日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武 VS 日本ハム 1回戦 2009年04月17日
2009年04月17日 (金) | 編集 |
ダルは立ち上がりは外の真っ直ぐとスライダー、2巡目からツーシームを使う組み立て。
ただ、ツーシームが引っ掛かって全く制球がつかなかった。
が、逆にフォークは上手い具合に引っ掛かって良い所に決まった。浮いたフォークは一球も無かったんじゃないの?
試合の中で取捨選択出来るのが、超一流たる所以の一つですな。

全体的にはボール球が多くて、そんなに良くなかった。
とは言っても、甘い球が少なかったし、何より球に力があるからね。流石ですな。

武田久は真っ直ぐがビシビシ決まっていて、今日は良かった。
(中村が打ち損じてくれたのもありがたかった)
やっぱり、登板過多になりにくい抑えが向いてそうだね。
昨年相性の悪かった西武相手にスンナリ締めてくれたのも良かった。

打つ方は相変わらず凄いね。
(もう一本欲しかったけど。)
特に小谷野が凄い。ヒットに出来るバリエーションが多彩。
守備での貢献度も高いし、年々存在感が増してきている。

ただ、スレッジがちょっと落ちてきたかな。
開幕から外の球を逆らわずに打ってきたけど、ここに来て内側を攻められて詰まった打球が目立ってきた。
これで内を意識しすぎて、打てていた外も打てなくなると困っちゃう。

まあ、スレッジに限らず、今のまま打ち続けることは不可能。
打てない時にどう試合を拾っていくか。
打てている今のうちに、色々と整備していかんといかんね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。