日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリックス・コリンズ監督が電撃辞任
2008年05月21日 (水) | 編集 |
う~ん、これは…。
なぜこの時期に、というのが一番かな。
徐々にチーム状況が上向いてきただけにね。

内情はもちろん分からないけど、ちょっと無責任な、という感もある。

今期は開幕前から怪我人が多く、監督としてもどうしようもない部分もあったと思う。

それにしても、オリックスは監督がコロコロと替わっており、中長期的にチーム再編を期待していたはずだったのだが…。
大石代行にはチームを少しでも早く正常化させて、能力次第で中長期的にチームを作っていって欲しいもの。

さて、今日のハム戦。

ダルの交代はありだと思う。
ベストの選択とは思わないが、まあ、ありかな。

中盤以降アップアップだったし、打たれていた中軸に当たる。ダル自体、ここ最近出来が落ちてきているしね。

マイケルがいれば、武田久登板がベストだったが、さすがに星野では荷が重かったか。
内川、ビグビーには力通りキッチリと打たれてしまった。
特に内川はどんな球にも対応できる感じで、野手の正面に飛んでくれるのを待つしかない感じだった。
まあ、それがHRになっちゃう時点でほぼ負けパターンだったんだけどね。

打線がホントによく繋がってくれた。
三浦には6・7回と沈黙してたけど、球自体は落ちてきてたので、8回はチャンスかな、と。
そのチャンスをモノにした攻撃を称えるべきだろう。

さて、工藤はそろそろ下げた方が良いでしょ。
使うにしても9番で。
何度か書いてるけど、落として下で根本的に打撃を変えないと駄目でしょ。
村田と入れ替えてもいい頃だと思うけどね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。