日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
崖の上のポニョ:第21回映画レビュー
2010年02月06日 (土) | 編集 |
これって、映画でやる必要があるの?
教育テレビでやれば良いんじゃないの?

2人の物語以外に全く中身が無い。
設定の伏線が全く回収されず、考察の余地と言うより、これでは回収する気ゼロで放置している印象しか受けない。
こんなやる気の無いものを見せられる身にもなってくれよ…。

とりあえず、設定以外で何か意図があると思われる部分について触れてみる。

ポニョが宗介に近づこうとする程に人の居住環境に悪影響が出るので、人と自然の接し方について話をふくらませるのかと思いきや、まさかのオールスルー。

小舟の若夫婦とのやりとりに何かメッセージがあるのかと思いきや、全く感じられなかった。
女性声優や女児に「おっぱい」と言わせたかっただけじゃないかと。
(私が「おっぱい」と書きたかったからこのシーンを挙げたのでは断じて無いッ)

序盤の汚い海とポニョ襲来以降の澄んだ水。
何か意味があるんだろうけど…。
もう考えるのも面倒くさいわ!

劇場公開の尺に合わせる為、ちょちょいと付け加えて映画にして大儲け。
これこそポニョの魔法。
この魔力を分けて欲しいわ。ホントに…。

さて、今作は写実的な表現よりも、思い切ったデフォルメを強調している。
これは絵本的な内容に即したのは勿論だが、従来の表現に限界を感じたってのもあると思う。
正直「ウォーリー」あたりを見ると、同じ方向性では勝てっこないのは誰が見ても明らか。
今回は内容も遠く及ばないし。

ジブリは後継者育成が急務だと感じざるを得ない。
これを見ると「ゲド戦記」を作った理由が分かる。後継者選びは失敗だったみたいだけどね…。

皮肉ぬきに、ジブリには後継者をしっかりと作って欲しい。
後継者って言うより、中心人物が複数いる形のほうが良いと思うけど。
まあ形式はともかく、ジブリがしっかりしてくれないと困るんだよね。
未だに一般人が見るアニメってジブリだけだから。
ジブリがこけて、世間とアニメがこれ以上隔離するのは嫌だなぁ。

ちなみに私はTVアニメを見ない人です。





【DVD】崖の上のポニョ


崖の上のポニョ

監督:宮崎駿

2008年日本

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:崖の上のポニョ
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。