日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010 ファイターズ シーズン回顧 まとめ
2010年10月15日 (金) | 編集 |
振り返ると、開幕直後の抑えの迷走がもう少しまともなら、優勝争いが出来ていたかもしれない。

武田久を早々に見切ったのは良かったが、ウルフもダメだったのが痛かった。
ここで建山を指名していれば状況が違っていたかもしれないが、ま、結果論。

それと、守備の乱れ等、ミスが多かった。
守備面でイマイチだった高橋、小谷野は打撃でも精細を欠いた。

交流戦後に驚異的な勝率で、「優勝争いに加わるか」という所まで来たが、一度勢いが止まると、もう一波が来なかった。

結局は投打ともに駒不足。
レギュラーが不調や故障の際に、先発するのがベンチ要員では苦しい。
大野以外の若手も、我慢して起用して欲しかった感がある。外国人野手がいないシーズンだけにね。

ただ、陽は年間通してコンスタントに使われ、何とかなりそうな段階まで来た。
中田も一時本塁打を量産し、その後パタッと止まったが、これはHR打者にはよくある事。
おかわりだってT岡田だってその過程を経てきている訳で、中田にもそれを期待するしかない。
もう一人期待した鵜久森は、消化不良のシーズンだった。
起用され始めてすぐに故障し、治ったらチームが上昇しはじめて、彼を試す余裕がなくなっていた。
運が悪かったが、運の善し悪しもプロ野球選手には重要なこと。
少ないチャンスだろうがなんだろうが、アピールし続け、来年は運を味方に付けて欲しい。

主力は稲葉、金子がやばい段階に入ってきた。
稲葉はDHが主になりそう。
二岡も故障が治ればまだまだやれそうだし、状態の良い選手を起用していけば、それなりになりそうだ。

ただ、金子はもう足が動かない。
それ以上に深刻なのが、後釜の目処が全く立っていないこと。
ショート失格の烙印を押されて外野に行ったのに、そんな陽を未だに兼任させている事からも、人材が居ないことを窺わせる。
賢介コンバート、松井稼頭央や外国人獲得などの手を打たないとどうにもならんと思うが、現実的には飯山、高口などで回すことになるのだろう…。
ハァ…。
トレードがあるとすればこのポジションだが、出しまくって駒が無いな…。

小谷野は成長して、狙って長打を打てる選手になった。
まさかここまで変わるとは。
今年一番成長した野手だろう。

ただ、彼を支える為にも、中田に一日も早く独り立ちしてもらい、糸井もムラッ気を少なくして、対左の数字を上げて3番を打てる様になって欲しい。
と言うか、糸井はそうならんと困る。

捕手は大野が順調に成長しており、もうちょいの所まで来ている様に思う。
彼の打撃が安定してくれれば、ショートがアレでも多少我慢出来るんだが…。
いや、ショートはショートである程度打ってもらわないと困るな。
低レベルに慣れて、妥協しちゃいかん。


先発投手はダル・武田勝・ケッペルが2桁勝利を挙げ、終盤はウルフも安定した投球を見せた。
だが、それ以外がほぼ5回持たないのでは話にならない。
今の2人が来季も働くことを前提に、もう一人当たりの外国人投手を連れてこないと厳しい。
ダルが抜けたら知らんわ。

リリーフは武田久が抑えでは不安だ。
普通に考えれば、宮西で良いと思う。林、石井と2人いる訳だし。
ただまあ、現実的には久で行くのだろうなぁ。

建山が抜けるし、榊原級の新戦力が出てこないと厳しいが、そう都合よく行かねーよ。

ダルが抜けたら知らん。


考えれば考えるほど、層が薄い。
育成すると言えば聞こえがいいが、限界がある。補強するところはしっかりとしないと。
「選手は成長しました♪」とか言っても、他球団に劣るチーム編成では意味が無い。

全ての年に優勝するのは無理なので、今年の様に育成メインの年があっても良いと思う。
が、それを続けて許されるチーム・リーグではない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ノーベル化学賞 鈴木章博士
鈴木章博士はししゃもは好きではないが

北海道日ハムは大好き!
2010/10/16(Sat) 19:07 | URL  | 日ハムは北海道 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。