日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム VS ロッテ 1回戦 2009年04月07日
2009年04月07日 (火) | 編集 |
8回裏、5-1、2死1塁、打者陽の場面で代打高橋。
ここに梨田監督の厳しさを見た。
一つも勝っていないからなのか、今年の方針を表現したのか。

今までのハムは少しリードするとひたすら守りに入った。
その結果、投手が疲弊し今日に至った訳だが、今日は8回に稲葉が出塁しても替えなかったし、追加点を取りに行く姿勢が伺えた。

今年は点を取らないと勝てない。
この姿勢を1年間貫いて欲しい。

今は高橋、鶴岡ともに打撃の状態が良いので、二岡、ヒメネス、小谷野がそこそこなら打線に切れ目がなくなる。
二岡は放っておいても結果を出すだろうし、小谷野も出場すれば去年くらいはやるだろう。
問題はヒメネス。
今日見た感じだと、変化球にかなり意識がある様子。なので、真っ直ぐも差し込まれている。
元々ポイントが近い打者だと思うが、その割りに変化球が待ちきれないケースが目立つ。
このあたりが2Aの打者って事かもしれない。
変化球を2、3本打てば相手の攻めも変わってくるかもしれないが、もうちょい様子見かな。

前にも書いたけど、二岡が守れるようになればバリエーションが増えるし、それまで離れない程度について行ければいいよ。

今日の多田野は1点に抑えたけど、良い当たりが正面を突いたりして運も良かった。
まあ、一つ勝ったことで余裕が生まれるのは良い事でしょ。
今日もボークを取られたけど、セットに入る時に大げさに止めたりして「止めてますよ」とアピール出来ていたのは良かった。
逆に唐川の方が止まっていない感じがしたけどね。

ただ、こればっかりは審判の主観だからねえ。
走者を全く見ずに投げるのも、止めていない印象をもたれる要因だろう。
ボークはホントにもったいないので、何とかしないとね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。