日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京五輪 準決勝 日本vs韓国
2008年08月22日 (金) | 編集 |
星野監督「選手はいいゲームをしてくれた」野球日本代表・試合後会見

>負けたんだから敗因はどこかにあるんでしょうが、今さら敗因を言ってもしょうがない。そういうものの考え方をしていますから、あそこがどうのこうのとは言いたくない。
>それは私のやり方ですから。

とか、思考が停止した人に監督をさせたことが間違い。

4回のピンチに川上を投入し、5回も続投(個人的には4回で替えると思った)。
6回は成瀬で、彼を2イニング、8回藤川、9回上原かと思ってた。

が、成瀬1イニングで、789は「戦前の方程式」で行ってしまった。

岩瀬が必要になる長丁場ならともかく、負けたら終わりの試合で「私のやり方」に拘るとは…。
信頼できる投手が彼しかいないのならともかく、結果を出している投手が沢山控えているのに…。

ダルがずっとベンチにおり、延長でもない限り登板の予定が無かったのだろう。
明日が無い戦いで、明日に控えて待機ですか。ふ~ん。

監督は自分の責任とか言うけど、この大一番に状態が悪くて打たれた選手が、2度と立ち直れなかったらどうすんの??
実際に森田、与田と潰してるのに、その事は全く反省してないんですか??

口で言うのは簡単だけど、実際にどんな責任のとり方をするんですか??

また、今日は西岡、青木が5回出塁したが、動きがあったのは3回の打者新井、走者青木のランエンドヒットの一度のみ。
実況でもあったとおり、金広鉉は明らかに牽制が苦手だったのに、走者が出てから攻めきれなかった。
結局、動きがあったのは大勝した中国戦のみ。
楽勝の試合でどんなに上手い攻撃をしたところで、接戦で出来なければ何の価値もない。

今日も走者が出たら荒木に二度の送りバント。
バントを失敗したら打者に責任が向けられるが、盗塁・エンドランは首脳陣にその矛先が向けられる。
「自分の責任」とか言うくせに、責任を取りたくないんでしょ。
クリーンナップに期待して任せると言えば聞こえが良いが、単に決断力が無いだけ。

韓国が前回岩瀬に左の代打をぶつけたり、今回も主砲に代走を出して勝負に出たのに対して、日本は何にもなし。
状況を把握せずに、脳内投手リレーに拘る始末。

カチコチになっている選手に「お前に任せた」とか言っても、余計にプレッシャーが掛かるだけ。
エンドランで無理矢理打たせるなどして、首脳陣が責任を被るシーンを全く作らず、凡打は全て打者のせい。
これで結果を出せる筈がない。

短期決戦全敗男にやらせた事が全ての間違いだが、ここまで酷いとは…。

さらに、限られたメンバーの中で、宮本を効果的に使えなかった。
彼はチームのまとめ役、精神的支柱なのかもしれないが、だったらコーチ登録で良いはず。
まとめ役を選手登録するって、そんな競技が他にありますか??
本職のコーチは何をしてたんでしょうか??

仲良しトリオで日本代表を私物化した罪はあまりにも大きい。

幸いにも3月にWBCがあるので、ここで何としても巻き返さないといけない。
「星野監督にリベンジを…」なんて事は、絶対にあってはならない。

絶対に。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:星野JAPAN
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。