日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ野球ドラフト会議2010
2010年10月28日 (木) | 編集 |
プロ野球ドラフト会議2010 速報


大石は西武かぁ。
リリーフにカチッとハマったらかなわんな。
菊池もその内出てくるだろうし。

ロッテの伊志嶺には驚いた。
オリックスが来るのは分かってただろうし、抽選必須で行くとはなぁ。
サブローの後釜ってのと、荻野が思うように回復しないかもって事かもしれないね。

逆にオリックスはここで外して完全に構想が崩れた。
まさか山田まで競合するとは。

で、ハムの斎藤佑樹にもビックリだわ。
元々、甲子園スターを集めるミーハー的な部分があったけど。SSコンビとか。
それでもビックリ。

ま、恐らく、先発の軸が欲しい→沢村→お断り→じゃ、斎藤でって流れだろうね。
彼なら、ダルが抜けても営業的に後釜になれる訳だし。

それにしても、ダル、中田、斎藤と話題的には申し分ないな。
プロだし、こういう部分は重要。
それに、アマチュア時代にこれだけのブランドを築いた選手って、他に見当たらない。
大学の成績は尻つぼみだけど、こういう「持ってる」人間は、理屈じゃない部分があったりするからね。
いきなり大活躍しちゃうかもよ。
それと、齊藤勝を指名したことで、球場や報道でフルネームで呼ばれることも大きい。
フルネームを覚えてもらえるって事も、スターには重要な事。それだけでも齊藤勝を指名した価値がある。

ただ、現実的には尻つぼみ状態の原因を解明し、修正する事から始まるだろう。
即戦力とみなされないに事に不満や焦りを抱くかもしれないが、頭が良い選手だと思うので、そこはじっくりとやっていくことが求められる。
本人も球団も。
客寄せパンダ的な扱いは絶対に避けなければならない。
これだけのブランド力を持った人材だけに、預かる側の責任も重い。

活躍すれば相乗効果は計り知れないんだから、じっくりとやることだね。
スポンサーサイト
横浜ベイスターズ TBS、住生活の交渉破談、条件合わず、2010年ドラフト前夜
2010年10月28日 (木) | 編集 |
横浜ベイスターズ TBS、住生活の交渉破談、条件合わず


ガッカリというかショックというか…。

とりあえず、ドラフトで指名予定の選手には、指名してもいいかどうか、確認をしないと駄目だろう。
TBSが球団を保有していく気が無いのは誰の目にも明らかで、そんな会社が何を言っても説得力はゼロ。
「入社してもらいますが、私はもうすぐこの会社を手放します。新社長の方針で勤務地が何処になるかわかりませんし、社長が誰になるかもわかりません。そもそも、会社が存続するかどうかも分かりません」とか、ブラック会社ってレベルじゃねーぞ。

何とか、球団消滅だけは勘弁してほしいが…。
ナベツネがどんなコメントをするかが待たれる。

横浜と新潟。
誰がどう考えても、横浜の方がメリットがある。
にも拘らず、移転の話が出る。
その事自体が異常なのに、自治体や球場に危機感が全く感じられない。
本拠地が被っていたハムとは事情が違うぞ。

全て球団のせいにして被害者面とか呆れて物も言えん。
こんな自治体や球場だから売れなかったとは思わないのだろうか。

交渉破談は野球界にとって深刻な事態。
TBSが投げ出す前に買い手が見つかる保証も無く、球団消滅の不安だけが残った。
また、神奈川からプロ球団が無くなるとすれば、日本球界にとって大きな損失。

球場側の大幅な譲歩が望まれるが、その可能性は低そうだ。
いち野球ファンとして寂しい限り。


さて、明日はドラフト会議。
候補を動画でチェックしたところ、好みなのは大石、沢村、大野、美馬。
外れ1位ではそれなりの人材が残ってそうだが、外れの外れだと流石に差がありそうだ。
2度外れたときのリスクを考えて無難な線に行くか、一番欲しい人材に突っ込むか。
個人的には突っ込んで欲しいが、この駆け引きがドラフト。
指名した人が全員入団して、しっかりと育成して欲しいわ。
最近は高卒投手の育成がさっぱりなので、何とかしてくれないと困るわな。
あと、ファームの打撃コーチはひとりで良いんかいな。
坪井が受諾してたら、巌は解雇だったんか??
ん~…。
ダルビッシュ「来季も日本ハム」=ブログで大リーグ行き否定―プロ野球 ほか
2010年10月19日 (火) | 編集 |
ダルビッシュ「来季も日本ハム」=ブログで大リーグ行き否定―プロ野球


見てみたい気持ちもあるが、ハムファンとしては正直ホッとした。

と同時に、マスコミのいい加減さに腹がたつ。
揃いも揃って移籍濃厚、確実と書き立てて、一体どういった取材を元に、どんな判断の元、そう書いたのか。
これはきちんと説明する責任がある。
間違いなくしないだろうが。

こうしたいい加減な報道が、自身の首を絞めている自覚があるのだろうか?

無理やり火をつけて、燃え上がったらさっと引いて次の火元を探す。
こんな事が許される筈がない。

報道の質が低い=国民のレベルが低いって事なのかもしれない。
私たちも報道を鵜呑みにせず、引いた視点で自分で考える事を意識付けしなければならない。
そしてもちろん、報道関係者は「信頼されるに値しない存在」である事を肝に銘じる必要がある。


ロッテ、初の3位から突破=ソフトバンク、王手から3連敗―プロ野球CS

CSに行くべきなのは、ハムではなく、優勝争いをしていたロッテだと、ずっと思っていた。
それは今でも変わらないが、いざ、ロッテが日本シリーズに進出すると、「ハムが出ていたらどうなったのか?」と考えてしまう。

ま、実際ハムは及ばなかっただから、そんな事思っても無意味なんだが、ハムがポストシーズンに出てないのはやっぱり寂しいな。

ソフトバンクは先に王手をかけたが、相手の自滅で拾った印象で、自ら流れを掴むことが出来なかった。

キーになったのはやはり昨日の試合かな。
ファルケンボーグ、摂津、森福が揃って打たれたのは、今季の勝ちパターンを否定された感があった。
よって、今日は杉内ひとりで何とかしなければならない状況に追い込まれ、均衡が破れた時点で糸が切れてしまった。
もちろん、投げ勝った成瀬が素晴らしいのは言うまでもない。CSでは抜群の安定感でチームを支えた。
エースとして、ワンランク上の存在になるきっかけとなるかもしれない。

ロッテは3位から日本シリーズに出る訳だし、日本一になる責任があると思う。
是非とも日本一になって欲しい。
2010 ファイターズ シーズン回顧 まとめ
2010年10月15日 (金) | 編集 |
振り返ると、開幕直後の抑えの迷走がもう少しまともなら、優勝争いが出来ていたかもしれない。

武田久を早々に見切ったのは良かったが、ウルフもダメだったのが痛かった。
ここで建山を指名していれば状況が違っていたかもしれないが、ま、結果論。

それと、守備の乱れ等、ミスが多かった。
守備面でイマイチだった高橋、小谷野は打撃でも精細を欠いた。

交流戦後に驚異的な勝率で、「優勝争いに加わるか」という所まで来たが、一度勢いが止まると、もう一波が来なかった。

結局は投打ともに駒不足。
レギュラーが不調や故障の際に、先発するのがベンチ要員では苦しい。
大野以外の若手も、我慢して起用して欲しかった感がある。外国人野手がいないシーズンだけにね。

ただ、陽は年間通してコンスタントに使われ、何とかなりそうな段階まで来た。
中田も一時本塁打を量産し、その後パタッと止まったが、これはHR打者にはよくある事。
おかわりだってT岡田だってその過程を経てきている訳で、中田にもそれを期待するしかない。
もう一人期待した鵜久森は、消化不良のシーズンだった。
起用され始めてすぐに故障し、治ったらチームが上昇しはじめて、彼を試す余裕がなくなっていた。
運が悪かったが、運の善し悪しもプロ野球選手には重要なこと。
少ないチャンスだろうがなんだろうが、アピールし続け、来年は運を味方に付けて欲しい。

主力は稲葉、金子がやばい段階に入ってきた。
稲葉はDHが主になりそう。
二岡も故障が治ればまだまだやれそうだし、状態の良い選手を起用していけば、それなりになりそうだ。

ただ、金子はもう足が動かない。
それ以上に深刻なのが、後釜の目処が全く立っていないこと。
ショート失格の烙印を押されて外野に行ったのに、そんな陽を未だに兼任させている事からも、人材が居ないことを窺わせる。
賢介コンバート、松井稼頭央や外国人獲得などの手を打たないとどうにもならんと思うが、現実的には飯山、高口などで回すことになるのだろう…。
ハァ…。
トレードがあるとすればこのポジションだが、出しまくって駒が無いな…。

小谷野は成長して、狙って長打を打てる選手になった。
まさかここまで変わるとは。
今年一番成長した野手だろう。

ただ、彼を支える為にも、中田に一日も早く独り立ちしてもらい、糸井もムラッ気を少なくして、対左の数字を上げて3番を打てる様になって欲しい。
と言うか、糸井はそうならんと困る。

捕手は大野が順調に成長しており、もうちょいの所まで来ている様に思う。
彼の打撃が安定してくれれば、ショートがアレでも多少我慢出来るんだが…。
いや、ショートはショートである程度打ってもらわないと困るな。
低レベルに慣れて、妥協しちゃいかん。


先発投手はダル・武田勝・ケッペルが2桁勝利を挙げ、終盤はウルフも安定した投球を見せた。
だが、それ以外がほぼ5回持たないのでは話にならない。
今の2人が来季も働くことを前提に、もう一人当たりの外国人投手を連れてこないと厳しい。
ダルが抜けたら知らんわ。

リリーフは武田久が抑えでは不安だ。
普通に考えれば、宮西で良いと思う。林、石井と2人いる訳だし。
ただまあ、現実的には久で行くのだろうなぁ。

建山が抜けるし、榊原級の新戦力が出てこないと厳しいが、そう都合よく行かねーよ。

ダルが抜けたら知らん。


考えれば考えるほど、層が薄い。
育成すると言えば聞こえがいいが、限界がある。補強するところはしっかりとしないと。
「選手は成長しました♪」とか言っても、他球団に劣るチーム編成では意味が無い。

全ての年に優勝するのは無理なので、今年の様に育成メインの年があっても良いと思う。
が、それを続けて許されるチーム・リーグではない。
2010 ファイターズ シーズン回顧5
2010年10月14日 (木) | 編集 |


7月1日(木)西武 vs. 日本ハム 12回戦

2カード連続3タテで勝率5割。金森5失点も榊原が試合を作り、終盤に打線が逆転。高橋が頭に死球を受ける。

結果





7月2日(金)楽天 vs. 日本ハム 9回戦

2-2、無死1塁で登板した加藤がストレートの四球、三盗を許し、さらに3ランを被弾し試合をぶち壊し。連勝6でストップ。

結果

ダイジェスト



7月4日(日)楽天 vs. 日本ハム 11回戦

ケッペル5回5失点もリリーフが踏ん張り、同点の9回に賢介の満塁弾などで6得点。交流戦後13勝2敗。

結果

ダイジェスト



7月7日(水)日本ハム vs. ソフトバンク 11回戦

7回、攝津から4点を奪いサヨナラ勝ち。交流戦後14勝3敗。

結果

ダイジェスト



7月15日(木)西武 vs. 日本ハム 15回戦

平野に完封を許し完敗。交流戦後初のカード負け越し。以降、4カード連続負け越しを喫す。

結果





8月20日(金)日本ハム vs. 西武 18回戦

9回裏、飯山がまさかのプロ初同点3ラン。10回高口がサヨナラ打。

結果

ダイジェスト



8月22日(日)日本ハム vs. 西武 20回戦

さんざんカモにされてきた帆足から初回4得点。武田勝雪辱の完投で3タテ。

結果

ダイジェスト



8月28日(土)オリックス vs. 日本ハム 18回戦

中山を打てずに、ポテンヒットの連続で2失点の不運なダルを援護できず。今期のダルを象徴する試合に。

結果





9月26日(日)日本ハム vs. 西武 24回戦

9回裏、糸井がサヨナラ打でホーム最終戦を飾り、ソフトバンクの優勝が決まった。9回、無死1・2塁で小谷野にバントさせて心底ガッカリ。

結果

ダイジェスト


8月以降は試合を見る機会が減り、スカパーの契約を8月で切ったので8月、9月は少ないです。
2010 ファイターズ シーズン回顧4
2010年10月14日 (木) | 編集 |


6月4日(金)巨人 vs. 日本ハム 3回戦

点の取り合いで1点リードで9回裏。武田久が登板し、スンヨプ死球、坂本サヨナラ弾。「やっぱり」という感想しか出ない。

結果



6月4日(金)巨人 vs. 日本ハム 3回戦

前日に続き、巨人戦では林にこだわる継投で打ち負ける。

結果



6月15日(火)ヤクルト vs. 日本ハム 4回戦

増井肩痛で榊原が緊急登板。2回無失点でプロ初勝利。
お立ち台で「優勝目指す」発言し苦笑い←私が。

結果



6月18日(金)オリックス vs. 日本ハム 9回戦

榊原2勝目。金子千尋から3点もぎ取り、武田久がようやく今期初S。

結果





6月20日(日)オリックス vs. 日本ハム 11回戦

小谷野と金子が1イニング2本の満塁弾。今季初の3タテ。

結果

2010 ファイターズ シーズン回顧3
2010年10月12日 (火) | 編集 |


5月2日(日)日本ハム vs. 西武 9回戦

対帆足24回2/3イニング無得点。武田勝が全て敗戦投手。連勝が3で止まる。

結果

ダイジェスト



5月4日(火)ロッテ vs. 日本ハム 8回戦

吉川、土屋がメロメロ。打線も9安打で1得点。実力差を感じさせられる大敗。ロッテ戦は0勝7負1分け。11勝25敗1分けで借金14。

結果





5月8日(土)日本ハム vs. 楽天 7回戦

函館。ダル-岩隈。1-0で10回サヨナラ。

結果

ダイジェスト



5月9日(日)日本ハム vs. 楽天 8回戦

函館。高橋がマー君から満塁弾。3連勝で交流戦入り。

結果

ダイジェスト



5月13日(木)阪神 vs. 日本ハム 2回戦

増井3回0/3降板もリリーフがしのぎ5連勝。武田久が復調気配を見せる。

結果





5月21日(金)日本ハム vs. 横浜 1回戦

フラフラの三浦を打てず。ダルもこらえきれずに3失点。

結果

ダイジェスト
2010 ファイターズ シーズン回顧2
2010年10月09日 (土) | 編集 |


4月17日(土)西武 vs. 日本ハム 5回戦戦

ダル5失点も稲葉グランドスラムなどで逆転勝利。

結果





4月20日(火)オリックス vs. 日本ハム 3回戦


ウルフが1死も取れずに2失点でサヨナラ負け。先頭の後藤が好走塁で2塁打の後、終始イライラで自滅。
見てるこっちがイライラするわ!

結果





4月27日(火)日本ハム vs. オリックス 6回戦


増井7回零封。3人目のクローザー、建山が初S。塩崎の当たりを稲葉がライトゴロに処理。

結果

ダイジェスト



4月30日(金)日本ハム vs. 西武 7回戦


木田が涌井相手に試合を作り、10回サヨナラ勝ち。

結果

ダイジェスト
2010 ファイターズ シーズン回顧1
2010年10月08日 (金) | 編集 |
今年のベスト・ワーストゲームを10ずつまとめようと思いましたが、まとめるのが大変なので、印象に残った試合をちょこちょこと挙げていきたいと思います。



3月21日(日)日本ハム vs. ソフトバンク 2回戦

1点リードの7回2死走者なし、無失点の武田勝から江尻にスイッチする謎継投で追いつかれる。
11回に武田久が被弾。この時、これが悪夢の始まりとは知る由も無かった…。

結果

ダイジェスト



3月27日(土)ロッテ vs. 日本ハム 2回戦

武田久が9回に2点差を追いつかれ、結局引き分け。ダルから建山-ウルフ-武田久の2010年版方程式がいきなり失敗スタート。

結果





3月28日(日)ロッテ vs. 日本ハム 3回戦

武田久が9回に2点差を逆転され、サヨナラ負け。早くもクローザー失格。

結果





3月31日(水)日本ハム vs. オリックス 2回戦

1点リードの9回表、新クローザーのウルフがT岡田に3ランを被弾。泥沼。

結果

ダイジェスト
楽天新監督に星野仙一氏か。他
2010年10月06日 (水) | 編集 |
北京五輪で株を下げたけど、シーズンを戦うという意味では実績があるし良い選択だと思う。
楽天の注目度が上がることは間違いないしね。

編成権を与えると言っても、中日や阪神ほどお金を出せないだろうから、基本的には育てて勝つって流れになるんだろう。
最後の最後まで5球団でCSを争ったように、パは戦力差が紙一重。
外国人の当たり外れや故障者でガラッと入れ替わる可能性があるし、監督の力量も非常に大きなウェートを占める。
来季はどうなるんだろうね。

ただ、どうせやるなら横浜の監督になって欲しかったかな。
今の横浜は、日本プロ野球史で最も弱いチームと言っても差し支えない。
そんなチームを変えるには、星野仙一の様な『劇薬』が必要なんじゃないかな。
まあ、他所のチームだから気楽に言えるんだけど。



セパで開幕をずらすのは止めた方がいいな。
パは全日程が終了してから、どんだけ待たされるんだよ。
CS争いでアレだけ盛り上がったのに、これだけ間が開くと水をさされた感じだよなぁ。

パに限らず、CSまでの日程が空き過ぎ。
スカスカだから中日の全員抹消とかある訳だし。
(作戦的には極めて妥当。大体、試合が無いのにFAの日にちだけよこせってのが間違ってる。)
残り試合はさっさとダブルヘッダーで消化して、CSの日程をもっと前倒し出来んもんかね。
テーマ:プロ野球
ジャンル:スポーツ
日本ハムの建山、米大リーグ挑戦へ=海外FA権行使を表明―プロ野球
2010年10月05日 (火) | 編集 |
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000046-jij-spo

高津みたいに、慣れられるまではそれなりにやれる可能性はある。

年齢的にも挑戦するにはラストチャンス。
悔いの残らない様に頑張れ。

現実的には、サイドの割に球種が少ないのと、きっちりとした制球力がないのが課題。
それと左打者対策。

あっちは外側のストライクゾーンが広いので、シュート回転を活かして、どれだけきっちりと投げられるかが鍵になりそう。
一発病もあるし、とにかく制球力。
スライダーを制御するのは難しいと思うので、真っ直ぐを。

年によって出来にバラつきが出るタイプなので、2年は見て欲しいけど、そこまで見てくれるかどうかは分からんね。

頑張れ!
築城せよ!:第32回映画レビュー
2010年10月05日 (火) | 編集 |
名古屋から車で1時間の田舎町・猿投(さなげ)町。
猿投城の遺跡発掘現場に、突如、猿投城城主が現れ町民に命ずる。「皆の者、築城せよ!」

意外や意外、面白かった。
いかにも低予算だが、それを逆手にとった築城方法が見事で、完成シーンはなかなか圧巻。
ホントに作ったんかな?

侍と現代の人物がリンクする点やカラオケの台詞の様な説得シーンなど、小さいネタも面白いし、何よりも話自体が意外と深い。
過疎の町が現状打破へとあえぐ姿や、人の上に立つ者に求められる物など、さらっと入れて深入りし過ぎないのが良い。
そればっかだと、どうしても鼻についてしまうからね。

で、現代人に霊が取り憑く形で侍が現れるんだけど、主人公が現代人の時と、侍の時のギャップが凄い。
流石、歌舞伎役者。眼力が全然違う。
あの舞踊を見せられたら、「何か知らんけど城主様~!はは~!」って気になってしまう風格がある。

先に書いた以外にも、くすっとさせる小ネタは豊富だし、場面のつなげ方が上手く、脚本が良く出来ている。
かなりマイナーな映画だけど、身の丈に合う中で最大限の物が出来たと思う。
こういった映画に、もっともっと脚光が浴びる様になって欲しいね。





【DVD】築城せよ!


築城せよ!

監督:古波津陽

2009年日本

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
坪井と多田野が戦力外。
2010年10月02日 (土) | 編集 |
妥当なところか。
坪井が2軍打撃コーチを蹴った様で、球団も打撃コーチ一人では足りないって認識があったのね。
しかも新人コーチだし。

で、坪井の替わりが小田とか、お得意のお手軽路線は止めて欲しい。
2軍コーチこそ、指導実績が豊富な人材を置くべきだと思うんだが。

補充なしの可能性もあるが…。

あと、バッテリーコーチも替えた方がいい気がする。
戦力外通告
2010年10月01日 (金) | 編集 |
ファーム最終戦の起用を見て、この2人と浅沼がやばそうと思ったけど、浅沼は生き残ったんかね?
2人からすれば、何で俺がアウトでこいつがセーフやねんって感じかもしれんが。
渡部もそうだけど、道枠指名は考え直して欲しいわ。ホント。
他にも学閥とか色々あるからなぁ。宮本なんかは上で戦力になる感じがしないが…。
高校生は余程の有力選手でない限り、進学するのが正解な気もするなぁ。
ちなみに、危ないと思われていた須永は、完全にサイドにすれば通用しそうな気がする。

木下はイップスからの復帰初年度でもう一年見ても良かったと思うが、ファーム中継を見たときはフォームが全くの別人で、厳しい感じだったのは確か。
ブログを見てたので、すごく応援したい気持ちが強かったんだが…。

夢をありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。