日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年4月24日の試合。
2008年04月24日 (木) | 編集 |
小田ちゃん。

前の打席で山口の速球にアジャストしていたので期待はしてたけど。
それでも、まさか本塁打とはね。

今日みたいに速球に対応できれば、ここ数年の成績で終わる選手ではない。
それだけに、速球を打った事に大変な価値があり、今後に期待を持たせる結末に。

試合の流れとしては、9回2死1塁カウント1-0から、高橋がライトに軽打してつないだ事が大きかった。
若いカウントだし、ガッツリ行っても良い場面で軽打。
スレッジの状態が上向きなだけに、つなぎの打撃が生きた。

で、1・3塁にになってスレッジの場面。
スレッジと工藤じゃ全然違うので、歩かせるのもアリだと思ったけど。
ただ、満塁にすると押し出しもあるし、一打逆転になってしまう。
やはり難しいところか。

で、7回とその9回の工藤の場面。
どちらかで陽を出して欲しかったね。
今の工藤は上から叩くだけで、野球のスイングになっていない。
ダルの時には守備重視のメンバーで望むんだけど、ホントに打たないんだよね…。

そのダルは、7回くらいでバテたね。
半ば完投を義務化されているし、疲れもたまってきてるでしょ。
そんな中、力を振り絞って9回を投げ切った所は、さすがとしか言いようが無い。

めぐり合わせで良い投手とあたる事が多いけど、もうちょっと打たないと。
特に下位打線は「居る意味あるのか?」って感じだし、投手になめられている。
安打を打つ事以外にも、出来る事は沢山あるはずだ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。