日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あのダイビングキャッチで…赤星、涙見せず引退表明
2009年12月10日 (木) | 編集 |
あのダイビングキャッチで…赤星、涙見せず引退表明

相当悪いと何かで読んだけど、まさかホントに引退とは…。
この時期ってことが、相当悩んだ証拠だろうね…。

この手の非力な打者は詰まらせてポップフライを打たせるのがパターンだけど、なかなか打ち上げてくれなかったね。
ファールを打つのも上手かったし。

指導者として戻ってこられるように、まずは治療に専念して欲しいものです。
お疲れ様でした。

で、これで森本の阪神トレードあるで。
まあ、中田次第だけど。

森本⇔先発投手

ハムに欲しいのはあくまで先発。
だけど、阪神も先発が不足気味なのね…。
左のリリーフもいないので、両方こなせる江草+αで。
江草+小嶋でどうかね。

流石に阪神が怒るか。

森本はFA権持ってるのもネックだしね。

球団は10月末から引退勧告してるわけだし、何かしら動いているのは間違いないでしょうね。
形になるかどうかは別として。
スポンサーサイト
インクレディブル・ハルク:第17回映画レビュー
2009年12月10日 (木) | 編集 |
冒頭でいきなり変身して、逃亡生活からスタート。
誰もが変身する事は分かってるんだから、前置きを省いたのは良かったと思う。

前作よりは面白い。
変身後との落差を付ける意味でもエドワード・ノートンにしたのは正解。
ただ、期待したほどじゃなかった。そもそも、緑の巨人ってのが良くないのかも。

人間らしさをイマイチ感じられず、感情移入ができない。
人に戻ったときに銃弾を浴びたフラッシュバックで恐怖を恐怖に打ちひしがれる描写は良かったけど、変身中に暴れまわっている事の罪悪感も描いた方が良かったかな。
もうちょっと変身する葛藤が伝わってくれば、最後の決戦が盛り上がるんだけど。

で、ノートン・インターネットセキュリティがちらっと出るのは狙ってる?
あと、リヴ・タイラーは老けたね…。





【DVD】インクレディブル・ハルク


インクレディブル・ハルク

監督:ルイ・レテリエ

2008年アメリカ

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。