日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日 VS 日本ハム 1回戦 2010年05月27日(木)
2010年05月28日 (金) | 編集 |
今成の捕手としての自信を喪失させかねない投球をした、金森の責任は重い。
この点差なら、内外を要求せずにもっと単調な配球でも良かったと思うが、それは結果論。

森野の打球は普通の球場ならライトフライだったし、少しは同情の余地があるが、彼自身、そんな事は望んでいないだろう。
金森は球がベルト付近に集まる傾向が強すぎる。
変化球だけでも少しは低めに行く様になれば、ガラッと変わる可能性があると思うんだけどね。
現に荒木はボールの変化球で打ち取っている訳だし。
真っ直ぐか変化球か分かりづらい腕の振りだけに、少し変わればいきなり結果が出ても不思議じゃないんだけど…。

このまま上に置いておいても自信を失いかねないので、下げた方が良さそうだ。
現状、上じゃ厳しい訳だし。
そもそも、もうちょっと、下で再調整させてから上げた方が良かったね。
まあ、山本、榊原がイマイチだったことが大きいのかな。
敗戦処理的な枠なので、菊地を上げるには…って感じだし、彼自身、まだ万全じゃないっぽいしね。

まあ、今成は一本出たし、悪いのは全部金森のせいにして、イイトコだけ覚えていれば良いよ。
無理だけど。



佐藤もプロ初打席初安打。
御前試合で昇格を決め、即結果を出すとか、ホントに梨田監督は野手の見極めが上手いな。

と言うことは、お眼鏡に叶わなかった中田、陽らは力不足って事だけど、それでも敢えて言おう。使ってくれ、と。

私はハムは優勝を狙うチームだと思う。
だが、今年のハムは優勝は無理。
そうなった場合、必死にCSを狙いに行くチームでは無いと考えている。

今のレギュラーは決して若いとは言えないし、数字的にも安泰と呼べる成績を残していない。
次代の選手を作っていかないと、一気に地盤沈下が起こっても不思議ではない。
だからこそ、優勝出来ないシーズンは選手を作っていくことに主眼を置くべき。
まあ、首脳陣は契約があるからそんな事言ってられないのは分かるけどさ。



森本の2塁打。
真っ直ぐを引っ張った飛球の長打を見たのはいつ以来か。
彼の身体能力なら、こういった打球がもっともっともっともっともっともっと無いといけないんだけど。
「レアな物を見てしまった」って感想なのが悲しい。



増井はそんなに良いとは思わなかったけど。
相手の打ち損じに助けられた感が拭えない。
ただ、金森と違って、勝負どころで変化球が低めに決まった。
真っ直ぐもソコソコ良かったかな。

点差が開いてセサルにカーブを投げてたけど、もっと早く使えばいいのに。
ブラゼルにHRを打たれてからあまり使わなくなった気がするが、そんなんじゃ使う球が無くなるぜ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。