日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム VS オリックス 21回戦 2009年09月29日
2009年09月29日 (火) | 編集 |
光山「怪我が癒えぬ内に小谷野をトリガーとするとは…。梨田監督、飯山が黙っちゃいませんよ」

福良「やはり、あの二発で糸井の覚醒はなったな」
梨田「ああ、我々の計画に辿り着くまで、あと少しだ」

糸井「スレッジ、ヒーローインタビュー譲ってくれて、ありがとう。」
スレッジ「ごめんなさい。日本語分からないの。」
糸井「いいんだ、もう…。これでいいんだ…。」

飯山「なるほど、都合のいい奴ね。やっぱヒーローインタビューが違うからかなぁ…。ヘックシ!」
オリックス VS 日本ハム 20回戦 2009年09月20日
2009年09月20日 (日) | 編集 |
宮西はあの一球は置きに行っちゃったね。
直前の球が暴投気味で、「もう一球スライダーを続ければ打ちに来ないだろう」と思って見てたんだけど、見事に打たれちゃった。
山もスライダーを狙っていた訳じゃないと思うんだけど、棒球がスーッと来たんで上手く反応した感じ。

山は個人的に注目しているんで頑張って欲しいんだけど、今日打たなくても…。
でも、打撃は今年一年でかなり良くなってるね。
フェルナンデスより彼を使っていれば多少は状況も変わってると思うけど、それは無理か。
実績のある外国人を起用しない訳には行かないからね。

で、宮西のタイプが置きに行ったら駄目だよね。
ダイナミックなフォームから、どこに来るか分からない怖さもウリの一つなんだから、置きに行ったら魅力も怖さも半減。
制球力にバラつきがあるのが難点だけど、だからと言って置きに行っちゃあ意味が無いんでね。

まあ、しゃーないわな。
オリックス VS 日本ハム 19回戦 2009年09月19日
2009年09月19日 (土) | 編集 |
はじめから糸数が完投すると思ってました!
ありがとう!
オリックス VS 日本ハム 18回戦 2009年09月18日
2009年09月18日 (金) | 編集 |
今日はあえて八木に苦言を呈したい。

6回2失点だが、6回じゃ駄目なんだよ。
最低あと1回行ってくれないと。

勝ち星が消えてガッカリしてるかもしれないが、この状況はあんたらが仕事をしていないから引き起こされたもの。
ガッカリするなら自分自身にしていただきたい。

まあ、これからも先発6番手を回るつもりなら、勝ち星が消えてガッカリしてればいいけど。

とりあえず試合後のコメントに注目。
「試合は作れた」的なコメントだったらこっちがガッカリ。
「長いイニング行けなくて申し訳ない」なら多少は望みがあるかな。

で、明日は糸数か。
同じ相手に2度目は通用しない事は交流戦からのパターンなんだけどな。

それにしても、吉川を下げて糸数かよ…。
先発がだらしなくて、苦肉の策で上げ下げしてるのは分かるけど、よりによって糸数なの??

上げ下げで谷間が出来るなら、野手を投手枠にしたらどうなの??
野手って言うか飯山だけど。

今は金子の状態が悪いけど二岡がいるし。いざとなったら稲田もいけるでしょ?
春先に二岡が守れないときはほぼ金子オンリーだったんだから、その逆で行けば良いんじゃないの?
試合終盤に二岡を飯山に替える事に意味を見出せないんだけど。

リリーフが相当疲れてるんだから、飯山を出したって今日みたいな展開になる事はこれからもあり得る訳で。

現時点で飯山を上に置いておく優先度はかなり低いと思うんだけどなぁ…。

まあ、明日は糸数が好投して、このエントリーが赤っ恥をかく様な展開になってくれる事を望みます。
そうなってくれないと困るんだよね。
今年は優勝できても、リリーフがパンクしちゃったら意味ないんで。
そんな使い捨てで優勝するチームなんてうんざり。

だからお願いしますよ、糸数さん!!
日本ハム VS ロッテ 23回戦 2009年09月14日
2009年09月14日 (月) | 編集 |
CSで稲葉さんが三振したときの悔しさは、誰も忘れてないと思うんで。

ダルのこの台詞に、胸が締め付けられる思いがした。

彼ほどの実力なら、メジャー挑戦など次のステージを意識する発言があってもいい筈だが、フォアザチームの姿勢に全くぶれがない。

ハムファンとしてはこれ以上ない喜びであるが、ずっとハムに縛り付けていいのかとの思いもある。
もし、彼自身決断するときがくれば、心から応援して送り出してあげたい。

で、結局ダルで連敗が止まった。
ダル以外で止められなかったという事実。
このことを重く受け止める必要がある。

先発投手の質が悪すぎる。
6回、100球前後で降板しても「仕事は出来た」的な発言も散見され、意識レベルも低い。
最低で7回、120球程度は行ける様にならないと、話にならない。

この頃中継ぎ陣が軒並み調子を落としているが、疲労から来るものである事は誰の目にも明らか。
これは彼ら個人の問題ではなく、先発がだらしない、チームの構造的な問題である事も明白だ。

力のない人間にやれと言っても無理であり、これは選手よりも対策を講じなかった球団の責任が重い。
具体的には、外国人投手を補強しなかった姿勢に問題がある。

スウィーニー、ウイングの2人体制でスタートしたが、スウィーニーは内容的に去年の数字がフロックである可能性はかなり高かったし、実際そうなった。
ウイングに至ってはオープン戦すら登板していないと言う有様。

この状況で補強をしないのはどういうことなんだ?

首位を争うホークスは途中加入のオーティズを含めて枠4人をフルに使っているのに、ハムで戦力になっているのはスレッジ一人のみ。

日本ハムの外国人選手
http://www5.nikkansports.com/baseball/hamban/02takayama/20090713_81510.html

このような事情で球団にお金がないのだろうが、だとしたら親会社は身売りすべき。
チームの勝利に最善を尽くせない企業が持っていてもプラスにならない。

お金をかけなくても強くなり、ダルの様なスターが誕生し、観客動員も増えた。
この状況に安堵してもらっちゃ困る。
そんな姿勢だから、名護市にもいつまでもなめられ続けるんだよ。

大体、結局はダル頼みのチームであり、彼が親会社の姿勢に愛想を尽かしたらどうすんの??

それ以上に、さっきも書いたが、チームの勝利に最善を尽くせない親会社には撤退してもらうしかない。
それがプロ球団を持つ責任というものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。