日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッテ VS 日本ハム 17回戦 2010年08月11日(水)
2010年08月11日 (水) | 編集 |
中田、送球速い!
さすが150km/h右腕だね。
あの送球を見ると、将来は外野で使いたくなるが、足がどうかね…。
まあ、この先チーム事情がどうなるかなんて分からんし、とりあえず一塁で使っていけば良いんじゃないの?
あと、3塁打が悠々セーフでびっくりした。
センターオーバーでライトが取る形になった事もあるが、きっちりと全力疾走していた証拠。
いいことですな。


中村勝の強みは真っ直ぐで空振りが取れるところ。
ボール2からの真っ直ぐを空振りしてくれるんだから、球質はかなりのものなんだろう。
スライダーもなかなかだし、左打者の外へ逃げる球も使える。

5回を投げて三振が6、フライアウト6、ゴロアウト2。
吉井コーチの言うとおり、飛球で打ち取る投手なのだろう。
他がいないし、上で使っていく事になりそう。
下の連中の発奮材料になってくれれば。


宮西は少し球を隠す様になった。
前はテイクバック時に腕を伸ばしてたんだけどね。
最近試合を見てなかったので、いつからかは知らない。
で、彼と建山はかなり大事に使われている。
他チームなら1イニングずつ行かせるケースが多いが、そういった使い方は殆ど無い。
まあ、2人のどちらかが欠けると、ほぼジ・エンドだからね。
二人が元気な間に石井に戻ってきて欲しいもんです。
野球好き
2010年07月21日 (水) | 編集 |
Jスポーツ野球中継終了時のピッチャー侍の投球フォームがカッコイイ。

日本映画の野球シーンでは、投打ともにフォームに萎えることが多いので、野球映画を作る際には、是非この人を起用してください。
松井稼、ロッキーズとマイナー契約へ
2010年05月25日 (火) | 編集 |
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/headlines/20100525-00000507-sanspo-base?d=0&team=&date=&pg=1&p=

だから初めからロッキーズに残っていれば…とか言ってもしょうがないけど。
今回の選択は彼にとってベストと言えるのでは。
シーズン中に帰ってくるのはいかにも中途半端だし、向こうにしがみついていれば、何が起こるかわからんからね。
それにもちろん、能力的にこのまま終わって欲しくない、終わる選手じゃないと思っているので。
頑張って欲しい…と言うより、是非とも結果を残して欲しい。

で、今回の選択はハムにとっても都合が良かった。
シーズンオフなら賢介の動向次第で動けるからね。
仮にFAしたとして、第2グループの高口、今浪がレギュラーじゃ厳しいし、加藤、杉谷、中島は時期早尚。…というか現時点じゃ判断できんしね。
FAしても参戦しない可能性が高そうだけど…。

ま、今からあれこれ言ってもしょうがないけどね。
テーマ:MLB
ジャンル:スポーツ
<大リーグ>松井稼頭央が戦力外に…アストロズ
2010年05月21日 (金) | 編集 |
<大リーグ>松井稼頭央が戦力外に…アストロズ

http://baseball.yahoo.co.jp/mlb/headlines/20100520-00000063-mai-base

今年の数字は酷いけど、今年に限らず、もっとやれると思っていた。
打率だけなら、イチローの次に成績を残すと思ってたんだけどね。

メッツでは守備面で散々に叩かれ、それが打撃にも影響したのだと思う。

西武時代から身体能力に頼った守備で、守備が上手いタイプとは違ってたからね。
こっちでは抜群の身体能力でも、向こうに行けばそこまでじゃあ…って感じだし。
元々持って生まれたものが違うし、日本は一番上手い子が投手をやるけど、あっちではショートみたいだからね。

ロッキーズに移って本領発揮し始めていたので、「そのまま残留していればなぁ…」とは当時から思ってました!

それと怪我が多いのがね。
メジャーはホントに過酷だから、仕方ないのかな…。

向こうに行ってからの数字を見ると、ここから盛り返すとは考えにくい。
近いうちに日本に戻ってくるんじゃないかな。
こっちならショートも出来るだろうし。

日本に戻るとなれば大型契約になるのは間違いないが、もし不振に陥った際に外しにくいってのが球団にとってはネックだよね。
まあただ、彼の場合内野はどこでも出来るだろうし、割と使いやすいと言えるのかも。
そもそも、内野がきっちり固まっているチームは獲得しないだろうし。

個人的に頑張って欲しい選手なんだけど、日本に戻ってあっさり活躍したら、それはそれで悲しいものがある。NPBファンとして。

まあとにかく、アメリカ結果を残せるよう願っております。
テーマ:MLB
ジャンル:スポーツ
大矢監督休養。事実上の更迭。
2009年05月19日 (火) | 編集 |
「なぜこの時期」というのが一番の感想。
開幕から約1ヶ月。これならなぜ昨年切らなかったのか。

去年の状況を見れば、現在の成績は想定内だったのでは?
しかも開幕直前に村田が故障したし。

大矢監督を続投させたという事は、球団も「チーム成績を急に良化させるのは難しい」と判断したものと思っていたが。
石井琢、鈴木尚を切ったのは若手に切り替えるサインで、切り替えるからには即効性を求めないのが普通だが…。

もちろん、球団が「大矢監督では選手育成も無理だ」と判断したのであれば、解任は妥当だ。
ただ、その場合だと、そもそもなぜ続投させたのかが不明になる。

安定した勝ち星を挙げるのは無理である事を昨年証明しており、だとしたら育成手腕を見込んで続投ではなかったのか。
この2年間を見て育成なら任せられると続投させたのではないのか。
それを1ヶ月で切るとは、そもそも球団の大矢監督の評価は何だったのか。

もし、大矢監督の育成を評価しての続投で無いとしたら、続投させた理由は一体何なのか。

結果が全ての世界で監督の責任が無いとは勿論言わないが、球団がチームをどうしたいのかが全く見えてこない。
テーマ:プロ野球
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。