日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本のWBCが終わる…。
2013年03月19日 (火) | 編集 |
鳥谷の盗塁に始まり、盗塁のミスで終わる。
野球の面白さ、奥深さを感じさせる大会だった。

ダブルスチールは面白い作戦だった。
あそこは押せ押せの流れで来ていて、4番打者に任せるのがセオリー。
だが、だからこそ、成功するチャンスもあった。

伏線は阿部の2打席前にあった。

ボテボテの投ゴロだったが、あの打球で左打者がアウトになるなど、通常は有り得ない。
投手が取る前にイレギュラーもしてたし。
膝の状態が相当に悪いんだろう。
当然打撃にも影響があるだろうし、8回の場面で普通に打たせれば、ゲッツーの可能性も高かったはず。
盗塁が決まればゲッツーは無いからね。

と言うかまあ、井端が自重した時点で、相手も警戒するからダブルスチールの線は消えるんだけどね。
内川の猪突猛進ぶりを見ると、「行ってもいい」を「行け」と間違えたのか…??

まあ、試合のトドメを刺したのはあの場面だが、それ以前にしっかりと点を取っておかないと。
チャンスを尽く潰して、追加点を取られ、最後にミスをする。
典型的な負け試合だった。
こんな展開で大会を去るのは残念だ。
負けるにしても、力を出しきって負けて欲しかった。
(まあ、そんな試合はめったにないし、力を出せないのも実力の内だが)

大会を総括し、強いて敗因を上げるなら、捕手・阿部に拘り過ぎた。
膝が悪いことは早い段階から分かっていた訳だし、選考の時点からDHで起用するプランを並行させ、そして実行すべきだった。
マエケンを招集する賭けには勝ったが、やはり特定の選手との心中はすべきではない。
弱小国ならともかく、世界一を狙おうかという戦力があるんだしね。

また4年後か…。
長いな…。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:WBC
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。