日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年4月9日の試合。
2008年04月09日 (水) | 編集 |
今日は良い勝ちでしたね。吉川に勝ちがついて。

今日の様にストライクが安定して取れれば、先発の仕事は出来る投手。
欲を言えば、もう少し変化球の精度を上げて欲しいけどね。
今日は良い当たりが正面を突いたりして、ツキがあったので。

ただまあ、一つ勝ったことで肩の荷が下りたんじゃないかね。

明日はダルって事で、今日は早めの継投。
完投能力がある投手がいると、こういった試合運びが出来るから良いよね。

代役の高口もソツなくこなしているし、チームとして良い方向に回り始めている。

彼にとっても千載一遇のチャンス。
金子がレギュラーの間はまだまだチャンスはあるだろうけど、常に高口が1番手に来るとは限らない。
このチャンスを一気にモノにするつもりで頑張って欲しい。

打つ方は、序盤に永井を崩すチャンスだったんだけど、小谷野の所でプッツリと切れちゃうのよね。

サードはイマイチですな。
稲田がいないし、陽もイマイチ。
高口でもいいけど、やっぱり中田待ちになるのかな。

一度中田がポジションを獲ったら、小谷野にチャンスが来ない可能性も十分考えられるので、彼もしっかりとやらないとまずいよ。
2008年4月8日の試合。
2008年04月08日 (火) | 編集 |
こんな日に限って、仕事で見られません!

まあ、0-7の時点で見ないと思うけど…。

一場の乱調が一番の要因だけど、打線も諦めずによく頑張った。
ハムらしくないね。

それと、例え勝ちにつながらなくても、武田勝を続投させたのは今後に向けても良かったのでは。
打たれた時点で降りるのと、後を0で切り抜けたのでは、彼自身にとって全く違ったものになるだろうし。

ただ、次の回に立ち直ってくれる保証は無い訳で、危険な賭けでもあったと思うけどね。

当初の公算とは違うけど、勝の日に勝てたのは大きい。
建山-武田久、マイケルの形で継投できたし、何より、楽天がガッカリしてるはず。
何とか勝ち越したいですね。
2008年4月6日の試合。
2008年04月06日 (日) | 編集 |
今のハムには精一杯の試合。

11安打で3点だけど、四球が取れなかったし、長打力もないからね。
相手のミスに乗じて点が取れたし、こんなもんでしょ。

今日は小田が2安打。
元々、球速が無い投手には対応できる人。これをきっかけに頑張ってくれれば。

対して坪井の打席に内容が無かった。
速球を振らずに、フォークに泳いで空振り。
いったい何を待っているのか、と。
あれだけ体が流れる打者に、インサイドに配給する訳無い。
今のままじゃ、ジョーンズ、洋平が上がって来た時の入れ替え要員筆頭だよ。

稲葉も2本打ったけど、後半2打席の内容が悪い。
なかなか簡単にはいかなそう。

スレッジは1日1本打てそうな気配になってきた。
体が止まって、逆方向に打てるのも良い。
ゴロが多いので、併殺も増えそうだけど…。
まあ、5,6番を打たせるタイプかね。

投げる方では、グリンが頑張った。
1球ごとに間を取って、落ち着かせる様に気を使っていた。(前からかもしれないけど)
ストライクゾーンが広めだった事も、イライラ回避の要因かな。
広めといっても、今日ぐらいが良いと思うんだけどね。

で、ローズ以外、当たっていないのにも助かった。
特にカブレラの状態が良くないね。全ての球に対して追いかけすぎ。
元からそういうタイプだけど、どっしり構えられると、投手としてもかなり怖いと思うんだけどね。

後は、全般的に足を使える選手が少ないのと、今日は一つ盗塁を刺したので、さらに足を使い辛くなったことが、グリンにはプラスに働いたかな。

一つ勝ったことで、調子を上げていって欲しい。

久マイケルで鶴岡にスイッチもあるかと思ったけど、そのまま信二で。
まあ、いちいちこんな事を気にしない状態に早くなって欲しいもの。

この3連戦、ダル勝以外に勝ちがついて、しかも勝ち越し。
なかなか内容のある3連戦だったのでは。
稲田が左手親指骨折 日本ハム
2008年04月04日 (金) | 編集 |
稲田が左手親指骨折 日本ハム

これは痛い。
1・3塁(特に1塁)をそつなく守れるし、バントが上手く、打撃の状態も悪くなかっただけに。

それに、ベンチのムードメーカーだったからね。
年下や子供にプロレス技を掛けられる人は、そうはいない(笑)。

ただ、まだ始まったばかり。
しっかりと治して戻ってきて欲しい。

替わって昇格した小田は、彼にとっても大事なチャンス。

下では2・3塁も守ってたし、この機会をものにして欲しい。
かつては、「小笠原がアテネに行っても、小田がいるから大丈夫。」と思わせた存在。
当時の輝きを…。

尾崎を上げて、小谷野みたいに起用しても面白いと思うんだけど、あいにく捕手転向中。
去年あたりから、打撃が大分良くなってる印象なんだけど、間が悪い。
今年鶴岡が固定されたら、彼の野球人生はどうなるんだろうか??
小谷野・稲田の守備は安定しているけど、そこまで尾崎の守備は悪いのかね??

あと、上に今成を置いておく必要性に疑問。
下で試合に出した方が良いと思うんだけどね。
リザーブ要因なら、兼任コーチで良い訳だし、試合に出ないのに、FA取得日数だけ稼がせるのは、チームにとっても良くない様な…。

まあ、縁故採用の彼が、FA移籍する事はないと思うが…。
(もちろん、他球団が欲しがる選手になって欲しいけどね。)

今成をずっと上に置くって事は、中嶋は出る気(出す気)なしって事なのかな?
限界なのかね??
2008年4月3日の試合。
2008年04月03日 (木) | 編集 |
9回、2点勝っている状態。
先頭の金子が歩いて、代走紺田。
これがポイントの一つだった。

裏の守備を考えて、金子をそのまま行かせる考え方もあるが、あえてもう一点を取りに行った。
その結果、紺田が盗塁を決め、追加点が2点入り、裏が楽になった。
賢介や稲葉の当たりで、金子のままだったら進塁出来たかどうか。

今日はズバッと当たったけど、今日に限らず、梨田監督の攻撃的な采配は見ていて刺激的。

ただ、稀哲がバントを出来なかったり、細かいところは当然修正していかないとね。
彼は前回も失敗しているだけに。

さて、ダルは今期一番の出来に見えた。
初回から力が抜けていて、カーブを多投するあたり、温存しつつ長く投げる事を意識している様に感じた。

この辺は、前回、ダルが132球で9回、涌井が同じ球数で10回投げた事によるのかもしれない。

不運な当たりが続いて点を取られたけど、それよりも、先頭の多村に簡単にストライクを取りに行った事が反省材料か。
ただ、松田には完璧に打たれたけど、その後の無死2・3塁を力でねじ伏せたのはさすが。

後を受けた武田久も、走者は出したけど良い球がいっていたし、今期初めて、ハムらしい継投で接戦を逃げ切るパターンが出来た。

ハムの形が出来たところで流れに乗りたい所だけど、ここまでの5勝は全てダルと武田勝の当番日で、他は全敗なんだよね…。
しかも、一方的な大敗も少なくないし、他の先発陣、打線の奮起に期待したい。

…というか、やってもらわんと困る!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。