日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画レビュー】恋愛戯曲 私と恋におちてください。
2011年09月16日 (金) | 編集 |
女性脚本家の谷川真由美は締切間近にもかかわらず、全く仕事が進んでいない。
自分が恋愛していないと本が書けないので、担当プロデューサーに「私と恋におちてください。」と頼み…。

設定に物珍しさは無いが、劇中劇に更に劇があるのは新鮮かな。
ただ、その劇中劇が全く面白くないのがね…。
それなりのウェートを占めるだけにね。

それと、そもそもこの二人が恋に落ちるのが無理やりな感じ。
劇中に「恋愛の始まりに理由はない」って台詞があるけど、それで済ますんじゃ乱暴すぎる。

プロデューサーが有能な理由が最後に明らかになったのは、ナルホドねーって感じと、ご都合主義だなーって感じが半々かな。

ここまで文句ばっかりだけど、好きか嫌いかで言えば圧倒的に好きなんだけどね。

テレビ局内のせめぎ合いは面白いし、椎名桔平の演技が良いし、何と言っても、深キョンが可愛いし!
可愛いんだけど、これは明らかにミスキャストだよね。
相変わらず演技はアレだし…。
深キョンは馬鹿っぽい後輩キャラ以外無理でしょ。
偉そうな脚本家先生とか、一番遠いでしょ。
ま、可愛いから好きだけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。