日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
批判会見なぜ?清武代表の声明文「翻意を求めたが聞き入れられず
2011年11月11日 (金) | 編集 |
批判会見なぜ?清武代表の声明文「翻意を求めたが聞き入れられず」

要約すると「ナベツネの思いつきに右往左往するのに疲れた」って事ですかね。
文科省で会見したのも、球団としてではなく、個人的に堪忍袋の緒が切れたので、愚痴りたくなったと。
球団社長も寝耳に水だったみたいで、今後はご希望通りに正式な手続きを経て、解任って形になるのかな。
で、増々ナベツネの思いつき通りに事が運ぶようになる、と。

まー何と言うか、トップダウンで人事が決定されるなんて、どんな組織でもある事だと思うけど…。野球に限らず。

今季の楽天やオリックスのコーチの配置転換なんかは、今回の件と大差ないんじゃ。
巨人に関しては、今までのやり方で投資に見合った結果が出ていないんだし、それを変える意味での強権発動っ事なんじゃないの?

プロ野球なんてオーナーの道楽でもあるんだから、オーナーの思いつきに一喜一憂するのも楽しみ方の一つかと(笑)

で、ナベツネがここまで巨人に情熱を注いでいる事に一番驚いた。
一コーチを直接口説くとか、そこまでやるオーナー(じゃないけど)なんていないよね。
この情熱と行動力、そして豊富な資金力。ファンからしてみたら、オーナー(じゃないけど)の鑑でしょ。
ハムファンだから気楽に言ってますけどねー(笑)

それにしても、プロ野球は話題が尽きなくて面白いな。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:プロ野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。