日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム VS ソフトバンク 2回戦 2010年03月21日(日)
2010年03月21日 (日) | 編集 |
昨日といい今日といい、満塁できっちり点が取れないとこうなるわな。
特に今日は、9回に点を取って摂津に負けを付けないといけない試合だった。

今日の摂津は真っ直ぐに力がないし変化球は引っ掛かって、去年の疲れがあるのかと不安になる内容。
おそらく本人も不安いっぱいだったはず。
ハムとしてはそこに付けこまないといけない。
内容は伴わなくとも、結果を出せば自信をつけていく。
(去年の金森がそれだった。)

昨日も今日もソフトバンクはSBMしかリリーフを使っていない。
開幕早々摂津に負けをつければ、チームの戦い方そのものに影響を与える事が出来る…かもしれない。
今日はミスミスそのチャンスを逃し、逆にハムはクローザーが打たれる始末。

武田久は抑え以外では使いどころの難しい投手だし、やってくれないと困るんだけどな…。
駄目でも梨田監督は配置転換をしないだろうし。


1.
江尻が出てきた瞬間に負けを覚悟したハムファンは多いはず。
何故江尻なんだ。
ブルペンで一番不安定な投手を何故あの場面で使うのか理解できない。

あ~、采配に不満を覚えるこの感覚、久しく忘れていたのに思い出してしまった…。

ダルは完投させるのに、藤井にしろ武田勝にしろスパッと替えすぎだろ。
その日の状況を加味せず、「オレルール」で選手起用するなら素人でも出来るわ。
それにあれだけ好投している投手の後じゃ、リリーフもやりにくいだろうし、相手も喜ぶしで、しかも江尻。

武田勝にとっては開幕戦だし、チームにとっても開幕2戦目を任せた投手なんだから、きちっとしたところまで投げさせるべきだろう。

ま、武田勝より江尻を信頼してるってのなら何も言わんけど。


2.
左対左でインコースのスライダーを要求するなど、大野はハム捕手陣の中では斬新な配球をする。
全体的にインコースの使い方が上手いし、打撃もリストが強い。
彼メインで行って欲しいね。


3.
高橋の打席がひどい。
去年よりは長打を打ちたい感じが伝わってくるが、結局は短打狙いに落ち着きそう。
4番がそれじゃ、ものたりないんだけどな。

鵜久森は下で1塁をやって欲しいなぁ。
中田ばかりが目立つけど、鵜久森も下にいる選手じゃないし、T-岡田くらい注目されておかしくない選手。
チャンスは必ず来るので頑張って欲しいね。

4.
建山は投球時の傾きが少なくなって、上手投げにやや近くなった印象。
真っ直ぐの威力が多少増したのかな??


5.
ウルフは球が重そうだが、時折浮くのが怖い。
変化球は大した事なさそう。
あと、首振りすぎ。そんなに球種あるのかよ(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。