日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハムファイターズのの戦力分析と補強について
2009年07月26日 (日) | 編集 |
最近はドラクエ三昧でろくすっぽ更新しておりません。
ちょくちょく見に来ている方に申し訳なく思っております。

今日はハムの戦力分布と補強について考えてみます。

【捕手】
高橋の一塁転向、中嶋がおそらく引退で、数が心許なくなる。
現状2人がいない状況でも回っているが、故障があった場合に対応できなくなる。
必要なのは新人よりもバックアップ要員(現在の中嶋ポジション)なので、戦力外やトレードで経験のある捕手を拾う必要がある。

【内野手】
陽の外野転向で全く先が見えなくなったショート。
金子・二岡で1・2年は大丈夫だろうが、続く世代の高口・今浪はファームでショートとして期待されている感じはない。
最近は中島がショートで起用されているが、年齢的に金子の後釜を期待するのは無理がある。
よって、『現時点で高口・今浪以上の大社ショート』がいるのであればドラフトで獲得したい。
陽を戻すのが一番手っ取り早くて確実な気がするんだけど…。
現実的には、中島が出てくるまでは今浪・高口・トレードなどでやりくりする感じか。

セカンドは田中賢介で当分問題ない。
故障や極度の不振に陥った際は今浪になるだろう。
彼はファームで優れた打撃成績を残しているが、盗塁ゼロというのがね…。
この手の選手は足が使えて当たり前なのに、それが出来ないのは…。
この辺が分離で7巡まで残っていた要因のひとつか。

ファースト・サードは高橋、小谷野がおり、中田も控えている。
二岡もいるし、ハムで最も磐石なポジションと言えよう。
(高橋・小谷野が安定して成績を残せるか未知数な部分もあるが)
何度か書いているが、中田はサードで育成すべきだろう。
肩を生かせるし、サードが出来れば将来的に一塁に外国人選手を入れやすくなる。
彼に頑張ってもらうのはもちろんだが、ある程度は目をつぶる必要があるだろう。

ひとつ心配なのが二岡の処遇だ。
このままだと「ハム査定」による減俸が確実。
今期既に大幅減俸されており、2年連続は辛いものがある。最悪、交渉決裂で自由契約というのも無くはない。

で、二岡が去った後に金子・小谷野が元に戻るというのも十分に考えられる。
陽を外野転向させたのは彼の存在も関係しているはずで、球団が手放す事はないと思いたいが、金のないチームだからね…。

【外野手】
糸井がレギュラーを獲得し文句なしの数字を残しているが、森本はレギュラーから陥落し、稲葉には年齢的な不安が付きまとう。
ただ、次代に村田・鵜久森・陽・市川など戦力になりそうな面子は少なくない。
コンバートや外国人選手を入れやすいポジションでもあり、それ程補強の必要性は感じない。
強いて挙げるなら『高校・大社にかかわらず強打の右打者』がいればドラフトで補強したいところか。(鵜久森・金子洋平がダメだった場合に備えて)
ただ、森本の復調や現有戦力の底上げに期待するのが現実路線か。

【投手】
先発投手が足りない。
いや、頭数はいるがダル以外に信頼できる投手がいない。

先発もリリーフもダルのおかげで上手く回っている現状で、彼が離脱すると一気に歯車が狂う可能性がある。
もう一人軸になる先発が欲しいが、今いる面子では厳しいので、外国人投手やドラフトで補強する必要がある。

また、抑え候補も整備する必要がある。
武田久は申し分ない数字を残しているが、走者をためるケースも少なくなく、紙一重の印象を受ける。
タイプ的にも抑えに適しているとは思えない。
球の切れで勝負するタイプなので、疲労が蓄積して切れがなくなると、歯止めが利かなくなる恐れがある。
やはり、抑えは多少疲れていても、球の力で押し込めるタイプが適任だろう。

そうなると菊地だが、変化球のレベルに難がある。
あとは林の復調に期待したいが、どちらも難しそうだ。

ここも外国人やドラフトで補強する必要がある。

運よく新しい抑えを確立できれば、年俸の高くなった武田久を交換要員に次代のショートを狙う事も出来る…かも。

【まとめ】
最重要補強ポイントは先発投手。
しかも必要なのは軸になれる投手なので、玉砕覚悟で抽選に望むしかないだろう。

次に抑え投手。
だが、ドラフトで発掘するのは先発投手以上に困難。
エース級の実力がないと定着出来ないので、まずは先発の安定を図り、外国人選手に賭けるのが現実的か。

野手では1・2年でレギュラーになれるショート。
…まあ、こんなのは何年かに一人しかいないだろう。
中途半端に獲って、今浪・高口・飯山・稲田とダブっても困る。
あとは打撃型の右打者か。

こう挙げると、あまり大量に獲る必要は無く、軸になる投手とリリーフ候補、先発候補それぞれ1名程度で良さそうだ。
ショート候補はおそらく残っていないだろう。

指名を少なくするのは、近年大量に獲りすぎている事も大いに関係している。
今のハムは「どこからもお呼びのかからない戦力外」が少なく、「新人獲得の為に編成の都合で戦力外」や「力は無いけど育成中だから残留」という選手が多い。

「力は無いけど育成中だから残留」が増えて枠を圧迫したのでは意味がないので、津田・浅沼あたりは育成契約にすべきだろう。
ハムは出場機会を与える為に育成選手を置いていないが、元々出番がない選手を育成に切り替えても矛盾しない。

なにより、力量が劣るのに若いというだけ残るのはプロとしてどうか。
高校生を指名した以上、ある程度猶予を与える道義的責任はあるが、ファームで戦力になっていない選手を育成に回すドライさは、あってしかるべきだと思う。
スポンサーサイト
日本ハム VS ロッテ 9回戦 2009年07月10日
2009年07月10日 (金) | 編集 |
あと一人で…とか!!
そんな盛り上げ方しなくても良いのに…。

多田野はコントロールが良かったけど、まさかここまでとは。
まあ、今日の快投には他にも色々要因がありそう。

まずは審判がワイドだった事。
次に大野のキャッチングが良く、ワイドなゾーンを上手く活用できた。
そして、ロッテの打者の状態が良くないね。
ゆるい球をアレだけポコポコ上げちゃ駄目だろ。
まあ、上げるのは構わないんだけど、5連敗の相手であるソフトバンク・西武と比べると明らかに長打力が無いからね。
身の丈にあった打撃をしないと。

今日は快勝だけど、昨日までと相手の差を嫌でも実感してしまう。

やっぱり長打力だよな。
ハムもロッテも長打力に欠ける。
投手がビシッと抑える訳じゃないので、長打がある相手にはきつい。

ハムも長打力のある選手を登用していかないと、ソフトバンク、西武に太刀打ちするのは難しいと思うよ。
西武 VS 日本ハム 8回戦 2009年07月08日
2009年07月08日 (水) | 編集 |
ダルで負けると、止まる目処が立たないって状況が問題だよな。
いくらなんでも依存しすぎ。

今年はチャンスのある位置にいるんだから、外国人投手の補強をして欲しかった。
2人とも駄目で先発が足りないんだから、球団には少しくらいやる気を見せて欲しい。
ソフトバンクはオーティズの加入が浮上のきっかけになったんだし、やる気のあるチームが羨ましいわ。
って言うか、それが普通なんだけどな…。

上げる候補すらいない現状で、若手を育てるとか言ってんじゃねーぞ!!

今日の試合では、最後の代打坪井ってのがな。
あそこは二岡一択だろ。
一塁走者村田で長打が出れば同点って場面なのに、その期待が全くかけられない。
実際にバッテリーも村田ばかり警戒していたし、走者に気を取られる代打って何だよ…。

代打って役割自体、ある程度長打力がないと成り立たない。
短距離の代打専門って、他球団にいるか??

単に左なら稲田がいるし、坪井を戦力としてベンチに置く意味があるとは思えない。
まあ、佐藤が上がってきたし、次に下がるのは坪井だろ。

あと、森本使うならゴリだろ。
岸と西口はタイプ的に近いし、今日使って結果を出せば、彼の野球人生にとっても重要な日になったかもしれないのに。
ダルって事で起用したんだろうけどさ。ホント、采配が杓子定規だよなぁ…。

春先の様に連打、連打で一年間繋がる事なんて有り得ないので、ボッツとか中田とか一発頼みの選手を使っていかないと、この先を5割で乗り切るのも難しいだろう。
投手に好転の期待が全く持てないんだから、打者で何とかするしかない。

まあ、どーせ何もしないだろうけど。
第12回映画レビュー:ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日
2009年07月07日 (火) | 編集 |
これぞ王道。

趣味が細分化した時代において、誰もが同じ物に熱中していた時代を描き、誰もが楽しめるものを作った。
これだけで十分に素晴らしい事。

まあ、そんな御託はどうでも良い。
理屈抜きに映画の世界に引き込まれる。

この町並みに、鬱陶しいくらいに生き生きとしたキャラクター。子役も総じて上手いので、「芝居を見ている」感じにさせない。

やっぱり、昭和33年の下町をしっかりと作ってくれたのが大きいんだろう。
現代でこれに似た感じを出しても「何だ、このドタバタ劇は」で終わってしまう。
私をはじめ、多くの人にとって「空想の中の古きよき時代」でのファンタジーだからこそ成立する。

話も王道で小細工なし。
この世界の彼らにそんなものは似合わない。

私は意外性のある展開を好む傾向にあるけど、やっぱり王道は素晴らしいと再認識した。

王道で感動させるって大変な事。
見ている側の予想通りの展開で感動させるんだから。
そこまでの流れを、大切に、丁寧に描いていないと感動なんてしてくれない。
世界作り、役者の演技や音楽など、映画を形作る全ての要素に妥協がないからこそ。

心の底から観て良かったと思える映画。
そして、とてつもなく続編が見たくなると同時に、続編を作るのは大変だと分かる映画。

ありがとう。





【DVD】ALWAYS 続・三丁目の夕日
[二作品収納版]


ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日

監督:山崎貴

2005年/2007年日本


テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ボッツ…。
2009年07月07日 (火) | 編集 |
ボッツ抹消!?
おいおい、ツッボの間違いじゃないの?
ゴリとホリみたいにさぁ…。

先発を上げるんだろうけど、上げ下げで上手いこと回せないのかね?
オールスターまで6連戦は一回しかない訳だし。

それと、もうちょっとチャンスをあげて欲しかったなぁ…。
彼には夢を見ていただけに、このままサヨナラになりそうな現実が辛いぜ…。
日本ハム VS ソフトバンク 7回戦 2009年07月05日
2009年07月05日 (日) | 編集 |
八木は良い内容だったが、彼にはダルに続く柱として、もう1ランク上の投球を期待したい。
具体的にはもう少し真っ直ぐの切れが出てこないと厳しい。
現状に切れでは、変化球が甘くなると打者が見逃してくれずに長打になる確率が高い。
真っ直ぐ待ちで変化球にも十分対応できてしまうから。
口で言うのは簡単だが、実際にはかなり難しい作業になりそうだが。

1.
松中から始まる打順で江尻を出しちゃイカンだろ。
結局、左2人を四球で出して、右の田上に一発。
対右に強いとは言え、100%抑えるわけじゃない。
左は100%塁に出したけど。

あの一発はショックだったろうね。
シュートを逆方向に放り込まれて、江尻にはかなりショックだったのでは。
一番自信のある球を力でねじ込まれた訳だから。
まあでも、あの球は右方向にしかHRにならんだろね。
引っ張るとファールでしょ。

それはともかく、左の内側に攻めきる球がない現状では、左を抑えるのは運任せ。
一応カットが有るけど本人は自信が無いみたいだし、真っ直ぐも内側に投げきれない。

まあ、さすがにこれで左には使わないでしょ。

2.
長打力の差をまざまざと感じさせられた試合。
本来、高橋なんかも下位に置いてブンブン振り回してくれた方が良いのだが、チーム事情がそうさせない。
一塁だと確実性も求められるしね。
そろそろ、サード、ショートは二岡を基本線に考えるべき。

金子は肩の強さでなんとか持っているが、動きの衰えは顕著で二岡と大差ないだろう。
ポスト金子は差し迫った問題と言っても差し支えないが、陽以上の存在は果たしているのだろうか??
確かに外野の方が昇格のチャンスが多いが、彼がショートに入ってくれないと困るんだよな…。

こういう試合を見ると「中田を使ってくれ…」と感じてしまうね。
彼はこのまま1塁で行くのかね??
高橋に長打が期待できない現状、1塁でも良いけど、陽が外野に行った以上、サード中田、ショート二岡で行くべきじゃないかね。
もちろん、中田がサードを出来ると言う前提だが。
…というか、やってもらわんと困る。
日本ハム VS 楽天 12回戦 2009年07月02日
2009年07月03日 (金) | 編集 |
有銘を稲葉一人で替えたのは失敗だろ。
彼は対右が.100で左打者より数字が良い。
バッテリーは稲葉を歩かせても、高橋、スレッジ、糸井で勝負と考えていたはず。

稲葉を歩かせたあとに大分時間を稼いでいたので、ベンチも迷ったんだろうけど、バッテリーとベンチの意識のズレが失点に繋がった。
続投なら点が入っていなかったと思う。

あと、あの回は賢介が四球で出たのが大きかったね。
青山が降板してくれて、その上有銘も打者一人。ハムにとってはラッキーな継投だった。
あそこはグウィンじゃなくて小山だったらやっぱり無得点だったかも。

1.
前も書いたけど、菊地は劣化ダル。
ダル-菊地のリレーはやめた方がいい。タイプが違う選手を使うべき。

2.
楽天は投手の使い方が安定しなくて、リリーフ陣は大変だね。
もう少し先発がしっかりしてこないと。
まあ、先発はハムも似たようなもんか。

3.
小谷野の場面は「代打二岡だせよ」と思ってました。
長打を打つとはこれっぽっちも思っていませんでした。
ごめんなさい。
第十一回映画レビュー:ゆれる
2009年07月01日 (水) | 編集 |
弱冠32歳でこの作品を撮った西川美和監督は、一体どんな濃密な人生を過ごしてきたのだろうか?
そして、この人に姉妹はいるのだろうか?
もしいたら、どんな思いでこの映画を観たのだろう。
私だったら、怖くてどう接していいのか判らなくなるよ…。

映画を観て「この監督はどんな人なんだろう?」「この人の撮ったほかの映画も観たい」と感じたのは初めて。

お互い信頼していながら、まさにゆれるつり橋を渡るかの様な部分も内包している兄弟の関係。
面会シーンでぐさりと突き刺さる兄の言葉。
だが、全てを吐露する訳ではなく、その言う・言わないのラインこそが…。

本当に、女性監督がここまで描いてしまうなんて。
丸裸にされたような、見透かされたような感覚だよ。

なかなかスンナリとは消化できそうもない。
でも、このモヤモヤ感こそ、映画の醍醐味のひとつ。
是非とも、もう一度観てみたい。

観る事で解消するか判らないけどね。





【DVD】ゆれる


ゆれる

監督:西川美和

2006年日本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。