがカッコイイんだ!」が随所に出ているので、それがマッチする人は満足度が高そう。
【映画レビュー】ルーザーズ
2011年09月03日 (土) | 編集 |
特殊部隊の5人がある作戦を決行。だが、それは罠だった…。

スローモーションによるカット割りだけは一流(苦笑)。
割れたガラスに映り込んで、逃げるシーンを表現するところはカッコ良かった。
音楽(ビル潜入シーン)や小道具の使い方も良かったね。

そういった上辺の要素は良かったけど、全体的には「ん?」って部分が散見された。
特殊部隊にしては、ノリが軽すぎるんだよね。
まあ、そういう映画なんだけど。街中でそんなん出したらバレバレだろって部分よりも軽いノリ重視だし。
部下のキャラは面白かったけど、隊長にイマイチ魅力がないのがね。
ノリ重視なのか、真面目なのか中途半端だし。

あと、終盤の流れは意外性があったけど、期待とは違ったな。
もっと王道的な流れで良かったと思うし、きちんと決着をつけて欲しかったね。
このノリでこうした変化球は望んでないからねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。