日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パ・リーグCS 2ndステージ 日本ハム VS 楽天 2回戦 2009年10月22日
2009年10月22日 (木) | 編集 |
6回、1死1・3塁で併殺に取った場面。

あの場面でセカンド併殺を狙った小谷野の判断がすばらしい。
前にも同じ事を書いたけど、また書いちゃう。

6回で1-1の同点。左打者。相手が岩隈という場面であの選択が出来るのがハムの強さ。
打球が飛んでくるまでの準備がいかに出来ているか、それが分かる場面で嬉しかった。

…と悦に入っていたら鶴岡の送球に萎えた。
一塁くらいちゃんと投げろや。

無事に済んで、ベンチで稲葉、金子に指摘されている後ろで飯山が笑ってたけど、笑ってる場合ですか??

まあ、今年の飯山はネタ要員だからどうでも良いや。


1.
山は糸数に全くあってなかったね。
甘い球のオンパレードだったけど、ことごとくミス。
今日は要所で彼の所に回ってきて、ハッキリ言って運が良かった。

2.
金森はどんな場面でも動じる素振りを見せないのが良い。
環境が人を育てるとはまさにこの事。
今年出始めた頃は結果オーライで無失点ってケースが多かったけど、結果が出るにつれて内容も伴うようになってきた。
人間がやる事だから、メンタルが占める割合って大きいよね。
球自体はそこまで凄い訳じゃないんで、必ず壁が来ると思う。
でも、それを乗り越えたとき、チームの軸となってくれているはず。
宮西が今、その時期かな…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。