日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日 VS 日本ハム 1回戦 2010年05月27日(木)
2010年05月28日 (金) | 編集 |
今成の捕手としての自信を喪失させかねない投球をした、金森の責任は重い。
この点差なら、内外を要求せずにもっと単調な配球でも良かったと思うが、それは結果論。

森野の打球は普通の球場ならライトフライだったし、少しは同情の余地があるが、彼自身、そんな事は望んでいないだろう。
金森は球がベルト付近に集まる傾向が強すぎる。
変化球だけでも少しは低めに行く様になれば、ガラッと変わる可能性があると思うんだけどね。
現に荒木はボールの変化球で打ち取っている訳だし。
真っ直ぐか変化球か分かりづらい腕の振りだけに、少し変わればいきなり結果が出ても不思議じゃないんだけど…。

このまま上に置いておいても自信を失いかねないので、下げた方が良さそうだ。
現状、上じゃ厳しい訳だし。
そもそも、もうちょっと、下で再調整させてから上げた方が良かったね。
まあ、山本、榊原がイマイチだったことが大きいのかな。
敗戦処理的な枠なので、菊地を上げるには…って感じだし、彼自身、まだ万全じゃないっぽいしね。

まあ、今成は一本出たし、悪いのは全部金森のせいにして、イイトコだけ覚えていれば良いよ。
無理だけど。



佐藤もプロ初打席初安打。
御前試合で昇格を決め、即結果を出すとか、ホントに梨田監督は野手の見極めが上手いな。

と言うことは、お眼鏡に叶わなかった中田、陽らは力不足って事だけど、それでも敢えて言おう。使ってくれ、と。

私はハムは優勝を狙うチームだと思う。
だが、今年のハムは優勝は無理。
そうなった場合、必死にCSを狙いに行くチームでは無いと考えている。

今のレギュラーは決して若いとは言えないし、数字的にも安泰と呼べる成績を残していない。
次代の選手を作っていかないと、一気に地盤沈下が起こっても不思議ではない。
だからこそ、優勝出来ないシーズンは選手を作っていくことに主眼を置くべき。
まあ、首脳陣は契約があるからそんな事言ってられないのは分かるけどさ。



森本の2塁打。
真っ直ぐを引っ張った飛球の長打を見たのはいつ以来か。
彼の身体能力なら、こういった打球がもっともっともっともっともっともっと無いといけないんだけど。
「レアな物を見てしまった」って感想なのが悲しい。



増井はそんなに良いとは思わなかったけど。
相手の打ち損じに助けられた感が拭えない。
ただ、金森と違って、勝負どころで変化球が低めに決まった。
真っ直ぐもソコソコ良かったかな。

点差が開いてセサルにカーブを投げてたけど、もっと早く使えばいいのに。
ブラゼルにHRを打たれてからあまり使わなくなった気がするが、そんなんじゃ使う球が無くなるぜ。
スポンサーサイト
第14回映画レビュー:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 その3(ブルーレイ)
2010年05月26日 (水) | 編集 |
その1・2は以下
第14回映画レビュー:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 その1
第14回映画レビュー:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 その2

ついに、ついにッ…!!

去年、劇場公開が終了してから、この日をどれだけ待ちわびたことか!!
9度味わったあの感覚を、これからは好きな時に!!

発売日が発表されて以来、大げさだけど、この日までは死ねないと思ってた。
1週間くらい前から、異様なテンションの高まりで、「カウントダウン感」が半端じゃなかった。

そしてついに!
うおー、やったー!!!

今日は休みを取っておいたけど、まさか前日に届くとは!!
早速2回見たぜ~!!

ん~、結構変わってるな~。
追加シーンはもちろん、それ以外も結構絵が変わっているし、セリフも変わってる。

く、映画版もソフト化してくれ!!
頼む!!
こっちも見たいんじゃ~。
「アンタはお払い箱ってことよ」の一連の流れは映画版の方が好きなんだ!!

で、やっぱ「破」はええわ~。
昨日は暑かったけど、クライマックスは鳥肌がたったわ。
でも、映画館で見るのとはやっぱり違うな~。
やっぱりあの大画面、大音量で見てしまうと、物足りなく感じる。
仕方ないけどね。

映像特典も楽しめた。
メイキングでの「19番、今日の日はさようなら、歌います。よろしくお願いします。」とか、槍が刺さった直後のフラッシュバックサブリミナルとか。
フラッシュバックは本編に入れても…と思ったけど、入れるならそれ相応の意味を持たせないいけないからね。

あとはボツシーンも。
シンジと加持の初対面シーンや、レイとリッちゃんのくだりなんかはカットされてたのね。
シンジと加持は、対面シーンが無いのに海洋研究所に招待されるのは不自然って事で別バージョンで追加されたけど、基本的には大人たちのやり取りは深く描写しないって事ですな。

リツコのシーンは、彼女の嫉妬心が伝わってきて、あればあったで面白くなりそうだけどね。
べ、別に邪な感情から言っている訳ではないッ!断じて違う!!

で、大人たちの描写をカットしたのは正解だったね。
色々詰め込むと散漫になりかねないし、新劇場版は子供たちの物語にしたいんじゃないかな。

野口バージョンより本編の方が良いね。
ちなみに、フィルムはこんな感じ。
s-P3170002-2.jpg
ハズレですな。

さて、それじゃあもう一回見ようかな。
ヤクルト 高田監督辞意固める
2010年05月26日 (水) | 編集 |
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100526/t10014684011000.html

ハムに戻ってこないかね。
ファームディレクターとかなら、遠征に行かなくても済むだろうし。
お疲れ様でした。
松井稼、ロッキーズとマイナー契約へ
2010年05月25日 (火) | 編集 |
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/headlines/20100525-00000507-sanspo-base?d=0&team=&date=&pg=1&p=

だから初めからロッキーズに残っていれば…とか言ってもしょうがないけど。
今回の選択は彼にとってベストと言えるのでは。
シーズン中に帰ってくるのはいかにも中途半端だし、向こうにしがみついていれば、何が起こるかわからんからね。
それにもちろん、能力的にこのまま終わって欲しくない、終わる選手じゃないと思っているので。
頑張って欲しい…と言うより、是非とも結果を残して欲しい。

で、今回の選択はハムにとっても都合が良かった。
シーズンオフなら賢介の動向次第で動けるからね。
仮にFAしたとして、第2グループの高口、今浪がレギュラーじゃ厳しいし、加藤、杉谷、中島は時期早尚。…というか現時点じゃ判断できんしね。
FAしても参戦しない可能性が高そうだけど…。

ま、今からあれこれ言ってもしょうがないけどね。
テーマ:MLB
ジャンル:スポーツ
20100523 ハムOPS
2010年05月23日 (日) | 編集 |
OPS

test.jpg

暇だったので。
yahooから手計算で、並びは試合数です。
<大リーグ>松井稼頭央が戦力外に…アストロズ
2010年05月21日 (金) | 編集 |
<大リーグ>松井稼頭央が戦力外に…アストロズ

http://baseball.yahoo.co.jp/mlb/headlines/20100520-00000063-mai-base

今年の数字は酷いけど、今年に限らず、もっとやれると思っていた。
打率だけなら、イチローの次に成績を残すと思ってたんだけどね。

メッツでは守備面で散々に叩かれ、それが打撃にも影響したのだと思う。

西武時代から身体能力に頼った守備で、守備が上手いタイプとは違ってたからね。
こっちでは抜群の身体能力でも、向こうに行けばそこまでじゃあ…って感じだし。
元々持って生まれたものが違うし、日本は一番上手い子が投手をやるけど、あっちではショートみたいだからね。

ロッキーズに移って本領発揮し始めていたので、「そのまま残留していればなぁ…」とは当時から思ってました!

それと怪我が多いのがね。
メジャーはホントに過酷だから、仕方ないのかな…。

向こうに行ってからの数字を見ると、ここから盛り返すとは考えにくい。
近いうちに日本に戻ってくるんじゃないかな。
こっちならショートも出来るだろうし。

日本に戻るとなれば大型契約になるのは間違いないが、もし不振に陥った際に外しにくいってのが球団にとってはネックだよね。
まあただ、彼の場合内野はどこでも出来るだろうし、割と使いやすいと言えるのかも。
そもそも、内野がきっちり固まっているチームは獲得しないだろうし。

個人的に頑張って欲しい選手なんだけど、日本に戻ってあっさり活躍したら、それはそれで悲しいものがある。NPBファンとして。

まあとにかく、アメリカ結果を残せるよう願っております。
テーマ:MLB
ジャンル:スポーツ
HACHI 約束の犬:第26回映画レビュー
2010年05月19日 (水) | 編集 |
溢れる涙を抑えることが出来ない。

映画を見ていると頭であれこれと考えてしまう事が多い。
これに関しても「特別優れているとは思わない」とか考えながら見ていたが、そんなの関係ない。
とにかく涙が止まらない。
感情が次から次へと溢れ出し、考える事なんて出来なくなる。
同時に、考える事など、感情の波の前では全くの無意味である事も再認識させてくれた。
この清々しい感動を前に、映画評論など無価値だ。

ありがとう。

サラ・ローマーが「ディスタービア」から、いい感じに美人曲線を描いていた事も嬉しかった。





【DVD】HACHI 約束の犬


HACHI 約束の犬

監督:ラッセ・ハルストレム

2009年アメリカ

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
グラン・トリノ:第25回映画レビュー
2010年05月17日 (月) | 編集 |
私は月に20~30本前程度映画を見てます。殆どWOWOWで。

もちろん好きで見ているのですが、見終えて「なんでこんな事に時間を費やしているんだろうか」と感じることもあります。
最近はその頻度が高くなってきました。

だけどこれを見て「こういった作品にめぐり合えた喜びを味わう為、映画を見ているんだな」と実感しました。

ありがとう。





【DVD】グラン・トリノ


グラン・トリノ

監督:クリント・イーストウッド

2008年アメリカ

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
阪神 VS 日本ハム 2回戦 2010年05月13日(木)
2010年05月13日 (木) | 編集 |
今日の今中の解説はとても良かった。
目の前で起きている事について、的確に発言できる人でないとね。
自分の引き出しでのみ延々と話すのを聞かされるとイライラする。




江草か西村のどちらかは2イニング行かせるべきだった。
全く打てる気配がなかったのに、どちらも1回で代わってくれてラッキーだった。
結果的に打ち込まれた久保田を2イニング行かせることになり、継投ミスと言われても仕方がない。
少なくとも、久保田を続投させるのはどうかと思う。




武田久の続投も謎。
普通に宮西でいいじゃん。

で、その謎続投が今後に重要な意味を持つかも知れない。

解説の言う通り、2イニング目はかなり良い球が行っていた。
そこで本人がどう捉えるか。
「点を取られたのはアンラッキーが続いたからで、良い球が行くようになってきた。」と捉えるか、「また失点してしまった。まだなのかな。」と思うか。

まあ、元々その日やイニング毎にムラがあるタイプだけに、全然関係なかったりして(笑)




打つ方は勿体無い攻撃があって、もうちょっと点がとれたね。
それにしても、打球が良く伸びる。
飛びすぎな気もする。




マートンは癖がない良い打撃って印象。
元々日本人よりパワーはある訳で、こうやって確率の高い打撃をされると、相手は嫌だろうね。
あと、9回に走ったように、こういった前向きな姿勢はチームに好影響を与えるのは間違いない。
ただ、センターをやらせるタイプじゃないかな。

新井の送球が不安定で驚いた。
たまたまなのかな。
日本ハム VS 楽天 8回戦 2010年05月09日(日)
2010年05月09日 (日) | 編集 |
陽はどれかがヒットになってればなぁ。
内容は良かったんだけどね。
これから交流戦になって出番が減るだろうし、不運だわ。
個人的には森本の替わりに入れて2番に金子なんだが、実現の可能性はないな。

交流戦といえば、二岡はどうするんかね。
今の使い方だとベンチだろうなぁ。
一番期待できる打者なんだがなあ。



今シーズンの田中は体が重そうな感じで、フォームに躍動感がない。
で、真っ直ぐの走りがイマイチなので、変化球にも対応されている感じ。
結果は残しているけど、ずっとそんな感じで去年までの威圧感がない。
1年間を考えて抑え気味にやってるのかもしれんが、今日の結果で修正してくるのかな。
そういった修正ができるレベルにある投手だと思う。



藤井といい、武田勝といい、梨田監督の中で評価が固まると容赦ないね。
あんまり長期間任せるタイプの監督ではないね。
チームを作っていくにタイプじゃない。
ロッテ VS 日本ハム 9回戦 2010年05月05日(水)
2010年05月05日 (水) | 編集 |
9回しか見てないんだが、まさか陽を使っていないとは思わなかった…。
扱いが飯山や紺田と同じやん。
ホントに育てる気がないんだな…。
ケッペル-香月で勝ったところで「だから何?」
相手だって痛くも痒くもないわ。

1994年のシーズンとだぶる。
ビリだったのにベテランばっかり使って、夢も希望もないつまらん1年だった。
次が上田監督じゃなかったら一体どうなっていたことか…。

■陽の最近の成績

4月29日 3-0
5月1日 3-2
5月2日 1-1(9回裏、代打で出場)
5月3日 打席なし
5月4日 打席なし
5月5日 打席なし

5月1日、2日と結果を出してようやく上向きになってきた所で、3日間打席なし。
勝率.306のチームが選手育成もせず、なんの意味があるの??
これで次の先発機会に結果を出せなかったら、チャンスを活かしていないとか言うのだろうか??

■中田の降格直前の成績

4月14日 3-1
4月15日 4-1(今季初長打)
4月16日 2-0(対涌井。6-2の7回表、3打席目に代打森本)
以降出場なし

ちなみに中田はこんな感じ。
4月15日の2塁打はいい感じだったが、次の試合涌井を打てなくて交代とか。
主力でさえ打てないのに、一体若い選手に何を求めてるんだよ…。
しかも、その後出番なしとか…。

降格させる前に、高橋と競争させる位はあっても良かったのでは。
高橋が復調したところで、20本打つとは誰も思っちゃいないし。
つなぎの野球とか言うけど、一発の前にはあまりに無力。
一発のある選手を作っていかないと、何時まで経ってもジリ貧のままやで。
チーム・バチスタの栄光:第25回映画レビュー
2010年05月04日 (火) | 編集 |
色々とネタバレがあるのでご注意下さい。

話自体は面白いんだけど、色々と気になる部分が多すぎる。

まず、田口が全く優秀に見えない。
と言うか、意図的に優秀に描いておらず、そんな彼女に内部調査を依頼する事で「何か見つけられると困るから彼女に依頼した」のかと思いきや、桐生や院長は純粋に調査依頼してるのよね…。
いやいや、こいつじゃどうやったって無理だろ…。

次に手術スタッフも全く優秀に見えない。
裏があると言うか、怪しく見せるためにやってるんだろうけど、ただのバカにしか見えない。
彼らが今まで成功してきた事こそが奇跡としか思えない。

それと、桐生の秘密には流石に無理があるだろ…。
あんな状態じゃ手術出来ないだろ。常識的に考えて。
それにスタッフの誰かが気づくだろ。常識的に考えて。
出来ると言うなら、何らかの説明をしないと駄目だろ。常識的に考えて。
追求の場面で院長に観客の役割をさせて、「何をバカな。そんな状態で手術など出来るはずが無い」と言わせて、誰かに説明させてしかるべきだろ。常識的に考えて。

で、この映画で一番評価しているのがここで終わらず、もうひと山ある所。
これは良かった。

話自体は面白いだけに、もうちょっと上手く作れた気がする。





【DVD】チーム・バチスタの栄光


チーム・バチスタの栄光

監督:中村義洋

2008年日本

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ロッテ VS 日本ハム 8回戦 2010年05月04日(火)
2010年05月04日 (火) | 編集 |
9回表になるまで9番高口、5番陽にベンチの誰も気づかないとか、集中力欠け過ぎだろ…。
私でさえ、バックスクリーンがちらっと映ったときに気づいたのに…。



前もちらっと書いたけど、吉川はフォームを変えて別人になったな。
これからどうしたいのかね??
とりあえずフォーム固めって事で時間を潰すのかな。
カーブを捨てて、スライダー、チェンジアップの精度をかなり上げないとどうにもならん。

戻した方が…とも思うが、戻した所で良くなるとも思えないし。
変身に賭けるしか無いわな。



一軍レベルの選手が少ないよな…。
なので、主力が不調だと替りが居なくてどうしようも無くなる。
若手を使うにも中田も鵜久森も怪我しちゃったし、主力の復調待ちしか手がなくなる。
かと言って、その主力も去年の数字が出来すぎのメンツだし、夢がない…。

とりあえず、数少ない夢(妄想)である陽を使ってください。
稲葉を一塁orDHにして。
稲葉はいずれそうなるんだから、捨てシーズンでやらないでいつやるの?
稲葉・二岡を一塁・DHで併用って形にして欲しいんだけど、二岡は一塁も出来ないほどなのかね…。

とりあえず、陽を使ってください。お願いします。
金子⇔榊原
2010年05月03日 (月) | 編集 |
交流戦に備えて野手枠を増やすのは分かるが、連戦が続くので落とす人間を使ったって印象がして後味が悪い。

あと、試合日程に余裕が出るからこそ武田久を落としておいた方が良いと思うんだが。
これからもビハインドで使う予定なら構わないが、接戦で使いたいのなら、どこかで再調整させる必要があろう。
日本ハム VS 西武 8回戦 2010年05月01日(土)
2010年05月01日 (土) | 編集 |
尾崎はイマイチアピール出来なかったけど、また使って欲しい。
左の方が合いそうだしね。
高山がヒットを打ったときに親しげに話していたのが印象的。
お互い下で長いし、頑張って欲しいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。