日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界一の投手目指す=札幌のファンに誓う―ダルビッシュ
2012年01月24日 (火) | 編集 |


世界一の投手目指す=札幌のファンに誓う―ダルビッシュ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20120124-00000124-jij-spo.html


孤高ゆえの孤独…か。

移籍の理由を最後まで言いづらそうにしていたのは、それだけ深い悩みだったとも言えるのだろう。
NHKの記者は良い質問をしてくれたわ。

まあでも、前回も書いたけど試合を見てれば、そんな感じが伝わってくるよね。

ただ、メジャーでは、打者の能力に不満って事はないでしょうな。
日本人の評価が低いのも、身体的に越えられない壁があるからね…。

1年目は防御率3.5くらいで回りそうな気がする。
涌井みたいにタフじゃないので、とにかく球数を減らすようにして欲しい。
そうじゃないと、1年間やり切るのも、QSも難しくなるんじゃないかな?

ま、そうは書いたけど、日本では色々と気を遣って彼の能力を全部吐き出して無かった。
抑えて思い切りガッツポーズをし、そして打たれてニヤリとするダルの姿を見たいぜ!
スポンサーサイト
【映画レビュー】ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う
2012年01月15日 (日) | 編集 |
まず、タイトルと内容が合ってないなぁ。もうちょっとちゃんとしたタイトルを付けて欲しかったな。
佐藤寛子のヌードをウリにしたアピールは分かるけども。
その佐藤寛子は出し惜しみ無しの満点の脱ぎっぷり。カラダも完璧で、よくぞここまでと感謝、感謝です。
ただ、以前はもうちょっと可愛かったような…。

で、内容はちょぼちょぼ突っ込みたくなるが、おおまかに2点。

まず、次郎がここまでれん(佐藤)に入れ込むのが納得できん。
不幸な境遇に同情して、肉体的な魅力に参ったんだろうが、人肉ロレックスや自身の過去を調べさせるトンデモ依頼を連発し、しかも関係ありそうなヤクザまで殺されてるんだし、自分もやばいと思うだろ。普通。
確かにびしょ濡れで迫られたら抗えないけどさ…。
その後も「れんにはまっとうに生きて欲しい」みたいな感じだったし、肉体的な魅力だけではあそこまで入れ上げないよね。
不幸な境遇に同情しても、同情はあくまで同情であって、いきなりあんな短期間で愛情に変わらないよね。
ま、あの状況で「人を殺すのは最初で最後にしてくれ」なんて言うくらいだから、甘ちゃんって事なんだろうなぁ。
そんな人が何でも代行屋なんて出来るのかね?

もう一点は、れんが代行屋に拘る理由が分からん。
最後は別に3人でも問題ない訳で。
交尾後のカマキリのオスみたいに従順になったと自信があったのかね?
それにしても、特に代行屋が必要でもないし、リスク要因になるだけだろ。
単に映画の都合でどんでん返しさせたかっただけに感じてしまった。

ま、ほかにも色々と突っ込みたくなるんだが、猫が可愛いクレジットが良かったし、まあいいか。
真中瞳って改名してたのね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。