日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交流戦を振り返りつつ
2008年06月23日 (月) | 編集 |
http://www.sponichi.co.jp/hokkaido/news/2008/06/23/03.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/100440.html

この戦力で良くやったという感じの論調が多いけれど、個人的にはもう少し勝てたかな、と。

結局、8カード連続で1勝1敗だったからね。
しかも、内7カードが初戦を取っているだけに。

ただまあ、今更勝敗を云々言っても仕方ないんだけどね。

この交流戦で一番の収穫は紺田かな。
打撃がホントに良くなった。
シーズン序盤から「彼の中では進歩している」って感じが見て取れたけど、ここまで結果を残してくれたのには驚いた。

地道にやってきたことが実りつつあるってトコかな。
力のある打球を飛ばすなんて、なかなか簡単には行かないだろうからね。

あと、特筆すべきは、セーフティバントの構えをしょっちゅうすることなんだよね。
内野も浅いので、工藤なんかは全くしないんだけど、紺田はお構いなしにするし、成功もしてる。

こうやってバッテリーや内野手を警戒させるのって、すごく大切なことだと思うんだよね。
ランナーが居ればそっちにも気を使わないといけないし、内野が浅ければヒットゾーンも広がるし。

なんとか森本が戻ってくるまでは結果を残して、存在感を保って欲しいね。

反面、糸井は物足りない。
現状では、上でやるには器用さが足りない感じ。
ただ、下で鍛える時期は卒業した選手。
あとは自力で対応していくしかないね。
工藤ともども、森本昇格までサバイバルになりそう。

投手陣では、多田野、宮西が抜群の安定感。

アメリカでの成績を見て、多田野がここまでやるとは…。
彼にとっては、日本のボールやマウンド、そして日本語を話せる環境とかを含めて、日本があってるんだろうね。
日本人だし、当然といえばそれまでだけど。
それと、経験豊富なだけに、試合の流れを読む力に長けているし、度胸があるよね。
素晴らしい。

宮西も今や、結果だけなら武田久以上のものがある。
本来は先発の方が向いている気がするんだけどね。阪神の江草みたいに…。
山本あたりが台頭してくれば、回してあげる事も出来そうだけど、現状ではそうはいかんからね~。
素晴らしい。

気になる点としては、星野がお疲れ気味なことかな。
マウンドに登る時から疲れた顔してるんだもんなぁ~(苦笑)
初の1軍だし大変だと思うけど、ここを乗り越えれば先々の展望も開けるんだけどね。
まあ、現実的には金森と入れ替わることもありそう。

あと、グリンにしっかりしてもらわないと困るんだよね。
今は先発4人で、リーグ戦再開で藤井、武田勝が追加されて6人。
ダルが抜ける時期に代わる投手が居ないのよね。
(八木、吉川に過度の期待をするのはやめた)
それだけに、今の4人にはきっちりローテを全うしてもらわないと困っちゃうのよね。

彼にとっては高橋待ちなのかな…。

で、その高橋だけど、怪我が治れば、捕手は彼中心で行って欲しいんだよね。
そうなると、1塁、DHに小田、スレッジ、ボッツ、(中田、洋平)といろいろとオプションが取れるし。


それとやっぱり、彼の方が相手が嫌がると思うんだよね。
巨人の阿部なんかはやたらと叩かれる運命だけど、それでも阿部とその他だったら、相手からみたら雲泥の差だからね。
まあ、日本代表の捕手と比べるのもアレだけど…。

色々と長くなっちゃったけど、再開後も頑張ってね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。