日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム VS 広島 3回戦 2010年06月01日(火)
2010年06月02日 (水) | 編集 |
チャンスはあったけど、あと一本が出ず。
負けるときはこんなものと言ってはそれまでだが、今季はずっとこのパータンであり、チームに構造的な欠陥があると見るのが妥当なところ。

まあ、そんな勿体付けた言い方などせず、単に長打が無いだけなんだけど。
連打なんてそうそう繋がらない。

過去の例を見ても、長打が無くて安定した強さを誇ったチームは思い浮かばない。

去年は何故か相手のエラーが絡んだりしたし、西武、ソフトバンクが勝手にこけて、かなりラッキーなシーズンだったことを自覚しないといけない。
去年の姿を追い求め「繋ぐ野球」を目指したところで、相当なラッキーが無い限り、良い結果を得るのは無理。

今日の負けで交流戦の優勝もほぼ無理になった。(多分)
ここらがいいきっかけだろう。
今こそチームを作り直さなければならない。
梨田監督には、かのプランシー神父の名言を贈りたい。

「おのれを棄てろ…、
大義のためのいしずえとなれ……
現実をきちんと見すえて、
よりよい選択肢をえらぶのだ…。
おまえは…… 次の世代のために
道をつくるだけでよい………
それを… 忘れるな……



陽にやっと一発。
結果は出なくとも、ずっと内容は悪くなかったのでこれをきっかけにして欲しい。
と言うか、いい加減しないと駄目だろ。
ベンチで喜んでいた糸井にも最後に出ると良かったんだけど、まあ、それはしょうがないか。

稲葉の状態とは無関係に、ここらで腹をくくって使い続けて欲しい。
何度か書いているけど、稲葉は外野をやらせずに一塁かDHで。
それが選手寿命を延ばすことにも繋がると思うんだけどね。



今日は継投が尽く失敗。
まあ、そういう日もあるから仕方がない。
ただ、林には1イニング任せて欲しかった。
翌日マエケンで必死で勝ちに行ったのは分かるけどさ、それでも1イニング行かせて欲しかった。



森本の3塁打。
バックスクリーン直撃の当たりを見たのはいつ以来か。(…初めて??)
彼の身体能力なら、こういった打球がもっともっともっともっともっともっと無いといけないんだけど。
「レアな物を見てしまった」って感想なのが悲しい。



早く鵜久森上がってこないかね~。
でも、下でもDHか外野なのがね。
将来を考えても、彼はやはり一塁だろう。
(中田の足がどうなるか分からんけど)

今年の高橋は一塁で固定出来る数字じゃないし、今年の内にある程度の打席を与えて欲しいんだよね。
頼みますよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。