日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラフト会議2009
2009年10月29日 (木) | 編集 |
ドラフト会議2009 指名選手一覧


菊池は西武か…。
想定していた最悪のシナリオだ…。

西武は投手さえ整備されれば独走する可能性が十分ある。

このチームの強みは外国人抜きでチーム作りされている点で、外国人選手が機能すると手がつけられなくなる。
実際、去年はどのチームもついていく事すら出来なかった。

ここに菊池が加入してチーム力が底上げされたら…。

黄金時代の再来もあるで。

パ・リーグに来てくれた事は嬉しいんだけどね…。


さて、ハムの指名を見てみると、まず目玉以外の高卒投手は博打なので、1・4位の2人は戦力になれば儲けもの。
その分、2・5位の2人に期待がかかる。

特に大塚はスタミナのある先発タイプらしいので、ハムの一番のウィークポイントに合致しており期待大。
増井は大卒社会人なので、3年以内に何とかしたい所。

ショートは金子と二岡であと2年は行けそうだけど、次代の高口(26)、今浪(25)は年齢と実力の比較から見て物足りない。中島、杉谷との年齢バランスを考えても、大卒の加藤の指名は良い指名と言えるのでは。
折り返しの3位、近大・荒木が残っている中での指名で、ハム的にはかなり欲しい選手だったのだろう。

高橋が捕手をやるのは厳しそうで、中嶋もバックアップ要員。ファームでは捕手が尾崎しかいなかった時期もあったようで、荒張の指名は単純に数あわせだろう。
四国リーグの選手なら契約金を安く出来るし、1・2年で切られるケースも少なくない。
相当頑張らないと、戦力とみなされないまま終了の可能性もある。
まあ、ハムは下位指名の高橋、鶴岡が一軍に定着しており、何とかアピールして活路を見出して欲しいところ。

大塚、加藤、増井の3人がどれだけやれるかだね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。