日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラフト会議2009
2009年10月29日 (木) | 編集 |
ドラフト会議2009 指名選手一覧


菊池は西武か…。
想定していた最悪のシナリオだ…。

西武は投手さえ整備されれば独走する可能性が十分ある。

このチームの強みは外国人抜きでチーム作りされている点で、外国人選手が機能すると手がつけられなくなる。
実際、去年はどのチームもついていく事すら出来なかった。

ここに菊池が加入してチーム力が底上げされたら…。

黄金時代の再来もあるで。

パ・リーグに来てくれた事は嬉しいんだけどね…。


さて、ハムの指名を見てみると、まず目玉以外の高卒投手は博打なので、1・4位の2人は戦力になれば儲けもの。
その分、2・5位の2人に期待がかかる。

特に大塚はスタミナのある先発タイプらしいので、ハムの一番のウィークポイントに合致しており期待大。
増井は大卒社会人なので、3年以内に何とかしたい所。

ショートは金子と二岡であと2年は行けそうだけど、次代の高口(26)、今浪(25)は年齢と実力の比較から見て物足りない。中島、杉谷との年齢バランスを考えても、大卒の加藤の指名は良い指名と言えるのでは。
折り返しの3位、近大・荒木が残っている中での指名で、ハム的にはかなり欲しい選手だったのだろう。

高橋が捕手をやるのは厳しそうで、中嶋もバックアップ要員。ファームでは捕手が尾崎しかいなかった時期もあったようで、荒張の指名は単純に数あわせだろう。
四国リーグの選手なら契約金を安く出来るし、1・2年で切られるケースも少なくない。
相当頑張らないと、戦力とみなされないまま終了の可能性もある。
まあ、ハムは下位指名の高橋、鶴岡が一軍に定着しており、何とかアピールして活路を見出して欲しいところ。

大塚、加藤、増井の3人がどれだけやれるかだね。
スポンサーサイト
第14回映画レビュー:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 その2
2009年10月28日 (水) | 編集 |
その1は以下
第14回映画レビュー:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 その1

以下ネタばれを含みます。

<追記 2009.08.20>

勘違いしてました。

DVDでTV版を見直したんですが、綾波が3人目に切り替わるのって、このタイミングじゃなかったんですね。

でも、あそこまで盛り上げて、『Q』で3人目に替わる展開はないような気が…。
いや、ないと思いたい…。
って言うか、お願いですから切り替えないでください。
本当にお願いします。

<追記 2009.08.31>

4回目の前に、旧劇場版を見直そう!と思ったんですが…。
見なきゃ良かった……。

すっごく『Q』が不安になったんですけど…。

それと、これを見ちゃうとエヴァを見る気が失せるなぁ、全く…。
ホントにうつになるわ。
これを解消するには、『破』4回目を観に行くしかない!…のか??

<追記 2009.09.01>
4回目行って来ました。
映画の日だけあって、劇場は結構にぎわってましたね。
エヴァはそうでもなかったけど…。
来場者プレゼントがまだもらえたし、フィルムの痛みが所々目に付くし、もうそろそろ終了かも。
でも、見る度に新発見があるんだよね。
「『破』はあなたの知らない面白いことで満ち満ちているわ。楽しみなさい」って感じ。

<追記2009.09.08>
5回目。
それにしても、回を重ねるにつれ、作品へのシンクロ率が高まっていくのは何故なんだろう??
普通逆だよね。
一連のクライマックスシーンなんて、身震いするなんてレベルじゃねーぞ!
涙を流してしまい、自分でも驚いてしまった。
「泣いているのは、私?」

見る度に、もう一度見たいという欲求、見ていない期間の禁断症状が強くなっていることを実感する。
公開終了からフルーレイ発売までの間はどうすればいいんだ??

今日はレイトショーで見ました。
ウィークデーだけあって空いてましたね。空いていると言うより、ガラガラと言った方が正しいか…。
まあ、前の人の頭とかが気になる性質なんで、空いてる方が好きなんですけどね。劇場を占有している感じもあるし。
ただ、こんなんで劇場経営は大丈夫なんだろうか?とか余計な心配をしてしまった。
って、心配するなら公開終了の方だよね。

これからも見に行くので、まだまだ続けて!!

<追記2009.09.09>
6回目。
2夜連続のレイトショー。
やっぱりクライマックスでは涙が出てしまった。
あの興奮を味わいたいが為に通っていると言っても良いのかもしれない。
もちろん、他のシーンも大好きだけどね。

<追記2009.09.16>
7回目。
前回は2日連続で観に行ったので、少し感動が薄れてしまいました。
なので今回は、中6日とたっぷり休養を取って観に行ったぜ!!

で、いっつも良い良いとばかり書いているので、今回は難点も書いてみます。


微エロシーンの回数が多すぎる。
あざとく感じてげんなりしてしまった。媚を売っている感じがするのがちょっちね。
これはレビュー本文に記した「サービス」とはニュアンスが違う。
良い映画なのでエヴァをよく知らない人にも薦めたいのに、これがあるので薦め辛い部分もある。


アスカの心理描写が不十分。
「一人でやるしかないのよ、アスカ」から「でも最近、他人といるのも良いなって思うこともあったんだ。」への変化、シンジへの恋心を抱くまでの描写が不十分。
「尺の問題」で片付けるのは甘えだと思う。

続編モノなので「前作を見ていないと不明」な部分があるのは仕方が無いが、そうではなく「原作(TV版等)を知らないと不明」な部分が少なくなく残念。(世の中にはそんな映画ばっかりだけど…)

アスカは今回が初登場なので、その辺を描かないと初見の人には「うるさくて変な女」「悲劇性を出す為に性格を変更させられたキャラ」にしか見えないのでは。

旧作ファン限定の映画ならそれでもいいが、次回作ではワンランク上を目指して欲しい。


何度も見ているうちに、アスカの描写はこれで良いと思うようになりました。

「七光り。ちょっとだけ、いさせて。」
のシーンが凄く好きになってきたので。
シンジの「父さんに褒めてもらって嬉しい」という告白に、彼女は自分と同じ匂いを感じたんだろうなぁ、と。
このシーンのアスカは話している絵はなく、シンジの話を聞いている様子のみが画面に映る様に記憶してますが、表情がとても柔らかいんですよね。

このシーンのアスカが一番好きです。
最後の「あんたって、ホントにバカね」は「ポカポカ」に負けず劣らず良い台詞だと思います。

ただ、「Q」で出て来るであろう彼女は、まーたツンツンした感じで終始するんでしょうけど~。


初号機の活動限界から「綾波を返せ!」まで『間』が足りない事。
ここはもう一呼吸置いて欲しかった。
その他エレベーターのシーンなど、全体的に間が足りない感じがした。
間があれば、スピーディーなシーンとのメリハリが更に取れたと思う。


まあ、色々と書いたけど、せっかく再度劇場版を作る事になったんだから、歴史に残る作品を作って欲しい。
「破」を見る限り、その余地は十分過ぎる程ある。

<追記2009.09.18>
「破」のサントラを買いました。
これを聞くと、各シーンが克明に蘇るなぁ。
そして台詞をつぶやいてみたりして。
うおおおおお!!早くブルーレイ出てくれーーー!!
早くぅー、はーやーくーぅぅぅぅ!!!

<追記2009.09.28>
7回目。
前回からちょっと空いちゃいました。
シルバーウィークにあわせて公開される作品が多く、それらが大きい劇場を占めたので、エヴァは小さい箱に移ってたんですよね。
でも、やっぱり大きなとこの良い音響で観るべき作品なので、大きい箱に戻ってくるまで待ってました。
それにしても、6月終わりに公開の映画をまた大きな箱に戻すとは…。
どんだけエヴァびいきな映画館なんだ!!
ありがとう。感謝の言葉。初めての言葉。あの人にも言った事なかったのに…。

で、このエヴァを見ていない期間は、サントラを聞きまくったり、台詞を載せているサイトを見て脳内補完してきましたが、やっぱり無理!!
見ないとか無理ですから!!禁断症状がでるわ!

でも、そのおかげで今日はすっごく良かったわ~。
冒頭からラストまで興奮しっぱなし。

エヴァ絶ちの禁欲生活と開放するタイミングは難しいなぁ。

が、しかし、月曜日のレイトショーとはいえ観客わずか5人じゃあね…。
そろそろ覚悟せんと…。

<追記2009.10.2>
8回目。
もう打ち止めかな…。
明日から段差の無い小さな部屋に移っちゃうので。
小部屋で観る作品じゃないし、前の人の頭が気になる性質なんで。
流石にもう、大部屋に返り咲くのは難しいでしょ。

さようなら、劇場で観る『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
お役目ご苦労さん。

<追記2009.10.28>
9回目。
26日にいつもと違う劇場で観てきました。
大雨の月曜レイトショーだったけど、意外と入ってましたね。
ちなみに、以前通っていた所は公開終了しています。

で、フィルムが明るくて見やすかったですね。
特に冒頭の仮設五号機の戦闘シーンは、今までよりかなりハッキリと見えて嬉しかったです。
(今までの劇場が駄目だっただけかも)

あと、音声はメイン音声のウラのオペレータの通信が聞き取り易かったです。
アスカが戦闘を終え、弐号機から下りてきてミサトたちと会話するシーンや、ネルフ内でミサトと加持の昼食後のシーンなんかはオペレーションがあることすら気がつかなかったので。

ただ、これは良し悪しですなぁ。
副音声が強めなので、メイン音声に侵食しちゃうんですよね。
私のように何度も見て副音声が気になるんなら良いけど、純粋に物語を楽しむには向かない劇場だと思います。

…と、えらそうに書いてますが、寝不足だったせいで、めちゃめちゃ眠くて全く集中できませんでした…。
この作品に申し訳ないです…。

あ、パンフレットが売ってたので買いました!
鶴巻監督のインタビューがあって読み応えがありました。
(他には何も無いですけど)
ただ、封がされてるのに、更に袋とじがあるのはどうかと…。

で、インタビューを読んだ第一印象は、「監督といえども、総監督の考えてる事は良く判ってないんだな」です。
まあ、映像制作の現場を全く知らないので、これが普通なのかもしれませんけどね…。
それに、この状態でこれを作っちゃうんですから。この方法が正解なんでしょう。

「Q」の製作現場で色んなやり取りがあることでしょう。
楽しみだ~!
城島は阪神入り、4年20億 5年ぶり日本球界復帰
2009年10月27日 (火) | 編集 |
城島は阪神入り、4年20億 5年ぶり日本球界復帰
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20091027-00000022-kyodo_sp-spo.html


てっきりソフトバンクだと思ってたのでビックリ。
ソフバンに来れば、大場なんかは覚醒しそうな気がしたけどね。
打撃は多少落ちてるかもしれないけど、メジャーでの盗塁阻止率は驚異的。
彼のリーダーシップに引っ張られ、投手も良くなりそうな気がする。
良い補強をしたと思う。
ハムファン的にはラッキーだけど。

本人にも戻りたい気持ちがあっただろうけど、今回は阪神が球団を挙げて熱烈大歓迎だったからね。
選ぶ立場とすれば、歓迎してくれるところに行きたいよね。


佐藤が引退=プロ野球・日本ハム
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20091026-00000115-jij-spo.html

現役最後の打席が、岩隈からのHRか。
本人の気持ちは分からんが、これ以上ない幕引きではある。
ただ、インフルエンザのあおりで投手枠確保の為に降格し、それで終わりってのは気の毒だな…。

守備やバントなど、もう少し器用さがあれば上でも重宝されたと思うけどね。
かといって打撃に特化するには弱い感じがするし。

年々進化してたのは間違いないんだけど、そのスピードが足りなかったって感じかな。
経験を積めばもうちょっと上でも打てるようになったと思うけど、代打中心の選手に経験を積ませるって訳にも行かんからね…。

かつての渡辺浩司みたいな感じで、もうちょっと粘って欲しかったけど。

何はともあれ、お疲れ様。
球団職員になるみたいだし、これからも頑張ってください。
2009 日本シリーズ進出決定!!
2009年10月25日 (日) | 編集 |
試合後の一連の儀式を含めて、良いシリーズだったと思う。
結果として3勝1敗だったけど、どっちに転んでもおかしくない試合ばかりだった。
負けた試合が一番「動きそうも無い試合」だったんじゃないかな。
(あの試合はリリーフを上手く使えたのが良かった。初戦に打たれた連中や菊地を起用したのは上手い使い方だと思った。)

そんな中、シリーズの流れを作ったのは、やはり初戦だろうね。
あの展開で最後まで諦めなかった選手たちに脱帽。

今日のポイントとしては、やはりスレッジのHR。
岩隈がコールされて場内の空気が変わり、あそこで抑えられていたら、9回はどうなるか分からなかったと思う。
日本シリーズでも、後の無いチームがビハインドでリリーフエースを出すケースは良くあるけど、それとは違うからね。

MVPのスレッジさまさまだわ。

シリーズでも、彼が重要なキーを占めるのは間違いない。
ハムでは唯一の一発を期待できる打者だからね。
中距離は結構いるけど、一発は試合の流れを一気に変化させるから。

あと、糸井もようやく上向き加減なので期待したいね。
彼も一発打てるし。

巨人は勝つにはしんどい相手だと思うけど、それでもやっぱり勝って欲しい。
激戦を勝ち抜いてきたんだから、挑戦者とか言わずに、王者として胸を張って挑んで欲しいな。

あと、このシリーズを見た感じだと、中田や鵜久森、村田あたりが食い込んでくるのは結構きついなと思った。
まあ、それでも来期はなんとかしてくれないとね。
パ・リーグCS 2ndステージ 日本ハム VS 楽天 2回戦 2009年10月22日
2009年10月22日 (木) | 編集 |
6回、1死1・3塁で併殺に取った場面。

あの場面でセカンド併殺を狙った小谷野の判断がすばらしい。
前にも同じ事を書いたけど、また書いちゃう。

6回で1-1の同点。左打者。相手が岩隈という場面であの選択が出来るのがハムの強さ。
打球が飛んでくるまでの準備がいかに出来ているか、それが分かる場面で嬉しかった。

…と悦に入っていたら鶴岡の送球に萎えた。
一塁くらいちゃんと投げろや。

無事に済んで、ベンチで稲葉、金子に指摘されている後ろで飯山が笑ってたけど、笑ってる場合ですか??

まあ、今年の飯山はネタ要員だからどうでも良いや。


1.
山は糸数に全くあってなかったね。
甘い球のオンパレードだったけど、ことごとくミス。
今日は要所で彼の所に回ってきて、ハッキリ言って運が良かった。

2.
金森はどんな場面でも動じる素振りを見せないのが良い。
環境が人を育てるとはまさにこの事。
今年出始めた頃は結果オーライで無失点ってケースが多かったけど、結果が出るにつれて内容も伴うようになってきた。
人間がやる事だから、メンタルが占める割合って大きいよね。
球自体はそこまで凄い訳じゃないんで、必ず壁が来ると思う。
でも、それを乗り越えたとき、チームの軸となってくれているはず。
宮西が今、その時期かな…。
城島、日本球界復帰へ=マリナーズとの契約破棄-米大リーグ
2009年10月20日 (火) | 編集 |
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000031-jij-spo



ちょっとビックリ。
過去の出戻り選手は、居場所がなくなったので日本へってパターンだったけど、まだそれなりに需要がありそうな選手が戻ってくるとは。

岡島もハムに戻ってくるとか言わないかね(笑)
彼にしたら「戻ってくる」って感覚はハムじゃないか…。

順当に考えればホークスかね。
捕手は寿命が延びてるし、ハムファン的にはやっかいですな…。

以前のハムなら見境無く獲得宣言してたんだけど、今じゃあ無いな。
「とりあえず挙手」精神の元、新庄が来てくれて、今のハムがあるんだけどな…。(落合も来たし。)
捕手は人数自体少ないし、思いっきりウィークポイントなんだから、昔みたいにとりあえず挙手して欲しいんだが…。



無いな(涙)
マー君完投で楽天が連勝! 第2ステージ進出決める=プロ野球・CS
2009年10月17日 (土) | 編集 |
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20091017-00000016-spnavi-base.html


絶対に負けられない。

楽天はペナント争いには全く参加できなかったチーム。
そんな所に日本シリーズに出てもらう訳には行かない。

前にも書いたけど、今年のパ・リーグの王者に値するのはファイターズ。

キッチリ勝ち抜く事で、終盤のグダグダ感を払拭して欲しい。
ダル抜きで勝ち抜いた時、より覚醒したチームになっているはず。
新監督
2009年10月14日 (水) | 編集 |
「優勝」怖くて言えない 慎重に言葉選ぶ新監督

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20091014-00000024-kyodo_sp-spo.html


「優勝目指す」と広島・野村新監督=背番号77、16日始動-プロ野球

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20091014-00000115-jij-spo.html



独走からまさかのV逸を経験した監督と、新人監督の違いが鮮明に出て面白い。

オリックスは今年は参考外にしといた方が良いでしょ。
あそこまで怪我人が出ちゃうとね…。

小松もあんな投手じゃないし。

抑えは平野が良いんじゃないかな。
故障経験があるから不安かもしれないけど、和製スモルツって感じで抑えに転向するのも良いんじゃない?
…思いっきりお気楽に言ってますけど…。
第16回映画レビュー:ハプニング
2009年10月13日 (火) | 編集 |
面白かったけどね~。

情報が無く、得体の知れない何かが起こっている恐怖を伝えるのは「サイン」に通じるものがあり、流石に上手いね。

ただ、やっぱりこの「投げっぱなし感」はね~。

これならまだ、「人間のお互いを思う気持ちに植物が反応した」とかの方が良かった。
…かどうかは微妙だけど。

「人類への警鐘」にすり替えたのも男らしくない。
って言うか、この人がこれをやっちゃあ、逃げと受け取られても仕方ないよね。

「シックス・センス」以降は、オチに散々文句ばっかりつけられているので、へそを曲げて放置しちゃった気がしないでもない。

でも、シャマラン監督は一番期待している監督の一人なので、次回作も期待してますよ!!





【DVD】ハプニング


ハプニング

監督:M・ナイト・シャマラン

2008年アメリカ

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
来季2軍バッテリーコーチに徳田マネジャー就任へ
2009年10月13日 (火) | 編集 |
来季2軍バッテリーコーチに徳田マネジャー就任へ

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/13/14.html


二軍監督といい、フロントからの転身はどうしても「間に合わせ」な印象がしちゃうんだよね。

現役の実績と指導者としての能力が違う事は分かるし、他球団も似たようなもんなんだけど、どうしてもね。
ファームでの育成が頼みの綱の球団だけに、気になっちゃうのよね。
去就
2009年10月11日 (日) | 編集 |
日本ハム:ボッツとウィングが退団

ボッツ…。

このブログではひたすらプッシュしてたけど、この数字では残留する方が無理だしなぁ…。

今年は下の試合でも、高めの真っ直ぐを空振りするケースが目立った。

残念…。

他球団がとってくれないかなぁ…。
この数字じゃ無理か…。

どこに行くにしろ、来年頑張ってくれ!
そしていつの日か出戻りを…!


阪神が片岡氏に就任要請 打撃コーチ

片岡もいつの日か帰ってきて欲しいんだけどね。
もちろん監督として。

やっぱ、チームリーダーといえば片岡篤史だよ。
日本ハムの小田と伊藤が今季限りで引退
2009年10月08日 (木) | 編集 |
日本ハムの小田と伊藤が今季限りで引退

伊藤はルーキーイヤーの後半に活躍。
ダイエーが優勝を決めた試合を見て、「来年は金村と伊藤はが楽しみだ!」と思ったっけ。

そこから数年さっぱりで、首が寂しくなりかけた頃にサイドに。

あの時の横からの動く球の衝撃は、今でも忘れられない。
「時間は掛かったけど、今度こそやれる!」と確信したけど、わずか数試合だったね。
故障した西武戦は明らかにおかしかった。

そこからまた復活して、その年は終盤に働いてくれた。
ただ、上に戻していて、あの衝撃とは違っていた。

あの時は復帰してくれた嬉しさから「またやってくれる!」と自分に暗示を掛けたっけね…。

ここまで残ったのも、球団もあの衝撃を引きずっていたんじゃないかな。


小田を初めて上で見たときは、ヒョロッとしててゲッツー崩しの走塁にひるむ様な、頼りない印象だった。
だけどアテネ五輪の年に活躍して、誰もが来期の飛躍を信じて疑わなかったと思う。

しかし、その後は怪我で別人になってしまった。

とにかく真っ直ぐが打てなくなった。
外に真っ直ぐを投げられると空振りか力の無いファールで前に飛ばない。
当然真っ直ぐを意識するが、今度は変化球を待ちきれない…。

ただ、去年は福浦型のフォームにしてプチ復活。
加藤大輔の真っ直ぐを本塁打した時に、新しい小田の始まりを確信した。

本人からすれば、まだまだこんなもんじゃないって感覚だっただろうけどね。


2人とも怪我が無ければ、今年の優勝に主力として貢献していたはずなのに…。

…いや、引退を決めた人間にこんな未練がましい事を言うのは失礼だな。

今までご苦労様。
2009年 ファイターズ パ・リーグ制覇
2009年10月07日 (水) | 編集 |
嬉しさよりも、ホッとした感覚が先に来た。

贅沢になったな…。
ハム、戦力外通告。
2009年10月03日 (土) | 編集 |
来季契約について

北海道日本ハムファイターズは本日10月2日(金)、千葉県鎌ケ谷市のファーム施設にて下記のコーチングスタッフ2名と3選手に対し、来季の契約を結ばないことを通達いたしましたのでお知らせいたします。

【コーチングスタッフ】
72 水上 善雄ファーム監督(52)
83 荒井 幸雄ファーム打撃コーチ(44)

【選 手】
40 金子 洋平外野手(27)
43 星野 八千穂投手(29)
70 津田 大樹投手(20)


もう、こんな時期か…。
3人で終わるって事は無いだろうね。

洋平はもう少し見ても良いんじゃないかなぁ…。
島田みたいな役割が出来るかもしれないし。
どっかしら拾ってくれるといいけど、去年の山下(楽天)でさえ無理だったからな…。

荒井コーチも去るのか。
淡口コーチの玉突きでハムに来て、今度は田中幸雄の玉突きで去る羽目になるとは…。
W幸雄でも良かったと思うけど。右左になるし。
まあ、個人的にテルシーのコーチぶりに良い印象がないだけなんだけど。

で、水上監督もか…。
道スポには「球団は2軍から新たな戦力が伸びてこないことを憂慮しており」ってあるけど、伸びてるだろ。上で使わないだけで。

まあ、次の監督にも頑張ってもらいたいね。

皆さんのこれからの人生に幸あれ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。