日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC 1次ラウンドA組 ゲーム6(決勝)日本 vs. 韓国 2009年3月9日
2009年03月09日 (月) | 編集 |
気がついた事を箇条書きで。


1-0の割には締まらない試合だった。
日本は与四球が多いし、韓国は走塁ミスが目立った。
良い投手が見られたので、その点は満足。
韓国がミスで流れを手放しているだけに、勝たなければいけない試合だった。
相手投手の力量が上回ったとも言えるが。


馬原の場面は渡辺俊介だと思ってた。
2次ラウンドを見越しての俊介温存かと思ったが、それだと8回のダル投入に疑問符がつく。
単純に馬原の信頼度が上って事か?
ただ、今日の結果を見る限り、抑えの2枚は不安が残る。
特に藤川はかなり怖い。


奉重根は変化球が特に良いとは思わなかった。
困ったら真っ直ぐという配球だったが、その真っ直ぐに最後まで差し込まれていた。
真っ直ぐを捉えた選手は一人もいなかったのでは。(福留がまあまあだったくらいか。)
相手が良かったと言えばそれまでだが、代表レベルでこれでは情けないと言わざるを得ない。


岩隈は良かった。
2安打はともにシュートだが、悪い球ではなかった。
最初のは上手くおっつけて、小兵のお手本と言える打ち方。2本目は低く来た分、距離が取れて安打になった。
飛ばして多少バテたが、これで球数制限下でのペース配分もつかめたはず。
ローテ的に難しそうだが、先発は彼を軸に考えるのが良いと思う。


中島にバントの場面は、バントの構えでイチローにスタートを切らせて欲しかった。
林昌勇は足を上げて投げており、今日の感じだと2・3番が最も期待できるラインだっただけに、ギャンブルする価値があったと思う。


相手投手が良いと、なかなか打線が繋がらない。
3番青木は好調をキープしており、4番は村田で良いと思うが、5番をどうするか。福留の状態が上がってきているので、彼が打ってくれると良いんだけど。
当初の構想よりも、状態を見極めて柔軟に対処して欲しい。


打者の国際競争力を高める意味でも、プロ野球のストライクゾーンは広く取るべきだと思う。
2次ラウンドは今日の韓国戦よりは打てると思うけどね。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:WBC
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。