日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画レビュー:ステキな金縛り
2012年08月26日 (日) | 編集 |
冴えない女弁護士が主人公のコメディ。

「逆転裁判」を映画化したらこんな感じになるのかな~と思いながら楽しく見た。
にしても、あの決着の付け方は無いわ。
深津絵里と竹内結子のバトルを楽しみにしてたのに、何だよあの何の捻りもない終わり方は…。

「逆転裁判」を知ってる人ほど拍子抜けだろうね。
ゲームなら、あそこから2転3転するわけだし。

尺の問題もあろうが、そう考えると要らないシーンが結構多かったな。
三谷映画は要らないシーンが多いのが特徴でもあるんだけど、それで中身が薄くなるんじゃ本末転倒。
竹内結子を配した意味が無い。
せっかく実力のある人なのに、見せ場なしじゃあなぁ…。

まあ、もう一山まで思いつかなかったんだろうな。
そう考えると、逆転裁判のシナリオは相当なものだって気付かされる。
是非とも映画化してほしいね。
いや、コスプレ映画じゃなくて、裁判というオゴソカな場でトンデモ展開になってしまうオカシサを映像化して欲しい。
トンデモ展開に”する”んじゃなくて、どう転んでもそう”なってしまう”オカシサを…。

それにしても、なぜKANなのか?今の人は知らんだろうに(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。