日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交流戦を振り返りつつ
2008年06月23日 (月) | 編集 |
http://www.sponichi.co.jp/hokkaido/news/2008/06/23/03.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/100440.html

この戦力で良くやったという感じの論調が多いけれど、個人的にはもう少し勝てたかな、と。

結局、8カード連続で1勝1敗だったからね。
しかも、内7カードが初戦を取っているだけに。

ただまあ、今更勝敗を云々言っても仕方ないんだけどね。

この交流戦で一番の収穫は紺田かな。
打撃がホントに良くなった。
シーズン序盤から「彼の中では進歩している」って感じが見て取れたけど、ここまで結果を残してくれたのには驚いた。

地道にやってきたことが実りつつあるってトコかな。
力のある打球を飛ばすなんて、なかなか簡単には行かないだろうからね。

あと、特筆すべきは、セーフティバントの構えをしょっちゅうすることなんだよね。
内野も浅いので、工藤なんかは全くしないんだけど、紺田はお構いなしにするし、成功もしてる。

こうやってバッテリーや内野手を警戒させるのって、すごく大切なことだと思うんだよね。
ランナーが居ればそっちにも気を使わないといけないし、内野が浅ければヒットゾーンも広がるし。

なんとか森本が戻ってくるまでは結果を残して、存在感を保って欲しいね。

反面、糸井は物足りない。
現状では、上でやるには器用さが足りない感じ。
ただ、下で鍛える時期は卒業した選手。
あとは自力で対応していくしかないね。
工藤ともども、森本昇格までサバイバルになりそう。

投手陣では、多田野、宮西が抜群の安定感。

アメリカでの成績を見て、多田野がここまでやるとは…。
彼にとっては、日本のボールやマウンド、そして日本語を話せる環境とかを含めて、日本があってるんだろうね。
日本人だし、当然といえばそれまでだけど。
それと、経験豊富なだけに、試合の流れを読む力に長けているし、度胸があるよね。
素晴らしい。

宮西も今や、結果だけなら武田久以上のものがある。
本来は先発の方が向いている気がするんだけどね。阪神の江草みたいに…。
山本あたりが台頭してくれば、回してあげる事も出来そうだけど、現状ではそうはいかんからね~。
素晴らしい。

気になる点としては、星野がお疲れ気味なことかな。
マウンドに登る時から疲れた顔してるんだもんなぁ~(苦笑)
初の1軍だし大変だと思うけど、ここを乗り越えれば先々の展望も開けるんだけどね。
まあ、現実的には金森と入れ替わることもありそう。

あと、グリンにしっかりしてもらわないと困るんだよね。
今は先発4人で、リーグ戦再開で藤井、武田勝が追加されて6人。
ダルが抜ける時期に代わる投手が居ないのよね。
(八木、吉川に過度の期待をするのはやめた)
それだけに、今の4人にはきっちりローテを全うしてもらわないと困っちゃうのよね。

彼にとっては高橋待ちなのかな…。

で、その高橋だけど、怪我が治れば、捕手は彼中心で行って欲しいんだよね。
そうなると、1塁、DHに小田、スレッジ、ボッツ、(中田、洋平)といろいろとオプションが取れるし。


それとやっぱり、彼の方が相手が嫌がると思うんだよね。
巨人の阿部なんかはやたらと叩かれる運命だけど、それでも阿部とその他だったら、相手からみたら雲泥の差だからね。
まあ、日本代表の捕手と比べるのもアレだけど…。

色々と長くなっちゃったけど、再開後も頑張ってね。
阪神vs北海道日本ハム 2008年6月21日の試合。
2008年06月22日 (日) | 編集 |
昨日はいい試合でしたね。
申し分ないゲームア運びで。
高橋が心配ではあるけど、まあ、大丈夫そうかな。

2点目のスウィーニーの内野ゴロが効いた。
先制して尚、無死2・3塁。小谷野が三振で鶴岡敬遠の場面。
最初の小谷野が凡退して、下位打線でずるずる行きそうな場面で加点でき、非常に大きかった。
あそこで無得点だと、先制しても嫌な流れになるからね。

スウィーニーは本業でも常に安定している。
川上と投げあった試合は非常に良かったけど、外一辺倒で自分で苦しくしてしまう部分があった。

ただ、この試合は両サイド、球種も色々と使って的を絞らせなかった。
チェンジアップが決め球の投手だけど、この球自体は長打を食いやすい球だからね。
奥行きで勝負する球なので、他の球が生きていて、打者のタイミングをずらさないといけない。

打ち込まれるときは、チェンジアップを多投して気持ちよく飛ばされるけど、昨日はチェンジアップを投げたい場面でも直前の球を続けたりして、鶴岡の配球も持ち味を生かしていた。

あと、左へのスライダーも良かった。
ストライクゾーンがワイドだったし、あの小さく食い込んでくる球を打つのは厳しかったかな。

あとは今日勝つだけ!!
7カード連続で1勝1敗なので、最後にビシッと!!
お願いしますよ!!

(ハム公式のコメント風に「!!」を多用してみました。)
鬱憤
2008年06月18日 (水) | 編集 |
最近は、スクイズにしても、バントにしても、作戦が窮屈なんだよな。
先頭が出たらまずバント。

エンドランも盗塁も試みない。
紺田なんて、もっと走らせればいいのに、「ここを逃したら点が取れない!!」と萎縮しているように見える。

ハッキリ言って、指揮官が選手を信用してない采配なんだよな。
無難な采配を振るって「俺は最善の策を敷いた」って感じで。

動いて失敗すること、チャンスを逃すことを極度に恐れている感じがしてならない。

大体、バントが手堅いなんて誰が決めたんだ。
点が取れる作戦が良い作戦なんだよ。
去年より沢山のバントをして点が取れないんだから、作戦が悪いんだよ。
他の方法を考えろよ。

左右病にしても、固定概念が強すぎる。
自分の采配を振り返って、その中から何かを学び取れよ。
あんたの頭の中でゲームが動いてるんじゃねーぞ。
広島東洋vs北海道日本ハム 2008年6月18日の試合。
2008年06月18日 (水) | 編集 |
なんつーか、どうしようもない試合だな。

四球二つでチャンスをくれたのに、バント失敗とスクイズ失敗でゲッツーって。
今日に限らず、今年はバント失敗が多すぎるだろ。
打てないんだから、バントくらいしっかりやれや。

打席でも懸命な多田野を見て、野手連中は何も感じないのか。
ホントにどうしようもないな。

で、最後のチャンスで代打工藤って…。
小谷野も高橋もいるのに…。

左打者ってだけで工藤か…。
本気で工藤がヒット打つと思ってるのか??

小田に限らず、左右病は酷すぎるな。

ここで使わないって事は、高橋は見せかけ昇格か??
対左で出てきたら、その方が酷いけど。
首脳陣の頭の中がね。

ただのボールが見られたのが唯一の収穫。
思ったより更に遅くてビビッた。
いつもよりサイン交換が長いなーと思ったけど、一瞬、何が起こったのかわかんなかったよ。(笑)
広島vs北海道日本ハム 2008年6月17日の試合。
2008年06月18日 (水) | 編集 |
頭痛が酷かったので頭痛薬を飲んだら、直後に建山が炎上。
さらに頭が痛くなったので、1点差、打者嶋の場面でテレビを消して寝込んでしまった。

過去の経験から、頭痛はほっといても良くならず、必ず悪化する事は判ってたんだけどね。
薬を飲むのは、いつも躊躇しちゃう。

で、起きたら10時50分。
ビクビクしながら報道ステーションで確認。

このドキドキ感、すっごく久しぶり。
今じゃネットで結果を知ってから、スポーツニュースで確認する流れだけど、昔はニュースステーションをドキドキしながら見てたなぁ。
編集方法で手玉に取られる感覚を思い出した。
でもね、「1点差に迫り、1発出れば逆転の場面でバッター嶋」って流れだと、大体アウトなんだよね。
「1発出れば逆転」とか、仮定の装飾が付くと、大体ダメ。
今日もこのパターンだったので大丈夫かな、と思ったけど、終わるまでヒヤヒヤでしたわ。

勝って何より。
今日負けてたら悲惨やね。

で、建山はやっぱり勝負球が甘いみたいね。
もう横になってラジオ状態だったので、画面は見てないんだけど。

スライダーの制球がアバウトなのは、横投げの宿命なのかな。
梅津も同様に大きなスライダーを投げるけど、鶴岡に投じた2球ともど真ん中だった。
曲がりの大きな球の制球が難しいのは判るけど、それ以外に信頼できる球が無いのがね…。

シュートやフォークの精度を上げないと、このパターンが続くだろうね。
良い時はほぼ完璧なんだけど、悪い時は修正できずに滅多打ち。本人も分かっているだろうけど。

そう考えると、斎藤雅樹はやっぱり偉大。
左の外側にカーブでカウントが取れたし、フォークも大きな武器だった。
あれだけの投手で出来ないんだから、200勝って凄く大きなハードルだよね。
メジャー行って中4日で投げないと難しいだろうね。
打者は9番打者で打率.243の金子誠でさえ、102安打してるからね。(2007年)
投手で言えば10勝換算か。投手は大変やね。

その他の話題

1.
今日は小田がスタメンで3の1。
最初が安打(見てない)で、次が栗原の好守に阻まれ1ゴロ。
3打席目が1死満塁の絶好機で浅いライトフライ。
4打席目、7-3、6回2死2・3塁、投手大島の場面で小谷野にスイッチ。
結果的に、小谷野が四球で繋ぎ、稲田のタイムリーが効いた形になり、代打成功。

3打席目に1本出てればね。
今の起用法では交代やむなし。
10点差くらい付かないと、そのまま打席に立たせてくれなそう。
で、10点差付いたら、代打飯山で守備固めってパターンになりそうだけど…。
当日3の3とかで、替えさせない雰囲気を作らないと駄目そうですなぁ。

今後も小田の起用法について、しつこくウォッチしていきます!!

2.
赤松はインサイドの打ち方が上手ですなぁ。
体の回転で非常に上手く打っているね。
こうして移籍して生きる選手もいる訳だし、FAの人的保障は継続すべき。
福地も岡本も頑張ってるしね。

他にも、風呂に入りながら色々考えてたはずなんだけど、忘れてしまったのでこれにて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。