日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年 終戦
2014年10月20日 (月) | 編集 |
最後は2006年のプレーオフを思い出したけど、そうは上手く行かないか…。

試合後に思わず泣いてしまった。
ファイターズが好きなんだと再認識。

終わってしまったが、CSでの戦いには拍手を送りたい。

去年までは「優勝争いに全く絡んで無いんだから、負けていいよ」って感じで見ていたが、今年は勝ち抜いて欲しいと思いながらずっと見ていた。
開幕時と今とで、全く違うチームだからね。この一年で凄く成長した。
その成長した今の力なら、優勝チームに挑む権利は十分にあると思っていた。

このCSは栗山監督の選手起用も光っていた。
一貫して選手の成長を促す起用法で、最後までぶれなかった。
全く優勝争いに絡まなかったのも、そうさせた要因になったのかもしれないが、この点を高く評価したい。
この短期間で多くの経験を積んだはず。
選手も、栗山監督自身も、この経験を来年以降に生かさないとね。

リリーフの使い方なんて、公式戦と全然違うもんね。
今日の展開でクロッタ、増井を使わずに終戦なんてなかなか出来ないよ。
ただ、彼らが出てくるというのは、チームが追い込まれている事を示すことにもなるので、なかなか好転する事も無いんだよね。

来年のファイターズが非常に楽しみになるCSだったのだけど、稲葉、金子が抜けるんだよな…。
そう言った意味でも、賢介を獲って欲しいね。
大引と共にチームを引っ張っていって欲しい。赤田にもそういった役割を期待したいな。

何はともあれ、お疲れ様。
来年も頼むよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。