日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜・石井琢が戦力外通告受ける
2008年10月04日 (土) | 編集 |
横浜・石井琢が戦力外通告受ける

普通に金子より使えそうなのだが…。

少なくとも彼がいれば、稲田、飯山をベンチに置いておく必要が無くなる。

ただまあ、獲らんだろうけど。

ショートは穴だけど、選手会長だからね。
そこにまとめ役も出来る選手を持ってくるのは、リスクもある。
船頭多くして船山に登る。

それとまあ、高木豊を獲った時も、白井に配慮してセンターをやらせたり、迷走したからね。

個人的には獲って欲しいんだけどね。

ハムはぬるま湯なイメージなので、彼を投下して反応を見たい(笑)
2008 ハム戦力外通告
2008年10月03日 (金) | 編集 |
来季契約について

中村泰はもう一年見て欲しかったが、それ以外は概ね想像通りか。

ただ、逆に言うと、1年で切られたのは全く駄目だと判断されたのだろう。
キャンプでは期待されてたし、個人的にも期待大だったんだけどね…。

第一弾の通告はバッテリーのみだったけど、第二弾で他の野手も来る…と考えるのが妥当だろう。

伊藤は生き残ったのだろうか??
金沢が第一弾で、伊藤が第二弾というのもちょっと変だし。
どうなるんだろうか。

で、面子はともかく、捕手が2人ってのが今回のポイントかね。
2人も切ると、ドラフトで獲りそうな気がする。

個人的には、無理して獲らなくても良いんじゃないかな、と。
今回の二人は、捕手としてそれほど試合に出てないし、いなくても試合消化にはそれ程問題ない気がする。
(駒居はブルペン捕手で残るだろうし)

小山を上で使った様に、怪我があった時に確かに困るのだが、これはトレードでもカバーできる。
今年から1ヶ月期間が延びたし、実松当たり獲るんじゃないかね…。

この「獲らんでええ主張」の理由は、捕手は経験を積まないと厳しいという考えから来ている。
多くの候補から選別するより、ある程度ポジションを与えていかないと駄目なんじゃないかと。

新人を獲るとなると、ある程度使わない訳には行かなくなる。
かと言って、今成、渡部は「駒居状態」でも無いので、彼らの場数が減るのも困る。
今成、渡部より秀でた何かを持っていれば話は別だが、「将来性」にすがる指名は御免被りたい。

…っとまあ、尾崎を捕手コンバートしようとしたくらいだし、私がグダグダ言った所で、捕手を指名しそうだけどね~(苦笑)。
北海道日本ハムファイターズ、2008年クライマックスシリーズ第1ステージ進出決定!!
2008年10月01日 (水) | 編集 |
職場でこっそりとYahoo速報を見たら、0-7って…。

今シーズンは最後まで勝負どころに弱かったな…。

今誰が投げてんだ??

武田勝と一場って。
あ、あれ?
勝ってるの楽天じゃないの??

さて、今まで「CSなんかどうでもいい」と言う立場でしたが、出ると決まったからには、全力で応援します。

ローテは

ダル-小松
グリン-近藤
藤井-山本

スウィーニー-岸
武田勝-帆足
かな。

「KK」物語完結=認め合った四半世紀
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008100100887

色々あったけど、プロ野球を支えてきた一人であることは間違いない。
お疲れ様。
2008年 西武ライオンズ パ・リーグ制覇
2008年09月28日 (日) | 編集 |
今年は西武戦を見るのがイヤだった。

打者の振りが全然違うんだもの。
期間限定昇格の黒瀬でさえ、森本などよりよっぽど力強いスイングをしている。

これじゃ勝負にならない。

日本では、打ち勝つ野球よりも、守りを中心とした野球の方が「高度」と認識される事が多い。

だが、いくら堅守や走塁・小技の技術を誇っても、圧倒的なパワーの前では無力である。
投手がどんなに良くても、失投がゼロになる事は無い。
それを一球で決められるのと、塁に出て次の失投を待つ(引き出す)のでは全然違う。

今までの打ち勝つ野球と言うと、外国人や補強した選手に頼るケースが多かった。
西武も外国人が活躍したが、鍛えて作り上げた印象が強い。
この、鍛えて強力打線を作った事は、他球団に大きな刺激となったはず。(資金不足の球団は特に)

今回の西武の優勝が、日本野球を変える起爆剤となって欲しい。
いや、そうで無ければならない。
世界の野球に日本が取り残されない為にも、絶対に。
胴上げ阻止??
2008年09月27日 (土) | 編集 |
ハム的には、胴上げ阻止って感じで良かったと思う。

思い返すと、少し前までは、やたらと他球団の胴上げばかり見てきた気がする。

西武の黄金時代は毎年の様に見させられた気がするし、島崎がイチローにサヨナラで決められた事もあったっけ。
(決定戦はTV中継があったので、CSがない時代、ハム戦をTVで見たくて見てしまう…。)

中でも一番印象に残っているのが、ダイエー相手に目の前で決められて、翌日も負けたこと。
ヒーローインタビューで、「二日酔いだけど勝ちました」みたいな事を言われて、凄くショックだった。(確か大越だったかな??)

ファンとしてものすごく惨めで、屈辱的だった事は忘れられない。

何で応援しているチームが弱いというだけで、こんな惨めな気分にならなきゃいけないのか。

毎年優勝争いをしているチームがある中で、なぜ、ハムファンというだけで陰鬱な毎日を過ごさねばならないのか。

同じプロ野球ファンでありながら、決して解消される事のないこの不公平感は、一体何なのか。

今となっては、穏やかな気持ちで心情を書き連ねる事が出来るが、新規ファンにはこんな気分を味わって欲しくない。

その為にも、毎年優勝を狙えるチームで無ければならない。
(球団がそう思っているかは疑問だが)

で、CSは、ファンの「ガッカリ感」を緩和させる役割にも一役買っていますな。
優勝争いから脱落すると、翌シーズンまでが長いから…。
その中で楽しみを見つけるのが、「訓練されたファン」なんだろうけど、誰も訓練なんてされたくないし…。

西武について書こうと思ったけど、話がそれてしまった。
次の機会にでも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。