日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッテ VS 日本ハム 9回戦 2010年05月05日(水)
2010年05月05日 (水) | 編集 |
9回しか見てないんだが、まさか陽を使っていないとは思わなかった…。
扱いが飯山や紺田と同じやん。
ホントに育てる気がないんだな…。
ケッペル-香月で勝ったところで「だから何?」
相手だって痛くも痒くもないわ。

1994年のシーズンとだぶる。
ビリだったのにベテランばっかり使って、夢も希望もないつまらん1年だった。
次が上田監督じゃなかったら一体どうなっていたことか…。

■陽の最近の成績

4月29日 3-0
5月1日 3-2
5月2日 1-1(9回裏、代打で出場)
5月3日 打席なし
5月4日 打席なし
5月5日 打席なし

5月1日、2日と結果を出してようやく上向きになってきた所で、3日間打席なし。
勝率.306のチームが選手育成もせず、なんの意味があるの??
これで次の先発機会に結果を出せなかったら、チャンスを活かしていないとか言うのだろうか??

■中田の降格直前の成績

4月14日 3-1
4月15日 4-1(今季初長打)
4月16日 2-0(対涌井。6-2の7回表、3打席目に代打森本)
以降出場なし

ちなみに中田はこんな感じ。
4月15日の2塁打はいい感じだったが、次の試合涌井を打てなくて交代とか。
主力でさえ打てないのに、一体若い選手に何を求めてるんだよ…。
しかも、その後出番なしとか…。

降格させる前に、高橋と競争させる位はあっても良かったのでは。
高橋が復調したところで、20本打つとは誰も思っちゃいないし。
つなぎの野球とか言うけど、一発の前にはあまりに無力。
一発のある選手を作っていかないと、何時まで経ってもジリ貧のままやで。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。