FC2ブログ
日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム VS ソフトバンク 19回戦 2009年08月29日
2009年08月29日 (土) | 編集 |
谷元は全然ダメだな。
見た目は勝ち気そうで度胸がありそうだけど、実際は競った試合では使えない。
牽制球の送球が荒れたり、マウンドで落ち着きが無かったり、動揺している感がアリアリ。
松中には完全にビビッてるし。
あの場面は四球狙いで彼を出している部分も大きいので、鶴岡が察してやらないとな。
まあ、そうは言っても投げるのは投手なのでどうにもならんか。

経験を積めば解消するのかもしれないけど、彼の為に競った試合をぶち壊せない。
野球以外にメンタルのトレーニングをしないと、今後は厳しいだろう。

武田勝も、得点した直後に四球で走者を溜めちゃいかんわ。
そんなんだから、見切りが早くなるんよ。
藤井にも同じような事が言えるかな。

ただ、投手だけの問題でもない。
今日に限らず、ハムは配球が外に偏りすぎている。
今日に限らずと言うより、今年に限らず、だな。12球団で一番内側を攻めないんじゃないの?
特に右投手に顕著で、ダル以外の右は殆ど外オンリーと言うイメージ。
(江尻とかはノーコンで内に行くことはよくあるけど)

内側を攻めて長打でも食らえばアレコレ言われるんだろうけど、それでも内側を攻めないと、自分で自分の首を絞めてる感じなんだよね。
今日の谷元にしても、昨日の榊原にしても、外オンリーで窮屈な感じで。

野口は割りと内を使ってたんだけど(続けすぎる傾向もあったけど)、それ以降の捕手は外に偏ってるよなぁ。
そういう意味でも、大野には期待してるんだけどね~。
ソフトバンク VS 日本ハム 16回戦 2009年08月22日
2009年08月22日 (土) | 編集 |
江尻の逃げの投球がな…。
そんなに怖いなら野球辞めちまえよ。
ホントに腹が立った。こんなに腹が立ったのは今年初めてじゃないかな。

あと、長谷川で勝負させるなら交代だろ。
人がいないのは分かるけど、今日の江尻で続投&勝負は無いわ。

まあ、私とベンチの彼への信頼度が全然違うんだろうなぁ。
右打者オンリーだと思ってるからね。私は。

1.
0-3から打つとは、中田は大物だな(笑)
まあ、良いと思うよ。
馬原から繋いで点を取るのは難しいので、長打を打てそうな球は振っていくべき。
それを期待しての代打だから。

2.
金子は9番に戻っても、バント失敗や1-3からボール球を振りやがって結局凡退。
この苦しいときに、9番に戻る事自体恥ずかしいと思えよ。
苦しいときに働くのがリーダーの務めだろうがッ。

まあでも、金子に頼っちゃ駄目だよな。
今年たまたま数字を残しているだけの選手だし。
もっと若いのがチームをぐいぐい引っ張るだけの物を見せて欲しい。

3.
ダルビッシュが登録抹消 右肩疲労で先発を1度回避
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/184118.html

ソフトバンク VS 日本ハム 15回戦 2009年08月21日
http://hamutoka.blog5.fc2.com/blog-entry-234.html

昨日、「切れたのが気持ちだけで、怪我してなきゃいいけど」と書いたけど、登録抹消か。
1回飛ばすだけで戻れば良いけど。
長引いても、良くなるまで待って良いと思う。
まだまだ慌てるような状況じゃない。そうやって余裕を見せることで、周囲も落ち着くだろうし。
インフルエンザ感染 今後の対応につきまして
2009年08月18日 (火) | 編集 |
インフルエンザ感染 今後の対応につきまして


思いもしなかった最大の難敵…って事でしょうか。
特に金森は上がってすぐで気の毒だなぁ。

う~ん、これで打ち止めなのか(ハム内で止まるかどうかを含めて)、今後どうなるか全く予想がつかない。

まあ、これ以上にチーム力が求められる事態はそうそうないので、これを乗り越えたとき、また一ランク上のファイターズへ変貌するんじゃないかと、前向きに考えます。

で、こんなときに日本にいないボッツさん…。間が悪いぜ…。

って言うか、インフルエンザはこれからが本番なんで、今年の冬はいつも以上に気をつけないとね。
オリ 一発狙い成功も“つなぐ意識”の差出た…
2009年08月14日 (金) | 編集 |
オリ 一発狙い成功も“つなぐ意識”の差出た…

一振りで1点が入れば、それに越した事は無いんだけどね。
実際、ハムはポコポコ打たれてるんだし。

つなぐ野球が美徳とされるけど、粘ってつないだところで、点が取れる保証はどこにもないから。

「つなぐ意識の差」はチームの攻撃スタイルの違いでしかないけど、守備・走塁に差があったかな。
初戦はカブレラのエラーで勝たせてもらったし。

走塁面では、2戦目のボロ負けの試合でも、稲葉がゲッツー阻止のスライディングをするなど、どの選手も手を抜かずにやっていたのに対して、オリックスの選手は途中で避けるシーンが何度かあった。

カブレラのエラーは雑な印象を受けてしまうし、淡白な走塁もチームの士気を上げる事はない。
(ゲッツーのランナー避けは前から気になっていた。SBが大村を放出したのもこの辺が関係している気がする。)

どちらも改善しようと思えば出来る事で、この辺の意識・姿勢の差が年間を通すと確実に表面化するって事だろう。


野球 16年夏季五輪復活ならず…改善点多く

難しいとは思っていたけど、やっぱり残念。
ちなみに、私は五輪野球はアマチュアが出るべきという考え。
日本ハム VS オリックス 13回戦 2009年08月12日
2009年08月12日 (水) | 編集 |
行こうとも思ったんだけど、須永の投球をテレビで見たかったので。
結果的には行かなくて正解になっちゃったね。

で、悪いとは思わなかったけどね。

ぶつけてしまった動揺を引きずったままドカン。
そして、四球、ドカン。

相手の動揺から一気に得点できるのは、長打力のあるオリックスならでは。
そして、動揺したまま切り替えが出来ないのが、未勝利投手の悲しい性。

東京ドーム、オリックス、須永という要素で、ハムにとっては最悪の化学反応を起こしてしまった。

スウィーニーと入れ替えみたいだけど、どうせすぐ落ちてくるだろうから、その時に再び声が掛かるように、下で結果を出し続けるしかない。

見ていて歯がゆいが、結局は自分で乗り越えるしかないからね。

頑張れ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。