日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC決勝 韓国 vs. 日本 2009年3月24日
2009年03月24日 (火) | 編集 |
なんちゅう自作自演。

点を取るべき場面で取れずにグダグダな展開で、9回にきっちり追いつかれる。
で、延長戦で今大会のグダグダキング・イチローが決めて勝利。

漫画もびっくりの脚本だわ。

それにしても、イチローさん。
なんなの、この人。
今まで散々足を引っ張っておいて、最後においしいところ独り占めとか…。
本物のスーパースターだわ。
愛してる!!

試合のポイントは色々あるけど、ハムファン的には内川に守備固めを出さなかった事に注目。
ファインプレーがあったし、画面を通しても気迫が伝わってきたので替えるには惜しい展開だったけど、ハム野球だったら替えてただろうね。
でも、替えずにいた事が最後に功を奏した。

この展開を見て、接戦での守備固めは有効な作戦といえるのだろうかと考えさせられた。
さすがに6陽→金子なら替えるべきだと思うが、

5小谷野
3高橋

3小谷野
5稲田

なんて全く意味無いからね。
終盤に守備固めに無駄な打席を与えるなら、点差を広げる努力をしろといつも思うんだよね。
まあ、去年のハムは点を取りたくても取れないからね…。
今年は抑えが未知数だし、攻撃的に動いてくれるでしょう。

あとは杉内の替え時。
今大会で最も安定した投手に対して、アレはないんじゃないかと思った。
それに杉内はダルよりもずっと場数を踏んだ投手。
しかも結果的に追いつかれるし…。
あのまま負けていたら、大きなしこりが残ったんじゃないかな。
勝った事でいろんな人が救われて良かったわ。

まあでも、負けるとはあまり思わなかったけどね。
韓国が早めに仕掛ける展開で投打ともに手駒が少なくなってきてたし、ダルは尻上がりに良くなるだろうから、ダルが投げてる間に点を取れば勝つだろう、と。
タイブレークになる前に決めてくれて良かったわ。

で、そのダル。
ストライクが入らない投手が悪いのはもちろんなんだけど、配球にも問題ありだなぁ。
ダルに外スラの出し入れさせてもなぁ…。
彼はインハイ・アウトローの対角線で攻めるのが基本線。
内に行きづらい気持ちも分かるが、ダルの球ならぶつける心配はあっても、インハイを長打される事はそんなに考えなくても良いと思うんだよね。少なくとも、カウントを悪くしてスライダーを打たれるよりは。
まあ、ストライク投げらんないだから、投手の問題なんだけどね。

対して、岩隈は大会を通して安定していた。
どの球種もきちんと制球されていたので、組み立てが非常に楽だったのでは。
MVPの松坂にも決して劣らない働きぶりだった。

日本の投手の質を再認識できた大会だったが、やはり野手は不満が残る。
日本は1~3番タイプの好打者は多いが、4・5番、返す人に苦労した。
スラッガーは天性の占める割合が大きいだろうが、それでも、球界全体でホームランバッターを育成していく流れにする必要がある。

それにしてもまあ、これからシーズンインだけど、正直おなか一杯だわ。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:WBC
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。