日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーム・バチスタの栄光:第25回映画レビュー
2010年05月04日 (火) | 編集 |
色々とネタバレがあるのでご注意下さい。

話自体は面白いんだけど、色々と気になる部分が多すぎる。

まず、田口が全く優秀に見えない。
と言うか、意図的に優秀に描いておらず、そんな彼女に内部調査を依頼する事で「何か見つけられると困るから彼女に依頼した」のかと思いきや、桐生や院長は純粋に調査依頼してるのよね…。
いやいや、こいつじゃどうやったって無理だろ…。

次に手術スタッフも全く優秀に見えない。
裏があると言うか、怪しく見せるためにやってるんだろうけど、ただのバカにしか見えない。
彼らが今まで成功してきた事こそが奇跡としか思えない。

それと、桐生の秘密には流石に無理があるだろ…。
あんな状態じゃ手術出来ないだろ。常識的に考えて。
それにスタッフの誰かが気づくだろ。常識的に考えて。
出来ると言うなら、何らかの説明をしないと駄目だろ。常識的に考えて。
追求の場面で院長に観客の役割をさせて、「何をバカな。そんな状態で手術など出来るはずが無い」と言わせて、誰かに説明させてしかるべきだろ。常識的に考えて。

で、この映画で一番評価しているのがここで終わらず、もうひと山ある所。
これは良かった。

話自体は面白いだけに、もうちょっと上手く作れた気がする。





【DVD】チーム・バチスタの栄光


チーム・バチスタの栄光

監督:中村義洋

2008年日本

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ロッテ VS 日本ハム 8回戦 2010年05月04日(火)
2010年05月04日 (火) | 編集 |
9回表になるまで9番高口、5番陽にベンチの誰も気づかないとか、集中力欠け過ぎだろ…。
私でさえ、バックスクリーンがちらっと映ったときに気づいたのに…。



前もちらっと書いたけど、吉川はフォームを変えて別人になったな。
これからどうしたいのかね??
とりあえずフォーム固めって事で時間を潰すのかな。
カーブを捨てて、スライダー、チェンジアップの精度をかなり上げないとどうにもならん。

戻した方が…とも思うが、戻した所で良くなるとも思えないし。
変身に賭けるしか無いわな。



一軍レベルの選手が少ないよな…。
なので、主力が不調だと替りが居なくてどうしようも無くなる。
若手を使うにも中田も鵜久森も怪我しちゃったし、主力の復調待ちしか手がなくなる。
かと言って、その主力も去年の数字が出来すぎのメンツだし、夢がない…。

とりあえず、数少ない夢(妄想)である陽を使ってください。
稲葉を一塁orDHにして。
稲葉はいずれそうなるんだから、捨てシーズンでやらないでいつやるの?
稲葉・二岡を一塁・DHで併用って形にして欲しいんだけど、二岡は一塁も出来ないほどなのかね…。

とりあえず、陽を使ってください。お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。