日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画レビュー】冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
2011年09月03日 (土) | 編集 |
娘夫婦を襲撃された父親が復讐を決意する…。

記憶が保てるのがあと僅と言う主人公の設定は面白い。
それを生かした最後の流れも良かった。

ただ、中盤までの展開がかなりご都合主義。
娘は銃弾を浴びまくってもガンガン撃ち返すし、殺し屋はお人好しだし、犯人がえらくあっさりと見つかるし。

まあ、基本的にストーリーよりも銃撃戦をいかにカッコ良く見せるかに一生懸命なので、話に突っ込むのは無粋なのかもしれない。
監督の「これがカッコイイんだ!」が随所に出ているので、それがマッチする人は満足度が高そう。
スポンサーサイト
【映画レビュー】ルーザーズ
2011年09月03日 (土) | 編集 |
特殊部隊の5人がある作戦を決行。だが、それは罠だった…。

スローモーションによるカット割りだけは一流(苦笑)。
割れたガラスに映り込んで、逃げるシーンを表現するところはカッコ良かった。
音楽(ビル潜入シーン)や小道具の使い方も良かったね。

そういった上辺の要素は良かったけど、全体的には「ん?」って部分が散見された。
特殊部隊にしては、ノリが軽すぎるんだよね。
まあ、そういう映画なんだけど。街中でそんなん出したらバレバレだろって部分よりも軽いノリ重視だし。
部下のキャラは面白かったけど、隊長にイマイチ魅力がないのがね。
ノリ重視なのか、真面目なのか中途半端だし。

あと、終盤の流れは意外性があったけど、期待とは違ったな。
もっと王道的な流れで良かったと思うし、きちんと決着をつけて欲しかったね。
このノリでこうした変化球は望んでないからねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。