日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッテ VS 日本ハム 19回戦 2009年09月02日
2009年09月03日 (木) | 編集 |
もう少し楽な展開に出来た試合だけど、建山・武田久の形が取れたのは良かったんじゃないの。
2人とも状態は悪くなさそうだし。

建山はシュート回転の球を上手く利用できているね。
もうちょいインハイを攻めても良いと思うけどね。江尻と違って制球力があるし。
また、ここを使わないと、変化球が抜けるとなかなか見逃してくれないからね。
彼の変化球は曲がりが大きいから、どうしても制球をつけるのが難しいんだよね。
その分、真っ直ぐ系をもっと有効に使う必要があると思うよ。

1.
スウィーニーは今日は良く投げてくれた。
大野も両サイドを使って上手い事配球したと思う。
大松に2-3からインコースの真っ直ぐをヒットされて、ベンチで中嶋に何か言われてたみたいだけど、あれは結果論だべ。
スウィーニーの過去の投球からだと外側にチェンジアップを投げるパターンだけど、当然打者も分かっている訳で。
それが浮くと長打を食らう確率が高いし、だったら打者の予想していない内を付くのもアリでしょ。

まあ、実際はキッチリ対応されたので予想してないってことはなかったんだけど。

この辺はお互い腹の探りあいをしながらやってるんだから仕方ない。
むしろ、内もあるって事を相手に提示できたんだから良かったよ。

2.
8回3点差、先頭打者の打球で村田のあの突っ込みは無い。
しかも、あれなら途中で間に合わないと分かるはず。
と言うか、分からないと駄目だろ。
あんなのは思い切ったプレイとか積極的でもなんでもない。ただ雑なだけ。
あんな野球しちゃ、レギュラーがますます遠のくぜ。

3.
坪井の打席は何なんだ。
1死満塁で内野ゴロだけは避けたい場面で、初球の外真っ直ぐを当てただけで遊ゴロ。
あの球をあの対応したら、ゴロにしかならんだろ。
まあ、フォースアウトがある場面で坪井は向かんのだけど、初球をあの内容とか有り得ない。
一体何を考えて打席に入ったのか。何年やってんだよ、全く…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。