日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広島 VS 日本ハム 3回戦 2009年06月20日
2009年06月20日 (土) | 編集 |
ダルは今年見た中では一番だったかな。
まとまっていたので球数も少なく済んだ
打球が当たらなければ完投してたんじゃないかな。
ダルに離脱されたらジ・エンドなので、かなり大事に使っている。
ただ、ダルの後に「劣化ダル」の菊地ってリレーは…。
下位打線で助かったけど、宮西とか林とか、違うタイプにすべきでは。

1.
高橋の1本目のタイムリーは、すり足にしてタイミングを上手く修正できた。
小谷野も結果を出して、やはり右の2人が活躍すると打線が繋がる。
だからこそ、小谷野を大事に使って欲しいんだよね。
いつもいつも、しつこくて申し訳ないんだけど。

2.
7回の賢介、糸井のヒットエンドランの場面。
ショート後方の打球で、賢介が躊躇無く3塁まで行ったのが大きかった。
あれで1・3塁になって、糸井盗塁で2・3塁。
おかげで高橋のシングルで2点取れた。
非常にソツのない攻めが出来だ。
今日は完勝と言って良いのでは。

3.
今日は左が先発だったけど、1~3番は左打者。
これで良いと思う。
この3人は相手の右左でどうこうって選手じゃないし、糸井は絶対に上位に置いた方が良い。
今日はダルだったからバントさせたけど、基本的には小笠原みたいな2番になって欲しい。
あの頃の小笠原は盗塁も出来たし。
まあ、広島は左のリリーフが一人しかいないので、3人を並べ易かっただろうね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。