日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プライド:第24回映画レビュー
2010年04月04日 (日) | 編集 |
オペラ歌手を目指す2人の音大生。オペラ歌手を母に持ちお嬢様育ちの史緒と、母親が飲んだくれで貧しい萌。激しくぶつかる2人の物語。
少女漫画が原作との事で、とにかくドロドロ。
いいぞ、もっとやれ!
…と下らない冗談を言っている場合ではなく、ホントに目が離せない。

序盤から史緒に対して嫉妬心むき出しの萌と、萌に逆恨みされる事で自身を見つめ直す史緒。
そんな二人から目が離せない。

特に萌役の満島ひかりが凄まじい。
普通の役はもう回ってこないんじゃないかと思うほどに、裏表があって激し過ぎる萌を演じている。

及川光博のレコード会社副社長もハマリ役。
彼のキザで感情を表に出さない特徴がピタリとハマった。
ここまでマッチしたのは初めて見た。

ジョン・カビラの大根ぶりには吹いたけど。(笑)
声はいいのに勿体無い…。

で、二人が初めてデュエットするシーンは敵対心がほとばしりまくって、画面を通して見ているだけなのに、めちゃめちゃハラハラした。
歌唱シーンでこんなの初めて!

この場面に限らず、クライマックスやエンドロールなど、歌の持つ力に圧倒される。

また、プライドを捨てて何でもやる萌に対し、最後の最後に彼女のプライドをくすぐる史緒。
この展開もツボ。
恥ずかしがらずに、プッと吹き出してしまう演出をやり通した監督も評価したい。

歌にゾクゾクし、物語にニヤリとさせられる。
感情を揺さぶられ続ける2時間7分だった。

歌の映画が好きですが、その中でも大のお気に入りになりました。





【DVD】プライド


プライド

監督:金子修介

2008年日本

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。