日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画レビュー】死刑台のエレベーター
2011年09月12日 (月) | 編集 |
財団法人の医師・時藤は、不倫相手の旦那である会長を殺害を計画し…。

リアリティがなさすぎてギャグ映画かと思った。
サスペンスでこれじゃ、どうしようもないわ。

いきなりギャング風の黒人が出てきた所で嫌な予感がプンプン。
路駐?(一応駐車場だったけど)
清掃業者の格好じゃないし。
っつーか、あんな1人でロープ伝ってたら、業者の格好だって怪しすぎるわ。
警官の行動が全て意味不明だし。何なのあれ??

40分の「迷子になったの?」で止めをさしてくれた。
あのシーンをすんなり受け入れられる人はいるのだろうか??

おかげで、即効で見るのを止めて、貴重な時間を無駄にせずに済んだけどね。

監督が「俺ってカッコイイ」と思いながら撮っているのは十分わかった。
見せられる側は苦痛でしか無いってことも理解して欲しかったな。

それにしても、これだけのキャストを揃えて、こんな駄作が許されるほど、日本映画界は才能が枯渇しているのか…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。