日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜vs北海道日本ハム 2008年6月9日
2008年06月09日 (月) | 編集 |
勝たなきゃいけない試合だった。
4回裏、グリンを引っ張ったのは、次の回に代打を出すからだとばかり思ってたけど、まさかの続投。
何という謎采配…。敗退行為としか思えないのだが…。
昨日、弥太郎、建山が2イニングずつ投げたが、そういう問題じゃない!!

グリンが打席に入ったところで、むかついて「シレン3」始めたったわ!!
おかげで、ヤフーで13-3て見てビックラこいたわ!!
ま、無様な試合を見ずに済んでラッキーだったわ!!

フン、武器をロストしてもうたやんけ!!
ワイの不注意ちゃうで、ハムのせいやで!!!

ハッキリ言って、今の横浜は確実に勝たなければいけない相手。
先発をKOして、リリーフも弱い。
凌いでさえいれば、点を取れるチャンスはいくらでもある。

それなのに、試合を投げたとしか思えないグリン続投はいったい何なのか??
八木を上げる口実か??
どんなにひねり出しても、それくらいしか思いつかん。

こんな余裕をぶっこいた試合運びをしてると、必ず足元をすくわれるで。
横浜vs北海道日本ハム 2008年6月8日
2008年06月08日 (日) | 編集 |
藤井はぐだぐだでしたなぁ。
打ち取る球が見つからずに、追い込んでから四苦八苦してた感じ。
今日の感じじゃ、5回でスパッと替えたのは正解でしょ。
エースを張っていた投手だし、こんなことじゃ物足りないんだけどね。この展開では7回は投げてくれないと。
まあ、ただ、久々に勝ちがついたので、これで良い方向に変わってくれれば。

今日は建山が流れを切ってくれた所で、安心モードに入った。
ぐだぐだな流れを良く止めてくれた。

打つ方は後半もう少し点をとってくれればなぁ。
弥太郎の替わりに宮本でしのげたのに。
守備固めの選手は、こういう時がチャンスなのにね。
満塁での鶴岡、飯山の打席には苦笑いしか出ない。

まあ、連敗しなかったし、藤井に勝ちもついて、なかなか収穫のある試合だったのでは。
中日vs北海道日本ハム 2008年6月7日
2008年06月07日 (土) | 編集 |
完敗ですな。

先制して、その後何度かチャンスがあったけど、川上はピンチになるほど凄い球が来てたからね。
これぞエースという投球。
実況にもあったけど、カットボールを使わずに、ぐいぐいと押すスタイルにしびれた。

スウィーニーも、彼の投球を見て「1点もやれない」と力んだ部分があったのかもね。
投球自体は悪くなかったと思うけどね。

負けた事は残念だけど、切替え自体は難しく無いのでは。

しゃーない。切り替えていこう。強い気持ちで。

元メジャーのボッツ獲得へ 両打ちの大砲 打撃陣のけがで補強

ちょっと遅れたけどこの話題。
散々外国人を獲れと書いてきたけど、実際に来そうとなると不安になる(苦笑)。
我ながら勝手なもんだな…。

サードを普通に守れる選手なら良かったんだけど、そうは上手く行かんか。
ポジションがスレッジとまる被りなのも、少し気になる。
レフトを守れると良いんだけど、195センチ、113キロだからね。
1塁かDHだろうね。

それよりも一番の懸念は、これから大事な時期に、ある程度打席を与えなければならないって事。
ジョーンズにもかなり猶予を与えたからね。(これでジョーンズ解雇で当分は市川の出番が増えそう)
まあ、五輪で稲葉が抜ける可能性があるので、その期間に見極める事になるのかな。

ともかく、期待はでっかくデストラーデ!!
期待してまっせ!!
北海道日本ハムvs広島東洋 2008年6月4日
2008年06月04日 (水) | 編集 |
負けちゃったけど、良い試合でしたね。

最後の永川は、賢介の0-2から、小田の初球(いずれもストレート)しか打てる球が無かったけど、どちらも見逃しちゃったからね。
どちらも真っ直ぐが来るタイミングだっただけに、振って欲しかった。

それにしても、ルイスは凄いね。
左打者へのカット、スライダーは分かっていてもバットに当たらないんだから。
コントロールも無茶苦茶良いし、何で日本に来たのか分からん。
何で4敗もしているのかも分からん。

その中でも、紺田の打席は内容が濃かった。
初回はかなり粘って2塁打を打ったし、セーフティもあれで余裕でセーフって、どんだけ足が速いんだ、と。
簡単にヒットは打てないけど、打席で粘れるようになれば、相手の見方も変わってくるはず。
この調子で頑張って欲しいね。

ダルはそんなに悪くは見えなかったけど、意外と捕らえられていた。
それに、少ないチャンスを、確実に点に結び付けられてしまった。

赤松の打席はダルにはショックだっただろう。
おそらく、下位の打者にツーシームをしっかりと打ち返されたのは初めてなのでは。
その前に石原にスライダーを上手くバットに乗せられたので、ツーシームで攻めに行ったのは分かる。
ただ、カーブやスライダーをはさむべきで、単調な攻めにも悔いが残る場面だった。

あと、右打者にもう少しカーブでストライクが取れると楽なんだけどね。
相手が狙ってくる確率はかなり低いと思うんだけど、ワンバウンドになるケースが多いんだよね。
甘くなっちゃいけないって意識が強いのかもね。
北海道日本ハムvs広島東洋 2008年6月3日
2008年06月03日 (火) | 編集 |
また代打飯山か。
いい加減にしろ。

これで首脳陣が、2日前の阪神戦のラストを「失敗した」と思っていないことが証明された。
別に証明して欲しくないけど。

あの場面も、飯山に代打鶴岡とすべきだった。
万が一同点になれば、三木を使えば良いんだし。

まあ、阪神戦のことはともかく、なぜ小田をすぐに替えるのか。

一番腹が立つのが、小田は右投手専用と決め付けていることだ。
左打席に立っているというだけで、左投手にチャンスすら貰えない。

レギュラー(稲葉、賢介、スレッジ)以外の左で一番の成績を残しているのに、今期は左投手に1打席しか与えられていない。

なぜなんだ。

プロは結果が全ての世界。
だが、結果を残していても、出場の幅を広げられない。

これでモチベーションを維持できるのか??

まあ、今日の試合見てないんだけど(汗)。


参考:ハム左打者の対左投手成績(ヤフーより)
小田 1-0
稲田 9-1
坪井 1-0
糸井 7-2
村田 16-3
紺田 7-0
工藤 21-3
佐藤 4-0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。