日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スラムドッグ$ミリオネア:第22回映画レビュー
2010年03月11日 (木) | 編集 |
インドの人が見たら怒るんじゃないかな?
「ふーん」って感じだったら怖いけど…。

ジャマールの生い立ちと変わりゆくインドを描いていて、外国人にとってとても興味を惹く内容になっている。
コールセンターってのが、いい所を付いてるよね。

壮絶すぎる人生を歩み、ジャマール、サリーム(兄)、ラティカ(初恋相手)が三者三様の生き様を見せるところも見所の一つ。
「愛がある」と言われて「だから何?」とラティカが言い放つシーンは凄かった。
それまでの過程を見てきただけに、説得力があってずしりと来る。

疾走感にあふれ、最初から最後まで全くダレずに構成した、演出の手腕も見事。
久々に良いものを見たなぁ。

最後の踊りはどうかと思うけど!
いくらインドとはいえ、余韻に浸っている時にアレはないでしょ~。





【DVD】スラムドッグ$ミリオネア


スラムドッグ$ミリオネア

監督:ダニー・ボイル

2008年イギリス

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。