日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京ヤクルトvs北海道日本ハム 2008年5月28日
2008年05月28日 (水) | 編集 |
鶴岡も大変だね。
毎度の事とはいえ、マウンドからあんなに怒鳴られて。
前回登板時に、ベンチに戻ってきて鶴岡が頭からタオルを被るシーンがあって、色々と神経使って大変そうだね、と思ってしまった。

まあ、ダルもツル相手には遠慮せずに怒鳴れるので、やっぱり良いコンビなのかな。

そのダルは、珍しく点を取ってくれたので戸惑ったのか??
簡単に終わらそうとしたら、打たれて逆に球数が増えてしまった感じ。

今日も真っ直ぐはバラつきが目立ち、右の強打者タイプが少ないので、ツーシームも少な目。
困ったらスライダー、カットボール。
カーブを有効に使えばもう少し楽になった気がする。
あれだけ点を取ってくれたんだから完投して欲しかったけど、まあ、こういう日もあるよね。

その他は箇条書きで。


  • 村田は打席では頑張っていると思うが、守備面では稀哲がいれば…なシーンもあった。まあ、そんな事言っても仕方ないので。稀哲が帰ってきたときに、どんなポジションにいるかが大事。欠かせない存在になれるよう、頑張って欲しいもの。1番が塁に出ると、2番が送って良い形で中軸に回り、得点の確率が上がる。今のハムの得点パターンは殆どこれなので、とにかく塁に出て欲しい。
  • 小谷野が攻守に目立った。タイムリーはともに2死からで、非常に価値がある。数字が悪くても気合が伝わってくるタイプで、応援したくなる選手の一人。彼が定着してくれると、バランスが良くなる。ただ、今日はヤクルトの攻め方にも問題があった。右狙いは明らかなだから、もっと内を意識させないと。村中は右の内角に角度のある球を放れるんだから。
  • 陽が降格。守備がまずい選手が打てないようだと仕方が無い。今期ほどのチャンスはなかなか無いが、結果が出せないのだから仕方が無い。反面、高口にとってはチャンス。2番に定着できれば、ランナー村田でバントする事になり、フェアゾーンにさえ入れれば、大抵成功する。数をこなすことで自信をつけて精度を上げて欲しい。まずは守備固めを送られない選手になるよう頑張って欲しい。
  • 飯山の所に飛んで、一瞬ドキッとした。安心できるようによろしくお願いします。


連敗を2で切り上げたのは大きい。
多田野には、久々の神宮のマウンドを気分良く投げてもらえるよう、打線も早い援護を!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。