日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年4月24日の試合。
2008年04月24日 (木) | 編集 |
小田ちゃん。

前の打席で山口の速球にアジャストしていたので期待はしてたけど。
それでも、まさか本塁打とはね。

今日みたいに速球に対応できれば、ここ数年の成績で終わる選手ではない。
それだけに、速球を打った事に大変な価値があり、今後に期待を持たせる結末に。

試合の流れとしては、9回2死1塁カウント1-0から、高橋がライトに軽打してつないだ事が大きかった。
若いカウントだし、ガッツリ行っても良い場面で軽打。
スレッジの状態が上向きなだけに、つなぎの打撃が生きた。

で、1・3塁にになってスレッジの場面。
スレッジと工藤じゃ全然違うので、歩かせるのもアリだと思ったけど。
ただ、満塁にすると押し出しもあるし、一打逆転になってしまう。
やはり難しいところか。

で、7回とその9回の工藤の場面。
どちらかで陽を出して欲しかったね。
今の工藤は上から叩くだけで、野球のスイングになっていない。
ダルの時には守備重視のメンバーで望むんだけど、ホントに打たないんだよね…。

そのダルは、7回くらいでバテたね。
半ば完投を義務化されているし、疲れもたまってきてるでしょ。
そんな中、力を振り絞って9回を投げ切った所は、さすがとしか言いようが無い。

めぐり合わせで良い投手とあたる事が多いけど、もうちょっと打たないと。
特に下位打線は「居る意味あるのか?」って感じだし、投手になめられている。
安打を打つ事以外にも、出来る事は沢山あるはずだ。
2008年4月23日の試合。
2008年04月23日 (水) | 編集 |
サードゴロ多すぎ。
木元の守備練習かよ。

まあ、それだけ外の球を引っ掛けていたという事か。
序盤からポンポン点を取られたので、打線に集中力が欠けていた感じ。
だからと言って、完封されるのはどうかと思うけどね!!
打力が無いチームなので、四死球を取れないとなかなか点が取れんね…。

とりあえず、スウィーニーは配球次第で滅多打ちになったり、しっかり抑えられたりする事が分かって良かった。…良かったってのはアレか。

建山はフレッシュな状態だと良い投球をするので、こんな試合で使うのはもったいなかったね。
まあ、仕方ないけど。

で、今日はファーム中継を見る機会があったんだけど、目に付いたのは宮本。
安打は打たれたけど、真っ直ぐ、スライダーがきちんと制球されて、左打者には通用しそう。
落ちる球があれば、右にもやれるかも。
(1イニング見ただけなので、持ってるかもしれんが)

金森が連投しており、そろそろ坂元と入れ替えか。
先発したダースはまあ、色々とまだまだですな。
まあ、実質1年目だし、まだまだ焦らず。

打つ方は中田がやっぱり期待大。
詰まっても押し込んで持っていけるし、バットに乗せている時間が、他の打者よりも長く感じる。
ただまあ、上げる時はスタメンで使える状態で無いと意味が無いので、ファームで沢山吸収していって欲しいもの。

その他は、
・渡部は梵みたいな構えで面白い。
・鵜久森は見る度に構えが変わっている。今は大きな体を窮屈に構えている印象で、これでは長打が減りそうな…。

上に怪我人が出たあおりで鎌ヶ谷は悲惨な状態だけど、出ている選手にはチャンスなので、頑張って欲しいもの。
取りあえず、ドラフトで二遊間の選手獲りそうだね。
駒居セカンド出ずっぱりって…。替わっても今成だし。(苦笑)
2008年4月22日の試合。
2008年04月22日 (火) | 編集 |
中身の無い試合だったね。
武田勝が投げていたのが、遠い昔のよう。

ただ、梨田監督の厳しさを感じた試合でもあった。

今日は陽を替えずに最後まで起用。
レフト、ショートを替えた時、一緒に替えるのがいつものパターン。
だが、終盤の競った場面でそのまま起用。
本人も替えてもらった方が楽だっただろうが、それを許さなかった。

あのエラーの試合以降、陽に対しては厳しい姿勢を貫いている。
素質があるのは誰もが認めるところ。
早めに開花するか否か、重要な試合が続く。

今日は審判が辛めだったけど、鶴岡は低めの球を捕る時に肩が下がる傾向があり、審判からはミットをすくい上げている様に感じてボールになるケースが少なくない。
守備的な捕手だけに、何とかして欲しいところ。
2008年4月19日の試合。
2008年04月20日 (日) | 編集 |
3-0まで見てました。

いやぁ、まさかゴリにホームランが出るとは…。

少ないチャンスに結果を出してくれて、ファンとしても嬉しい。
ただね。やっぱりこれからがスタートなんでね。
ここまで我慢してきた訳だし、少しずつでも前進していってくれれば。

ただまあ、今日の大場は真っ直ぐが抜け気味で、左打者は球が見易かったんじゃないかな。
結果を見直すと、3回までに、左打者全員に安打を打たれてるのね。
ちゃんと見たのが今日初めてなので、今日はたまたまだったのかもしれないけど。

で、藤井が初勝利。
先発全員に勝ち星が付いたし、吉川、藤井も安定して試合を作れるようになってきたね。
6人ともそれなりに計算できるってのは、なかなかないからね。
先発が頑張ってくれれば、リリーフの負担も減るし、打線も安心して試合に望める。
いい事ずくめなので、この状態が出来るだけ長く続いて欲しいものです。

ここに来て、接戦に使えるリリーフが増えたし、多田野、八木あたりの突き上げがあれば、高いレベルでの競争になりそう。
菊地、山本、金森あたりも加わってくれると、なお嬉しい。

打つ方はまだまだ何ともいえないけど、怪我人の代替選手には最高の舞台なので、これを逃すと次は無いくらいの気持ちで頑張って欲しい。

その中でも、ジョーンズに結果が出ていないのがね。
攻守ともに精彩を欠いている様に見えてしまう…。

恐らく、彼にとってはまさにラストチャンス。
糸井が戻ってくるまでが猶予になるだろうから、それまでに何とかしないとね。降格後、しばらくしてサヨナラって事も十分考えられるので…。

糸井が居ぬ間に…というのは工藤も同じ。
ただ、彼もぱっとしないんだよね。
そんな状況だからこそ、第3の男、佐藤が結果を出した事は大きい訳で。

同じ様な状況が、サード、ショートにもあるので、該当の選手には頑張って欲しい所。
まあ、小谷野、金子じゃ、ほっといてもチャンスが来るだろうけど、「チャンス待ち」の姿勢じゃさびしいからね。

特に陽。
いつまでもチャンスがもらえると思っていたら大間違い。
ドラフト上位で内野手を獲ったら、状況がガラッと変わる可能性は十分にある。
尾崎の様な立場になる可能性もある訳で、もっと必死さが伝わる様に頑張って欲しい。(本人はもちろん必死だろうけど。)
明日は出番がある気がするので、何とかお願いしますよ。
2008年4月18日の試合。
2008年04月18日 (金) | 編集 |
スレッジぃぃぃぃぃっぃぃぃぃぃっぃ!!!!!

良く打ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

期待しちゃうぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!

はあ、はあ、はあ・・・。

ダルは前回で味を占めた?のか、省エネ投球。
球数だけでなく、勝負どころ以外は力を抜き加減で。
この調子で行けば、年間通して波を少なくやってくれるのでは。

今日は鶴岡のポロリが多かったけど、疲れてるのかね?
たまたまだと良いんだけど。

あとはやっぱり打線。
下位打線のむごたらしさは、正視に堪えない。
バットにすら当たらんとは、同じプロか??

それでも、点を取った8回の様に、塁に出れば相手も考えるし、何かが起きる可能性がある。
前にも書いたけど、打席で工夫が欲しい所。

川や仲沢当たりはセーフティの構えをしたりしてたけど、ハムにはそういう姿勢がない。
賢介にセーフティ気味のバントがあったけど、下位打線にそういう姿が見られないのが不思議でしょうがない。
普通にやって打てると思ってるのかね??

高口に一本出たけど、ブリブリ振り回すだけ。
あそこはバッテリーが簡単に行き過ぎ。

「考えて野球せい」と、ホントにそう思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。