日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム VS 西武 24回戦 2010年09月26日(日)
2010年09月26日 (日) | 編集 |
失望した。
何で小谷野にバントなんだ。

今年の打線を引っ張ってきたのは彼と賢介。
この最後の最後、大一番で何故彼に任せないのか。
小谷野が打てなくても、誰もが納得するだろう。
ここまでの彼の貢献を踏みにじる采配に心底ガッカリだ。
時は流れて…西武は慎重 横浜は「年俸もネック」
2010年09月08日 (水) | 編集 |
時は流れて…西武は慎重 横浜は「年俸もネック」


今のハムに松井を無視する余裕は無いと思うんだが。
金子はもう足が動かないし、今回故障したのも足。
これといった後継もいないし、賢介の動向次第では二遊間がガラッと空くことも。

確かに年俸や、向こうであまりにも打っていない等、不安要素もかなりあることは確かだが、それ以上にショートの人材難は深刻。

で、やっぱり陽を諦めきれない。
順位が確定したらショート陽を試して欲しいんだよね…。

来季布陣は

4田中
9森本
8糸井
5小谷野
3中田
d稲葉
7鵜久森
2大野
6陽

中田の足次第で3と7を入れ替え。
今成が入ればほぼジグザグ。

ってなったらロマンだな。

何はともあれ賢介。
なんとしても残ってもらわないと。

FAした場合はそのお金で松井にアタックすべき。
上げ下げ
2010年09月05日 (日) | 編集 |
8月29日に入れ替え案を書いたが、実際の動きは

■下げ
宮本
カーライル
渡部
岩館
石井
今浪

■上げ
宮西
武田勝
ウルフ
尾崎
須永
佐藤

となっている。
宮西がいなかった事を忘れてた。
で、さすがに終盤だけに入れ替えが激しい。

故障者の予備要員だった渡部、岩館を下げて尾崎を上げたのは妙手。
尾崎なら何処でも守れるし、右の代打としても使える。
捕手転向した事で、使い勝手の良いと言うか、ハム向きの選手になってきた感じ。
少ないチャンスを何とか生かして欲しい。

今浪の代わりに佐藤。
ファーム中継を見たときは稲葉ソックリのフォームで、今浪よりは打てそうな雰囲気がする。
構えが稲葉なだけにね。
このタイミングで坪井を上げないって事は、今年の昇格は無さそう。
ちょっと意外な感じ。

石井の離脱が痛い。
この時期にビハインド時のリリーフが増えても意味無いからね。
増井をリリーフにする手もあるが、先発・リリーフ関係なく微妙だし、それなら須永を置いて左3枚にした方が良いか。
須永にとっては野球人生を左右するかもしれない昇格なので、結果を出すしかない。

増井は恐らく下がるだろう。
2桁勝っている3人とそれ以外の格差が酷すぎる。
上位に迫っていけないのはここが一番の要因。
ダルが抜けたら投手陣崩壊するで。

で、代わりになりそうなのは中村しかおらんな。
高卒ルーキーに頼らざるを得ないとか、他は何しとんねん…。
渡部がいる間だったら吉川を使うって手もあったが、それも博打すぎるわな。
ウルフを含めて、4人には中4日で投げてもらうとか、そういう時期に来てると思う。

とにかく頑張って下さい。
入れ替え案
2010年08月29日 (日) | 編集 |
ここまで来たら優勝目指して頑張って欲しいが、控えの野手の選択肢が無くて困るケースがあるので、入れ替え案を。

・渡部⇔今成
第3の捕手兼、左の代打要員。
捕手に今成を代打に出せば、他の選手を温存もできる。

・今波⇔坪井
左の代打要員。今波はフォーム的に高めの球、速い球を打つのが困難。
代打は試合の終盤での登場が多く、終盤は球の速い投手が出てくるケースが多い。
つまり、今波が代打起用に応える可能性は低い。
内野は陽も出来るし、空いた外野に坪井を起用することも可能。

・宮本⇔鵜久森
右の代打要員。尾崎でも誰でも状態の良い右打者なら可。
石井が上がってきたし、宮本がいなくても特に問題ない。
ただ、宮本は先発投手と入れ替えになりそうか。
去年の先発上げ下げで、上手いことやりくり出来んかね。
ひとりでも多く野手を入れておきたいんだよね。

今月でプロ野球セットを解約するけど、試合を見られなくて残念ってシーズンで締めくくって欲しい。
イースタンリーグ 巨人対日本ハム 2010年7月31日
2010年08月01日 (日) | 編集 |
吉川はかなり良かった。
真っ直ぐに力があったし、制球も安定。
攻め方も良かった。

上だと、真っ直ぐ、カーブ、スライダー、チェンジアップといった感じだが、この日は真っ直ぐ、スライダー、チェンジアップ、カーブといった感じだった。

彼には今日の配球があっていると思う。
彼がどう思っているかは知らないが、自分の人生なのだから、配球を捕手にお任せせず、生きる道を模索していって欲しい。

増井は完璧。
これが自信という奴か。完全に格が違った。
投げた後に大丈夫なら、一度先発してすぐに上がってくるでしょ。

糸数はイマイチ。
上の事情で狂わされている感じがするが、この状況では、下でじっくりとやるべきだろう。
彼の場合、しっかりとフォームを固めておかないと、取り返しの付かない可能性もあるんで。
まあ、代わりに吉川が上で投げたらええやん。

野手では佐藤が目についた。
稲葉そっくりのフォームになったのね。
レガースも同じタイプでしょ。

チームにとっても、彼にとってもいいトレードだったね。
ロッテは選手が多いし、出るのも一苦労だったでしょ。
こういった環境が変わればって選手は沢山いるだろうから、移籍が活発になるといいね。

巨人の育成の林は凄い球を投げてた。
とても育成選手とは思えない。

ただ、その割に左打者には簡単に打たれるし、右打者も嫌がっている感じはなかった。
意外と球が見やすいタイプなのかも。
現状では、上では厳しいだろうね。

支配下選手でも彼以下の実力の選手はゴロゴロいそうだし、実力的にはもっと早く支配下登録されてしかるべき選手。
ただ、現実的に、育成選手に求められるのは「上でやれるかどうか」なんだよね。
上で即使えそうでないと、なかなか支配下登録してもらえない。

評価が低いから育成なのに、求められるハードルは支配下選手より高い。

なんとも矛盾しとるなぁ…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。