日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリックスvs北海道日本ハム 2008年8月30日の試合。
2008年08月30日 (土) | 編集 |
菊地は、清原に真っ直ぐで勝負して欲しかったね。
彼に真っ直ぐ勝負で打たれても、首脳陣からの評価が下がる事は無いだろうし、何より抑えれば自信になる。

今の清原はひざが相当悪そうだね。
変化球が全く待てない。
接戦では使えないので、点差が開いた場面で相手の好意を待つ感じか。

それにしても、ヒーローインタビューでの山本は自信たっぷり。
完全になめられてますな。
まあ、その通りの結果なので、なめられても仕方ない。

今やハムは、CSに滑り込んで一発勝負に賭けるチームじゃなくて、完全優勝を目指すチーム。
それだけに優勝が無理となった今、育成モード全開で行って欲しいんだが、まあ無理だね。

CSを勝ち抜く事よりも、ペナントを逸した原因を解決していかないとならないんだが、育成と割り切るのは難しいシステムやね。
それだけに、シーズンオフでどれだけ解決するかが鍵なんだが、育成という名の下に、何もしないチーム方針だからね…。

なので、優勝が無理な時点でチーム全体で育成モードに入って欲しいんだけどね。
首脳陣の査定も、どれだけ選手を育成できたかに切り替えて。
周囲に何と言われようが、「それが私のやり方ですから」って感じで。
まあ、無理なのは分かっちゃいるけど。

それと書いていて思ったんだけど、ある程度勝負にこだわらないと、良い選手には育ってくれない面もあるからなぁ。
やっぱり、勝ちながら育成するしかないのか。難しいけど。

とりあえず高橋は捕手で一本化して欲しい。(内野を守らせない)
配球面で注文があるなら、監督自らが教育して欲しい。
中嶋は選手兼任だし、遠慮せずにやって欲しいんだけどね。

残りのシーズン、鶴岡の打力向上に期待しつつ守備を固めるよりも、高橋の守備面を鍛えていった方が意味があると思うんだがね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。