日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜ベイスターズ TBS、住生活の交渉破談、条件合わず、2010年ドラフト前夜
2010年10月28日 (木) | 編集 |
横浜ベイスターズ TBS、住生活の交渉破談、条件合わず


ガッカリというかショックというか…。

とりあえず、ドラフトで指名予定の選手には、指名してもいいかどうか、確認をしないと駄目だろう。
TBSが球団を保有していく気が無いのは誰の目にも明らかで、そんな会社が何を言っても説得力はゼロ。
「入社してもらいますが、私はもうすぐこの会社を手放します。新社長の方針で勤務地が何処になるかわかりませんし、社長が誰になるかもわかりません。そもそも、会社が存続するかどうかも分かりません」とか、ブラック会社ってレベルじゃねーぞ。

何とか、球団消滅だけは勘弁してほしいが…。
ナベツネがどんなコメントをするかが待たれる。

横浜と新潟。
誰がどう考えても、横浜の方がメリットがある。
にも拘らず、移転の話が出る。
その事自体が異常なのに、自治体や球場に危機感が全く感じられない。
本拠地が被っていたハムとは事情が違うぞ。

全て球団のせいにして被害者面とか呆れて物も言えん。
こんな自治体や球場だから売れなかったとは思わないのだろうか。

交渉破談は野球界にとって深刻な事態。
TBSが投げ出す前に買い手が見つかる保証も無く、球団消滅の不安だけが残った。
また、神奈川からプロ球団が無くなるとすれば、日本球界にとって大きな損失。

球場側の大幅な譲歩が望まれるが、その可能性は低そうだ。
いち野球ファンとして寂しい限り。


さて、明日はドラフト会議。
候補を動画でチェックしたところ、好みなのは大石、沢村、大野、美馬。
外れ1位ではそれなりの人材が残ってそうだが、外れの外れだと流石に差がありそうだ。
2度外れたときのリスクを考えて無難な線に行くか、一番欲しい人材に突っ込むか。
個人的には突っ込んで欲しいが、この駆け引きがドラフト。
指名した人が全員入団して、しっかりと育成して欲しいわ。
最近は高卒投手の育成がさっぱりなので、何とかしてくれないと困るわな。
あと、ファームの打撃コーチはひとりで良いんかいな。
坪井が受諾してたら、巌は解雇だったんか??
ん~…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。