日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム VS ロッテ 4回戦 2011年06月28日(火)
2011年06月28日 (火) | 編集 |
今日は唐川が良すぎた。
外のスライダーの制球が抜群で打てる感じがなかった。
一発で仕留めるしかない感じで、中田の最後の打席の初球が甘かったけど、あれを仕留められなかったので終わり。
ま、一発を期待できる打者がいる分、去年までとは雲泥の差だわね。

二岡にホフパワーはどうかと思うわ。
結局、二岡→ホフ、大野→今成、飯山→佐藤となって今成と佐藤を両方使うなら、二岡、ホフ、今成or佐藤にすべきだろ。
ホフパワーの状態も酷すぎるわ。
今日はバットに当たっただけましで、変化球を投げときゃオッケーだもんなぁ。
好調期間が短すぎるわ…。


尾崎は下でショートやってんのかよ(笑)
なんちゅう迷走ぶり…。
第二のキムタクを目指して生き残って欲しいわ。
打撃でもう一皮剥ければ重宝されると思うんだけどね。
それを期待して残してる訳だし。

浅沼に一塁やらせるなら、鵜久森を守らせよーぜ。
そんなに下手なのか??
外野オンリーじゃ、かなり厳しいよね。


新外国人ボビー・スケールズ選手と契約合意
http://www.fighters.co.jp/news/detail/2119.html

まさか外国人を獲るとは予想していなかった。
これを見る限り、現場が要望した感じではないな。
要望を出したところで獲りっこないとか思ってそう(笑)
球団が優勝を本気で狙ってる事が伝わってきたのは良かったが、試す期間は余り無いし、いきなり働いてくれないと困るんだよね。
昔は途中で来た人が結構活躍してたんだけどね。
オバンドーとか、イースラーとか、ブリトーとかグロスとか。

来る前から現場もファンもあんまり期待してないってのが可哀想だけど、頑張って下さい。
スポンサーサイト
ソフトバンク VS 日本ハム 8回戦 2011年06月26日(日)
2011年06月26日 (日) | 編集 |
今日は今成で点を取られなかったのが収穫。
先発5・6番手が投げればこう言った展開が増える訳だし、オプションが出来たのはプラス。
てっきり交流戦明けに落とすものだと思ってたけど。
本人にとってはチャンスなんだし、その為にも、打撃でもっとアピールしないとね。

小谷野が攻守で精彩を欠いているのが気になる。
復調してもらわないと困るんだけど、4番を中田にするのもありかもしれない。

あと、稲葉はDHに固定したほうが良いでしょ。
どうも、守るとお疲れぎみになる感じがする。

2死走者なしで石井を出して「3つ獲る」という意思表示があったのは良かった。
田中賢介選手の診断結果
2011年06月21日 (火) | 編集 |
田中賢介選手の診断結果

賢介骨折かよ~…
翌日になって腫れがひどくなって歩行が困難って事から、嫌な予感はしてたけど…。

今年はダルが残留して、陽、中田が出てくるから優勝のチャンス!とシーズン前から思ってたし、実際そうなってるのにィィィィ!!
今年以上のチャンスはそうそう無いのにな…。
ダルが残ってくれるなら来年もチャンスだが、ケッペル、ウルフはどうなるか分からんしな~。

ん~…。

とりあえず今浪を使うんだろうが、やっぱり杉谷で行って欲しいね。
守備はかなり不安だけど。

今浪はショートで飯山、金子と併用で。
杉谷は下で首位打者だし、スイッチの彼が入るとオーダーを組みやすくなるし。
それに、彼が今年結果を出してくれれば、来年賢介ショートコンバートという理想オーダーになるかもだし。

とりあえず、杉谷を使ってくれー!!
告白:第39回映画レビュー
2011年06月16日 (木) | 編集 |
中学1年3学期の終業式後のホームルーム。教師を辞める担任が、生徒たちにある告白を始める…。

「自分が中学生の時は、何も考えずに単純だったな~。今の子は大変なんかな?」とか思いながら見ていたが、単純だから残酷な事も平気で出来るのかも。
この手の話によくある天才児も、所詮は子供で鼻っ柱を折られるのに新鮮さを感じた。
「大人は判ってくれない!僕はこんなに悩んでいるのにィィィィィ!」→「あなたと向き合ってこなかった私が悪かったわ。」って流れにはうんざりなので。
問題児が不幸な家庭環境だったのは「またか」だけど、そこがエネルギーの出所だし、終盤が面白かったのでオッケーかな。

松たか子の演じる教師は、どこまでホントのことを言っているのかさっぱり分からんね。
普段からこんな感じの担任だったら、そら生徒も嫌だろうな…。

観る前は「重い映画」って印象で、実際に重い話。
でも、この監督らしくテンポが良くて重くなりすぎない。それ以上に面白くてインパクトに残る映画。
場面の切り替えが抜群に上手いんだよね。
面白い展開でも、長いシーンが続くと、見ている方もダレてしまう。
パッと視点を変える事で見る側もリフレッシュできるし、この感性はCM出身と言うのが大きいんじゃないかな。
…っと、4日連続で中島監督作品を見たので、分かった風な事を言ってみました。

後任の教師が「熱血教師に憧れる新米」という記号に終わってしまったのがもったいない。
もう少し深く作れなかったかなと思うが、でも、それをすると蛇足になるか。
結局彼は当事者じゃないしね。




告白


告白

2010年日本

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。