日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京五輪 予選第一試合 日本vsキューバ
2008年08月14日 (木) | 編集 |
星野監督の選手起用はどうなのかな。

ダルは4回投げ終えた時点で替えるべきだろ。
次の攻撃で追いつき、尚更タイミングとしては申し分なかったのに。

それに、川も今後を考えれば首に縄をつけてでも替えるべき。

選手に任せるといえば聞こえがいいが、この短期決戦では、決断力が無いと見るべきだろう。
最後も阿部に代走だろ。

また、画面から伝わる北京の様子だと、投手が長いイニングを投げるのは難しそうだ。尻上がりに調子を上げることも難しいだろう。
本職のリリーフが極端に少ないメンバーへの不安が大きくなった。

ダルは、最近の出来をそのまま持ってきた感じ。
スライダーが高く、右打者がツーシームに怯まずにかなり苦しい投球。
ツーシームをしっかりと振られると、どうしても外中心にならざるを得ない。
ボールになるスライダーを振らせたかったが、高めに浮いて痛打された。
この失点で持ちこたえたのが奇跡。あそこまで引っ張った采配ミス。

まあ、後続の投手が好投しただけに、出来の悪い投手をスパッと替える事が必要だとベンチも学んだだろう。
今更学ぶなって感じだけど。

成瀬はかなり良かった。
特に代わり端は、シーズン中に無い良い真っ直ぐだったので、バッテリーで酔って続けてしまった。
チームメイトならではの配球になっちゃったね。
この感じならリリーフの軸に据えるのでは。キューバとの再戦を考え、早く降ろしたのも良かった。
また、今日は外からのスライダーが多く、スクリューがかなり少なかった。これも先を見据えての配球だろう。

田中の起用は、キューバの縦の変化への対応を見たかったのだろう。
まあ、マー君のスライダーが決まれば、キューバに限らずそうは打てんだろうけど。
彼の場合、セットでの投球が鍵になる。
また、今回のメンバーではリリーフ適正がある方だと見ているので、日本投手陣のキーマンとなりそうだ。

WBCでも感じたが、藤川の綺麗な球は、整った日本のボールでこそ、最大限の威力を発揮する。
もっと空振りが取れないとおかしい。
まあ、そうは言っても、日本でのスタイルを貫くしかない。変化球はちょっと怖いしね。

新井の出来が悪い。
第一打席で、ボールくさい球を見送り三振した事を引きずっている感じ。
元々落ち込むと長いタイプだけに、彼の処遇をどうするのか。
星野監督の起用法だと、おそらく復活を待つだろう。
だが、控えにも優れたメンバーが多いだけに、外すべきだ。
力の劣る中国、オランダあたりで起用して様子を見るべきで、起用し続けるのは得策ではない。

サード宮本ってのもどうなのかね?
それなら、普通に村田を使うか、サード川・ショート中島じゃないかね??

打線は安打は出たが、ハッキリってキューバの先発が悪かった。
しかも、悪かった割に点が取れず、不満が残る結果に終わった。

っと、ここまで文句ばかり言っといてアレだが、今日の負けはそれ程気にならない。
予選突破が第一目標で、キューバ戦の負けは想定内。
相手も投手を温存して、お互い手探りの対戦だった。

ただ、他の競技は「メダルが取れなくても頑張ったね」と思うが、野球に関しては全くそんな気持ちは無い。
最終的には金メダルを取る姿しか想定していないんで、そこんとこよろしく。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:星野JAPAN
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。